音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

中島美嘉 『ALWAYS』 インタビュー

Album
Album「ガール!ガール!ガール!」ジャケ写

『ALWAYS』
2010.01.20 RELEASE
AICL-2078
\1,223(tax in.)

購入ページへ
01.ALWAYS
02.BABY BABY BABY
03.SPIRAL
04.ALWAYS(Instrumental)
05.BABY BABY BABY(Instrumental)
06.SPIRAL(Instrumental)
Archive
中島美嘉アーティストページ
過去のインタビューへ

 人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと 愛したことを思い出すヒトにわかれる。君はどちらを思い出す?―――、そんな究極のテーマを生々しくも鮮やかに描いた、辻仁成の名作「サヨナライツカ」。それが映画化され、主演を中山美穂が務めるだけでもビッグニュースであったが、これまで様々な愛の歌を繊細に歌い上げてきた中島美嘉が主題歌を担当する。ということで、劇場公開に向けて注目度は一気に高まっている。今回のインタビューでは、その新曲『ALWAYS』についてはもちろん、映画「サヨナライツカ」の話を通じて彼女の恋愛観を赤裸々に語ってもらった。果たして中島美嘉は“愛されたこと”と“愛したこと”どちらを思い出すのだろうか?

--本日は映画「サヨナライツカ」とその主題歌『ALWAYS』についてはもちろんなんですが、2009年にあった大きなトピックについても触れさせてください。まず春夏と全国を駆け巡った大規模なツアーがありましたが、自分の中ではどんなツアーになりましたか?

中島美嘉:すごく楽しかったですよ。

--中島さんは体力的にも喉的にも絶対にペース配分しないっていうポリシーを持って毎回ライブに臨んでいて、前回の『YES』を引っ提げたツアーでは見えないエネルギーが前に向かっている実感、自分の全部をちゃんと使えた気がすると仰っていましたが、今回はいかがでしたか?

中島美嘉:前回のツアーは“自分の全部”、今回のツアーは“自分の全部”以上をどの公演も出していました。次の日大変みたいな(笑)ことがずっと続いてる感じでしたね。あと前回もそうでしたけど、スタッフやバンドメンバーみんながすごく仲良いんですよ。メンバーはちょこちょこ変わったりするんですけど、それでもすぐに馴染んでくれて仲良くなっていく感じで。そこは助けられましたね。おかげで全体的に納得のいくツアーになりました。

--12月2日にはそのツアーの模様を収録したDVD『MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2009 TRUST OUR VOICE』がリリースされましたが、今作に対する自身の印象や感想を聞かせてください。

中島美嘉:自分のライブを観るのは、まだ緊張しますね。

--こちらには森三中と中島美嘉による伝説のバンド“MICA 3 CHU”のパフォーマンスも収録されています。彼女たちのステージはいかがでした?

中島美嘉:それまで2時間歌って演奏してきた私たちのすべてをぶっ潰すくらい凄かったです(笑)。できれば全部の公演に出て欲しかったぐらいです。

--今後も“MICA 3 CHU”の活動はあるんでしょうか?

中島美嘉:できればやりたいですけどね。でも3人ともすごく忙しい人たちなんで、なかなか時間を取るのが難しくて。

--その“MICA 3 CHU”の活動もそうなんですが、最近の中島美嘉からは“何でもやってやる”感をすごく感じます。

中島美嘉:そうですね(笑)。何も怖くないので。

--それはアルバム『YES』以降の変化のひとつだったりするのかな?

中島美嘉:うん、そこも変わりましたね。曲の好き嫌いが減ってきました。それはトレーニングのおかげじゃないですかね。

--トレーニング?

中島美嘉:ちょっと長い休みをもらって海外に行って、毎日トレーニングだけをする日々っていうのを体験してみようと思って。少し前の話なんですけど、体力作りを兼ねて行ったんですよ。そしたらいろんなことへの自信が付いた状態で日本に帰ってこれたので、何も怖がらないようになったんだと思います。

--また、DVDには、こちらも東京国際フォーラムだけでの披露となった『A MIRACLE FOR YOU』が収録されています。あの曲を歌おうと思った理由などあったら聞かせてもらえますか?

中島美嘉:ファンの間で何故か人気があるんですよ。シングルの曲じゃないんですけど「『A MIRACLE FOR YOU』を歌ってほしい」って言ってくれるファンが多くて。でも今回のツアーではセットリストに入れなかったので「どこかでやれたらいいな」と思って、東京国際フォーラムで歌うことにしたんです。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵