音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

サカナクション インタビュー

Album

『アルクアラウンド』
[初回限定盤]
2010.01.13 RELEASE
VICL-36553
1,000円(tax in.)

購入ページへ

[通常盤]
VICL-36554
1,000円(tax in.)

購入ページへ
01.アルクアラウンド
02.スプーンと汗
03.ネイティブダンサー (Rei Harakami へっぽこ re-arrange)
04.“FISH ALIVE chapter 2”1 sequence by 3 songs - SAKANAQUARIUM 2009 @SAPPORO ※初回限定盤のみ

Archive
サカナクションアーティストページ

サカナクションインタビュー

−−いろんな響き方をすると思うんですけど、サカナクションが2010年代のシーンを面白くしていく意気込み的な受け取り方をする人、例えば次回の【version21.1】とかで聴いたらそう感じる人も多い曲になるだろうなって。

山口一郎:自分の悩みを綴った曲なので、そこは僕としてはあんまり意識してないです。サウンド面は別ですけど。ただ、ライバルは多い方が良いと思うし、一緒に戦ってくれる同胞みたいなバンドがたくさんいたら良いなって思うんで、the telephonesやOGRE YOU ASSHOLEみたいな、同じ思想を持って同じフィールドで頑張れるアーティストが他に出てきたらいいなって気持ちは常にあります。僕はやっぱりエンタテインメントに挑戦してるから。オリコンに挑戦してますからね。

−−あと、今作を手にしたとき、まずその人が驚くポイントとして、ジャケット写真の話を聞かない訳にいきません。どのような経緯でこの形になったのか、説明してもらってもいいですか?

山口一郎:まず表1が歌詞なんですよ。これって著作権上いろんな問題があって載せるのは難しいと。そういう部分で紙やネットに出すときには「歌詞が表記されておりません」的な注釈を入れてるんですけど。2ndアルバム『NIGHT FISHING』からデザインをやってくれている“hatos”っていう人たちがいて、その人たちを僕はもうメンバーだと思ってるんですけど、彼らに僕が今回伝えたイメージは“日本文学的なサイケデリック”。寺山修司の舞台だったり、そういう日本独自のサイケデリックなモノを僕はちゃんとしたアートワークにしたいんだと伝えて。で、上げてきてくれたのがこれなんですけど、僕はまさか表1に歌詞が出てくると思ってなかったし。でも文学といった部分で言葉を頭に出したいんだっていうことは、僕の『アルクアラウンド』っていう曲を作っていたときにいろいろ考えていた思惑とすごく一致したんですよね。なので多少無理を言って、先程言ったそのまま載せられない問題がありながらも、表1に歌詞を持ってくることができたんですよ。例えば、キーボードやギター、ベース、ドラムに原曲渡して良いモノが返ってきたときに「いいよ、最高!」って思うけど、それと同じように今回のジャケットも「最高!」ってなったので。

−−今回の“そのまま載せられない問題”ってちょっとした事件だと思うんですよ。でも、こういう事件というか、奇跡というか、狙いに反したモノがまたそのバンドらしさだったり面白さになる。みたいなモノが増えていくと、リスナーやファンからすると「なんか、このバンドは持ってるな」みたいな印象になるじゃないですか。それって大衆を相手に野望を叶えようとしてる山口さんからすると気持ち良い事象なんじゃないかなと思うんですが、どうですか?

山口一郎:そういうモノって狙ってやると、逆に格好悪かったりするんですよ。狙わないと出来ないことでもあるんですけど。でもチームなんですよ、サカナクションは。バンドはどこもチームだと思うけど、今僕らは所属している事務所があって、ビクターっていうレーベルに所属して、それでサカナクションっていうバンドである。だからプロモーターもいるし、マネージャーもいるし、チームなんですよ。そのチームで「じゃあ、サカナクションっていうバンドはどうしたらいいのか?」っていうのを膨らませていく訳ですよね。それにユーザーが付いてきて応援してくれる人たちが音楽業界の中からも出てきたりして。で、センセーショナルなことをやったりすると。それは僕たちの中から生まれてきたモノだけど、チームの中から生まれてきたモノでもある。それが大きな波紋になっていくし、それを受け入れる人と受け入れない人に分かれていく、一番健全な道筋な気がする。だから今回のジャケットも、普通であれば「いや、表1に歌詞はないでしょ?」「めんどくさいでしょ?」ってボツになるんだけど、これが出てきたときにいた周りのスタッフはみんなガッツポーズだったっていうね。それはサカナクションっていうイメージをみんなが共有できてるってことだし、奇跡が起きるチームワークだっていうこと。それが今すごく楽しいですけどね。「してやったり」って言うよりかは「楽しい」。そういう中で音楽をやれていることが。

−−続いて『スプーンと汗』についても触れたいんですが、あの曲のギターの質感とかってどうやって出してるんですか?

山口一郎:アコギなんですけど、あれは北海道にいた頃はやってこなかったことなんですよ。でもプロトゥールスを導入してからはギターの音色も濃いモノにできたというか。ただの生音のアコギがもっとカラフルになるし、もっと綺麗なモノになっていって、自分の言葉に対してのアプローチとして物凄く豊かなモノになるんですよ。それは東京に来てから経験できたモノだし、僕らが手に入れた武器。1stアルバム『GO TO THE FUTURE』に『フクロウ』っていう曲があるんですけど、あれもアコギなんですが、手法としては同じことをやってるけど聞こえ方が全然違う。下手したらあのとき使っていたギターの方が良いギターなのに、今の音の方がすごく自分の歌詞に合ってるというか、コントロールし易くなっている。だから『スプーンと汗』っていうのは『アルクアラウンド』に対比するモノとして作ったけど、綺麗に馴染んでくれたなって。僕の中では『スプーンと汗』がリード曲ですけどね。

−−『スプーンと汗』ってもしかしたらサカナクションが今まで発表してきた中で最も実験的なアプローチをしてるんじゃないですか?

山口一郎:そうですね。レコーディング自体、すごく実験的で。振出竿っていう、最初は短いけど伸ばして使う釣り竿があって、それのシュコシュコっていう音を録って入れたり、途中で入ってくるドゥン!っていうキックの音も実はドラムの江島とギターの岩寺の胸を叩いてる音だったりして。そういう実験的なことをやってるんだけど、それはその瞬間しか切り取れない音なんですよ。特に体を叩いた音なんて、そいつの体重が変わったり、体調やその場所の空気によっても全然変わるから、やっぱりその瞬間にしか出せないんですよね。でもそれが重要かなって。音楽に対しての健全なアプローチかなって思う。なのでこの曲はいろんな部分で大好きです。

−−話せる範囲で良いんですが、次のアルバムはどんな内容になりそう?

山口一郎:やはり『アルクアラウンド』っていう曲が軸にあるんですよ。それで“自分たちが外に向けて作ったモノ”と“そうじゃないモノ”っていう両極端があって、その中を埋めていく曲ってなるけど、きっと更に分かりにくいモノというか、不親切に作ったモノのクオリティは上がっていくと思う。だから今作ってる中では、組曲みたいな曲もあるし、サイケみたいな曲もあるし。それが収録されるかは分からないけど、でもきっと良い意味で期待を裏切る楽曲が揃うんじゃないかな。僕は少なからずとも今録り始めてる曲とかは物凄く大好きです。それをみんなが「良い」って言うかは分かんないですけど(笑)。

−−いろんな衝撃や高揚を与えてくれるニューシングル、そしてきっと発表されるであろうニューアルバムと、2010年もいろいろ期待してしまうんですが、山口一郎的にはどんな1年にしてやろうと企てていたりしますか?

山口一郎:2010年代が始まる最初の年なんですよ。だから2010年は2010年代が始まる一歩目って考えて、その10年で一体どういうことができるか。どういうバンドになっていくのか。どれぐらい表現できるのか。それを確かめられる1年になるんじゃないかと。ここで例えば自分たちの限界が見えるようならば、きっと2010年代の後半には生き残っていないと思うし。そういう意味では、確かめる1年になるんじゃないかなと思いますね。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵