音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

いきものがかり インタビュー

Album

『ハジマリノウタ』
[初回生産限定盤]
2009.12.23 RELEASE
ESCL-3354/5
3,500円(tax in.)

購入ページへ

[通常盤]
ESCL-3356
3,059円(tax in.)

購入ページへ
01.ハジマリノウタ〜遠い空澄んで〜
02.夢見台
03.じょいふる
04.YELL
05.なくもんか
06.真昼の月
07.ホタルノヒカリ
08.秋桜(コスモス)
09.ふたり-Album version-
10.てのひらの音
11.How to make it
12.未来惑星
13.明日へ向かう帰り道

Archive
いきものがかりアーティストページ

いきものがかりインタビュー

 近年のいきものがかりの活躍ぶりは目まぐるしい。去年末の「紅白歌合戦」出場前後から一気にファン層を広げ、そのCD購入者やライブ会場に足を運ぶ人の姿は小さいお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまでと、00年代後半にメジャーデビューを飾ったアーティストとしては実に珍しい、真の意味での"聴き手を選ばないトップアーティスト"になっている。何故に彼らの音楽はそこまで愛されるようになったのか。最新アルバム『ハジマリノウタ』の話を通じて、そのメカニズムを解いた。

−−アルバム『ライフアルバム』以来のインタビューとなるので、2年弱ぶりになるんですけど、いきものがかりの活躍ぶりにはいつも驚かされていました。特に去年末の紅白出場前後、いきものがかりを取り囲む状況がまた更に盛り上がっていった印象があるんですが、自分たちの印象としてはいかがですか?

山下穂尊:今年のツアーがホールツアーになって、より幅広い世代の方々が来てくれるようになったのは嬉しかったです。それまではライブハウスだったんで、なかなか来れない人もいて。

水野良樹:1回目のツアーは福岡とかお客さんが満杯にならなかったりして。100人ぐらいのハコだったんですけど。それが今では市民会館でライブできるようになったりとかして、すごく多くの人が聴いてくれるようになったんだなとは思いましたね。そういうのはツアーに行くと実感出来ます。

−−今の老若男女問わずいきものがかりの音楽を聴く人がどんどん増えている要因は何だと思いますか?

山下穂尊:そこを目指してやってきましたからね。「同世代や下の世代だけじゃなくて、孫がおじいちゃん、おばあちゃんを連れてこれるようなライブをできるようになりたい」って言い続けてきたので。それは路上ライブの時代から変わらないところで。老若男女じゃないですか、路上って。で、作る曲も「ポップなモノを作ろう」って言い続けてきましたからね。

水野良樹:積み重ねてきたことが、いろんなことを呼び込む結果になってるのかなって思います。いろんな人が聴いてくれて「じゃあ、また曲を書こう」っていう、その連鎖がずっと続いてる感じ。その中で、ツアーも最初は7ヶ所だったのが、11ヶ所になり、20ヶ所以上になり、30ヶ所以上になり、来年は全都道府県を廻ることが決まって。そうやってちょっとずつ積み重ねてきたことがやっと目に見える形になって出てきたのかなって思ってます。格好良い言い方をすれば、聴いてくれている人とのキャッチボールじゃないですけど、それがしっかり出来たのかなって。(デビュー3年半で)シングル16枚って出し過ぎかもしれないんですけど、でもそれを出せるっていうのはすごく幸せなことで。それだけ聴いてくれる人がいて、求められているってことだし。で、それに何とか応えることが出来てるっていう、良い関係を保てている。それがすごく良かったんじゃないかなと思うんですけどね。

−−ちなみに少し前の話になりますが、初めての「紅白歌合戦」はどんな思い出になってますか?

吉岡聖恵:テレビで観る人たちがいっぱいいて、それは歌番組で共演させて頂いている方だけじゃなく、おじいちゃんとおばあちゃんが昔からカラオケで歌っているような、大御所の演歌の方とかもいて。もう目の前がすべてテレビみたいな。それはね、ドキドキしてましたね。あとNHKホールは収録とかでも何回か行かせてもらってるんですけど、やっぱり普段と雰囲気が違って。人もすごく多いし、その年の最後、一番ここに賭けてきたっていう人たちの気合いが感じられたので、それはもう緊張しましたね。

水野良樹:普段メールしてこないような友達がメールしてきたりとか、親世代がすごく喜んでくれたりして、すごく影響力があるんだなって思いました。出演することで「おめでとう」って言われることってあんまりないじゃないですか。でも紅白はみんな「おめでとう」って言ってくれるんですよ。それは単純に嬉しかったですけどね。

−−「紅白歌合戦」に出たい想いは強かったの?

水野良樹:そうですね。小声で「出たい、出たい」って言ってました。家族で聴いてもらえる場所だから、一番自分たちが立ちたいステージだったんですよね。で、他のジャンルの音楽の人たちもいっぱいいて。演歌の大御所の方たちとステージに立てることなんて無いですから。だからおばあちゃんたちも観てるし、アイドルが好きな女の子たちも観てるし、そういうステージに立てるのは有り難いです。

吉岡聖恵:あと「紅白歌合戦」ならではのところで、自分の出番以外にも歌う場面があって。久石譲さんの指揮で『君をのせて』(映画「天空の城ラピュタ」エンディングテーマ)を青山テルマさんと平原綾香さんと歌ったんですけど、ああいうコラボってなかなかない。やりたいと思っても出来ないことを「紅白歌合戦」ではやらせてもらえるんで、やっぱり楽しかったですね。

山下穂尊:それ、俺らは参加してないんですけど。

一同:(爆笑)

水野良樹:楽屋でね、茶の間な感じで。「こいつ、すげーな!出てるよ!」みたいな。

−−(笑)。今年も「紅白歌合戦」への出場が決まっていますが。

吉岡聖恵:今年は気負わずに出たいですね。「いつも通りに行こう」と思っても絶対にアガっちゃうんですけど。気合いも入っちゃうし。まぁでもいつも通りに行きたいです。

−−あともう1点、2009年のトピックについて触れたいんですが、今年の夏に秦 基博さんとのコラボライブがありました。食事会で開催を決めたなんていうエピソードもありましたが。

水野良樹:楽しかったですね〜。自分たち発でイベントをやること自体、なかなかない機会だし、しかも飲み会の勢いで決まった感じだったんで(笑)。でもそれが"音楽のイベント"って感じがしてすごく楽しかったです。お互いの好きな曲があって、それを一緒に演奏したりとか、プロデューサーの島田昌典さんがキーボードを弾いてくださったんで、みんなが好きなaikoさんの曲をやったりとか、それがすごく純粋に楽しかったですね。あと、秦さんの声を目の当たりにしてビックリしたっていうか。それまでもCDやライブで客観的に聴いていたんですけど、同じステージに立ってる中で聴いてみると「うわ!すげぇな!」って。一瞬で景色を変えてしまうんですよね。

山下穂尊:音霊 OTODAMA SEA STUDIOでライブをやるのも初めてだったんですよ。で、夏のイベントがいろいろと始まっていく一番最初のライブがそれだったんですよね。だから夏の始まりを非常に気持ち良く感じさせてもらったし、足場が砂浜のライブハウスなんて初めてだったし、良い場所だなと思いました。キマグレンにも感謝ですよ(音霊はキマグレンが経営している)。

−−ああいうコラボライブ的なモノは今後もやっていきたいですか?

水野良樹:そうですね。他のアーティストさんと関わるのってすごく楽しいなって、今年は特に思いました。先輩の胸を借りた【ap bank fes'09】もそうだし、小田和正さんの「クリスマスの約束」もそうだし、いろんなアーティストさんと関わって比較をしてみることで自分たちを見ることができるんですよね。「このアーティストさんに有って、僕らに無いモノは何なんだろう?」とか、その逆もそうだし。それを知れることがすごく良い経験になってフィードバックされていくと思うんで。だから可能な限り、いろんなアーティストさんと関わっていきたい。秦さんとの会もね、またやりたいし。島田さんがプロデュースしてる他のアーティストさんも呼んで、どんどん増えていっても面白いと思うし。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵