音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

いきものがかり インタビュー

Album

『ハジマリノウタ』
[初回生産限定盤]
2009.12.23 RELEASE
ESCL-3354/5
3,500円(tax in.)

購入ページへ

[通常盤]
ESCL-3356
3,059円(tax in.)

購入ページへ
01.ハジマリノウタ〜遠い空澄んで〜
02.夢見台
03.じょいふる
04.YELL
05.なくもんか
06.真昼の月
07.ホタルノヒカリ
08.秋桜(コスモス)
09.ふたり-Album version-
10.てのひらの音
11.How to make it
12.未来惑星
13.明日へ向かう帰り道

Archive
いきものがかりアーティストページ

いきものがかりインタビュー

−−あと、別に褒め殺しをしたい訳じゃないんですけど、水野さんと山下さんの作曲におけるドラマの作り方は本当に見事。今だから話せますけど、僕は正直『茜色の約束』というナンバーがいきものがかりにおけるバラードの最高傑作になると、これ以上はないだろうと思っていて。でもここには『YELL』『なくもんか』『真昼の月』と挙げたらキリがないぐらい、様々な名バラードが収録されています。なんでこんなに良い曲ばかり作れるんでしょう(笑)?

山下穂尊:「良い曲を書こう」と思ってるので(笑)。

水野良樹:でもそれって本当に大事で。僕らは路上ライブからスタートして「足を止めたい」ってところから始まってるから「この曲だったら足を止めてくれるだろうな」とか「こんな曲だったら喜んでくれるんだろうな」っていう考え方なんですよね。すごく根幹が。で、僕ら自身もその聴き手の中にいて、当時はCDバブルでいろんなアーティストの曲がヒットしていましたけど、それに憧れている感覚、価値観をずっと持っている中で「良い曲を書こう」って思ってるんです。すごく純粋に無邪気に「こんな良い曲を作りたい」って思っていることがすごく大事なのかなって。だからこれからもその無邪気さをなるべく忘れないようにしたい。もちろんこねくり回して考えるときもあるんだけど、なんか、戦略的……とか、そういうところには行かないんですよ。無邪気に「あんな曲を書いてみたい」「ああいう感動ができる曲を書いてみたい」っていう中で生まれてきた曲なんですよね、どれも。

山下穂尊:それが前提、王道にあった上で、それだけやっていても自分たちがきっと飽きてしまうから、今回のアルバムで言えば『じょいふる』とか『How to make it』みたいな曲も作る。路上ライブをやってて王道バラードで足を止めてくれた人がいたとして、次にそれをやっても通り過ぎていってしまうから、ちょっと嗜好を変えてみる。ぐらいの感覚なんですよね。

水野良樹:そういう意味では、王道のバラードをやった後にまたそれじゃダメだから、王道のアップテンポをやるみたいな。あくまで王道の枠内でやるっていう感じだと思います。何か革命的なことはできないから。新しいロックを作るみたいなことは僕らにはできない。でもやっぱりいろんなことをやりたい欲求はあって。だから本当に抽象的な言い方ですけど、無邪気というか。

−−ただ、その無邪気さをもって『じょいふる』を作ったっていうのはね、正直CMで最初に聴いたときはぶっ飛びましたよ。

水野良樹:これはもうそのポッキーのスタッフさんから「聴いたら踊り出したくなるような曲を作ってほしい。ナンセンスでも構わないので」ってお話を頂いて、これは良いチャンスだと思って。今までいきものがかりで見せられなかった部分を思い切って見せられるチャンスだと思って、すごく気負って書いた曲なんですけど。だから歌詞とかあんまり意味ないんですよ。何か物語を使ってる訳じゃないし、そういうアプローチじゃなくて「メロディに対してどう発音するか?」「どうやって言葉を乗せていけば勢いよく聞こえるか」みたいなことを意識しつつ感覚的に作っていったので、今までとは違うアプローチでの王道が作れたと思うんですね。「王道」って言い過ぎですけど(笑)。でもこの曲をちゃんとシングルで出せたことで、今後すごく広がるかなって。「これをやったんで、こんなことやっても大丈夫でしょ?」みたいな。自分たちの枠、守備範囲を広げられたというか、すごく意味のある1曲だったと思いますね。

−−歌い手としては『じょいふる』はどうだったんですか?

吉岡聖恵:いやぁ〜、これは確かに持ってこられたときにぶっ飛びました。ポッキーのCMソングの話があって、その後にほっち(山下穂尊)が作ってきた曲もリーダー(水野良樹)が作ってきた曲も「どうしちゃったの!?」って思うぐらいにテンションの高い曲になってて。すごく気合いも入っていたのか、デモテープの段階でコーラスとかも重ねてきていたし。その中で「これを果たして自分に歌いきれるんだろうか?」っていう不安はありました。でもこの曲はアルバムの中で唯一ハンドマイクを持ってレコーディングした曲で、もうずっと動きながら歌って。やっぱりライブっぽさが大事だと思ったし、直立不動で歌える曲じゃないんで。だから結果的に高いテンションで歌うことができましたね。あとすごく「こういう曲を思いっきりやりたいんだ!」っていうのが伝わってきたんで、そこはね、すごく良いチャンスをもらったなって思いますね。やっぱりポッキーのCMの話があったからこそ、思い切れたんだろうし。何にもない中でこれをいきなり出したら"?"が出るかもしれないけど、コラボレーションがあったからこそ勇気を持って生めたのかなって。

−−あともう1曲触れさせてください。アルバムの最後を飾る『明日へ向かう帰り道』なんですが。

山下穂尊:6年ぐらい前に書いた曲で、インディーズ時代にはライブで毎回やっていたんですよ。メジャーデビューしてからはなかなかやる機会がなかったんだけれども、絶対にどっかで入れたいなって思っていて。この曲は書いたときのことをよく憶えてるんですけど、当時はまだ海老名に住んでいて、地元の田んぼの畦道だったり、学校帰りに自転車を押しながらその道を夕日に包まれて歩いている感じをすごくイメージして書いたんですよ。だから一番"厚木・海老名"感のある曲はこれかもしれません(笑)。公園から街並みが見下ろせる場所があるんですけど、そこはすごく好きな場所でよく行ってたんです。で、夕方ぐらいになるといろんな灯りが付いていくのが見えて。相模線が走っていくのが見えたりとか。そんなところも思い浮かべて書きましたね。

吉岡聖恵:あと、この曲は「3人でやる」っていう意識がすごく強い曲だったんですよ。で、3人で歌うと呼吸とかテンポとか入るタイミングとか本当に自由にできるんです。だから今回、バンドアレンジ、ストリングスアレンジで編成が増えることに対してちょっと緊張感があったというか。「果たしてあの雰囲気が出せるんだろうか?」っていう話にもなったんですけど、アレンジャーの住友(紀人)さんが「何だったら僕が指揮するから、クリックなしで行こうよ」って言ってくれて。だからアレンジも懐が深いんです。まぁテンポとかあるんだけど、すごく自分のペースで伸びやかに歌えたんで、良かった。もちろん3人でもやっていきたいと思ってるんですけど、今回は本当にイメージを広げてもらえて、更に自由に歌わせてもらった感じがしてますね。「良かった、こういう形になって」っていう。

−−それにしても4枚目にしてこの重量感というか、いろんな想いや音楽性が詰まったアルバムを作れたことには大満足なんじゃないですか?

山下穂尊:1枚目、2枚目、3枚目にも胸を張れるモノができた感覚はあります。毎回そこを目指してアルバムは作ってるんですけど、今はホッとしてるところです。

−−また、このアルバムを引っ提げた全国ツアーはさぞ多くの涙を生むと思うんですが、タイトルがね【「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 全国あんぎゃー!! 〜ハジマリノウタ〜」】っていう、ちょっと緊張感のない感じで。

一同:(爆笑)

吉岡聖恵:産声的な感じなんです(笑)。

−−全都道府県を廻って、日本武道館3daysも敢行してしまうという、過去最大規模のツアーになっていますが。

水野良樹:全都道府県ツアーっていうのはずーっと「やりたい、やりたい」って言い続けてきたことなんで「やっと廻れる」っていう感覚が強くて。初めて行く場所が多いですから、いきものがかりっていうモノを知ってもらうライブにして、ちゃんと自己紹介をこのツアーで完結したいなって思いますね。本当に日本一周って感じなので。

吉岡聖恵:やっぱり今まで行けなかったところに行けるっていうのは嬉しい。これまではどうしても「あ〜、私の街には来てくれないんだ」っていう場所が出てきていたので。でもこのツアーではすべて廻ることができるから、ほんとみんなに来てほしいです。武道館もあるし。というか、来てくれるんですかね(笑)?

−−いや、来てくれるでしょ(笑)。では、最後に。そのツアーも含む2010年はどんな1年にしたいですか?

水野良樹:「来年が楽しみだな」って思える1年にできたら良いなと。今12月で「来年楽しみだな」っていう雰囲気になっているので、来年もその後に続く1年になっていれば、僕らにとってはすごく良いことだと思うんで。

吉岡聖恵:聴いてくれている人の顔をしっかり見ながらツアーを廻っていきたい。ホールツアーをやるようになってから自分のおじいちゃん、おばあちゃん世代の人まで来てくれるようになっているんですけど、来年のツアーも年齢に関係なく楽しめるライブをやりたいと思っています。

山下穂尊:来年はとにかくそのツアーっていうのが大きいですよね。ただ、その中でもきっとリリースはしていくし、相変わらず盛りだくさんな1年になればいいかなと思いますね。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵