音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページへニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャート一覧へメールマガジンを購読する特集ページ一覧へ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

amazonで関連商品を検索Dragon Ash

Dragon Ash:プロフィール

Vo.G.の降谷建志を中心としたミクスチャーバンド。97年にオルタナティブ・ロックとしてのテイストが強いファーストアルバム『Mustang!』をリリース。翌98年にはヒップホップ的な要素を取り入れた『陽はまたのぼりくりかえす』、『Under Age's Song』という2枚のマキシシングルを、そしてそれを追いかける形でセカンドアルバム『Buzz Songs』をリリースする。これを期にさらにヒップホップへと傾倒していく彼らは、99年リリースの『Let yourself go,Let myself go』、ZEEBRA&ACOをフィーチャーした『Grateful Days』をメガヒットさせ、オーバーグラウンドでのヒップホップ・カルチャーの認知度を格段に上げてみせた。同年、革命という名のついた集大成的なアルバム『Viva La Revolution』が驚異的なセールスを記録する。その後もラッパ我リヤをフィーチャーしてのハードコア・ヒップホップ『Deep Impact』、夏にぴったりのパーティーチューン『Summer Tribe』と立て続けにシングルをヒットさせるが、01年にリリースされたアルバム『LILY OF DA VALLEY』以降、様々な軋轢の果てにサウンド・プロダクツからヒップホップ色を薄めるという選択肢を降谷建志は選び取ることになる。03年には格段に音楽性の幅と深みを増したアルバム『HERVEST』をリリースし、05年にリリースしたアルバム『Rio de Emocion』はチャートの1位を記録している。

Dragon Ash:ライブレポート

Dragon Ash:レビュー

■Dragon Ash:ニュース

Dragon Ashのページトップへ
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録