音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー

アルバム
サカナクション New single『kikUUiki』

『kikUUiki』
2010.03.17 RELEASE
[初回限定盤]
VICL-63556
2,800円(tax in.)

サカナクション アルバム『kikUUiki』<初回限定盤>を購入する
hr

[通常盤]
VICL-63557
2,800円(tax in.)

サカナクション アルバム『kikUUiki』<通常盤>を購入する
01.intro = 汽空域
02.潮
03.YES NO
04.アルクアラウンド
05.Klee
06.21.1
07.アンダー
08.シーラカンスと僕
09.明日から
10.表参道26時
11.壁
12.目が明く藍色
《初回限定盤のみ収録》
13.Paradise of Sunny

J天才サカナクション 本能のダンスミュージック『kikUUiki』リリース記念特集
この春注目のロックアーティストを一挙紹介!ビクター春のロック祭り特集

サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー

 今、本気で日本の音楽シーンを改革しようとしているバンドがいる。しかも思うだけでなく、明確なヴィジョンを持ち、結果も出せる実力を持つバンドが。その名はサカナクション。元々「2010年代のシーンを担う」と言われていた彼らだが、エンターテインメントミュージックとアートミュージックの狭間をアクションしてきた一つの結果として“オリコンTOP3入り”を実現し、誰もが諦め掛けていた、あらゆるリスナーがあらゆる音楽へと耳を傾けていく世界。そこへの入り口とも言えるアルバム『kikUUiki』を完成させた。今作の話を通じて、説得力ありまくる“シーン改革論”を山口一郎(vo)が語る。

--前回のインタビューで「僕はオリコンに挑戦してますからね」と言っていて、その直後に『アルクアラウンド』オリコンTOP3入り。

山口一郎:オリコンチャートを狙った曲を作った上で、実際にそれが結果を生んだ。戦略通りにいったっていうのは、凄く嬉しかったです。その後のアルバムのことも考えることができたし。

--しかもあの曲は「僕たちはここで戦いながら生きていく」ことを表明した楽曲で、それがバンド史上最大の高評価を獲得したことは、今後の活動において強い自信になりますよね?

山口一郎:そうですね。サカナクションにおけるひとつのスタンダード。アルバム『シンシロ』であれば『セントレイ』だったり『アドベンチャー』だったり、ライブでも盛り上がるし、リード曲としても存在できる楽曲をまた狙って作れたことには、すごく大きい意味があって。それが結果を出したことで、またもう1回そうした曲を作れる自信も出てくる。

--その『アルクアラウンド』を携える形で、東名阪での【version21.1 second】の開催がありました。個人的にはサカナクション、OGRE YOU ASSHOLE、the telephonesがしっかりとその成長ぶりをリスナーに体感させてくれたな、という印象だったんですが、山口さん的にはいかがでしたか?

山口一郎:今仰られた通り、去年と比べてライブパフォーマンスなり演出なり、3バンドがそれぞれ成長していたと思うんですよね。お客さんも構えて来るようになって、それがすごく感じられたので、僕ら的にも良いプレッシャーになるし、今後続けていく中で「また次、成長してなきゃな」って気持ちになるし。それがシーンの成長になっていくと、すごく面白いことになっていくっていう予感がします。

--また、サカナクションのライブの印象が変わった要因としては『アルクアラウンド』がセットリストに組み込まれたことも大きいと思います。あの曲を演奏していて思いの外、熱くなっていることを感じる瞬間も増えているんじゃないですか?

山口一郎:それはありますね。やはりシングルですし、東京に出てきてひとつ決意した曲ですし、プレイしながら気合い入ってちょっと走ったりするときもありますし。でもそういう部分が、同期とかプログラミングの中でライブをやっている僕らからすると、グッと込み上げてくるんですよ。そういう思い入れはありますね。

--そういう意味でも、前回のインタビューで山口さんが言っていた、クラブミュージックで涙を流す“もう一次元”を今のサカナクションはしっかりと形に出来てるんじゃないですか。

山口一郎:ロックとクラブミュージックを混ぜていくっていう部分で、熱さを感じさせたい想いもあるんですけど「音楽というモノが一体どういう性質なのか?」とか「音楽がどう作られていくのか?」とか「音楽を人に届けるとはどういうことか?」とか、そういうところにまでリスナーの感覚が向いていくといいなと思っていて。自分が作った曲によってそれが出来たらいいなって、今は思っています。

--では、そんなサカナクションの最新形が詰め込まれたニューアルバム『kikUUiki』について話を伺っていきたいんですが、山口さんにとって“汽空域”の世界というのは、どんなモノなの?

山口一郎:例えば「好きなモノ」って自分たちが認識するモノがあるじゃないですか。で、それって僕は違和感があるモノだと思っていて。例えば僕が着てるジャケットにしても、缶バッジをひとつ付けただけでそのジャケットの意味合いは変わってくると言うか、そのバッジが付いてるから「好き」って思ったりする。半袖でもなく長袖でもなくその間の七部丈をオシャレに感じるとか。そういう良い違和感みたいなモノに僕たちは「好き」っていう感覚を持つんじゃないかなと思って。

--なるほど。

山口一郎:自分の音楽をそれと比較してみたときに、ロックとクラブミュージックであったり、フォークとクラブミュージックであったり、そういう混ざり合わないモノを混ぜることで、何か面白いと思うモノを作り出そうとしているんじゃないかなって、振り返れたんですね。それに気付いたときからこのアルバム『kikUUiki』の輪郭が出来てきた。

--実際、その気付きによって、自分が思っているモノがより明確に形になっていくところはあったの?

山口一郎:ボヤっとしていたモノが点になったと言うか、メンバーに説明できなかったモノができるようになった。今までは「みんなの好きなモノは違う。でもその中でみんなが良いって思うモノを作ろうよ」みたいな、すごくざっくりしたことしか言えなかったけど、それをもっと論理的に説明できるようになった。そうなると「何となく良い」っていう感覚が無くなるんですよね。何かを生み出す側っていうのは「周りがどう思うか?」とか考えちゃって、自分が出すモノに対して不安なんですよ。でもそれにひとつ理論的な決着が出ると自信が生まれるんですよね。で、プレイするときに自信が出てくると、それはやはり人に伝わるモノになっていくし“人となり”っていうモノになっていく。それが獲得できたかなって。

--それはデカい前進ですね。

山口一郎:「サカナクションとは何だろう?」「自分たちの“好き”っていう感覚は何だろう?」っていうモノが何か気付けた。それはすごく大きな武器だし、これからもいろんな音楽に挑戦していく中で、何でも出来るような武器を手に入れた感じはあります。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:唐沢友里江