音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー

アルバム
サカナクション New single『kikUUiki』

『kikUUiki』
2010.03.17 RELEASE
[初回限定盤]
VICL-63556
2,800円(tax in.)

サカナクション アルバム『kikUUiki』<初回限定盤>を購入する
hr

[通常盤]
VICL-63557
2,800円(tax in.)

サカナクション アルバム『kikUUiki』<通常盤>を購入する
01.intro = 汽空域
02.潮
03.YES NO
04.アルクアラウンド
05.Klee
06.21.1
07.アンダー
08.シーラカンスと僕
09.明日から
10.表参道26時
11.壁
12.目が明く藍色
《初回限定盤のみ収録》
13.Paradise of Sunny

J天才サカナクション 本能のダンスミュージック『kikUUiki』リリース記念特集
この春注目のロックアーティストを一挙紹介!ビクター春のロック祭り特集

サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー

--その武器を手にまず形にしてみせた『kikUUiki』なんですが、『潮』からいきなり新しい音楽の呈示が始まります。あの曲をあの場所に位置させた理由を聞かせてもらえますか?

山口一郎:『潮』という曲はアルバムの中では初期の方に出来たモノで、僕たち的にはそこまで大きな変化をしたと思っていなかった楽曲で。『アルクアラウンド』を出した直後に「自分たちはこうなんだ」っていう意思表示の楽曲として作っていましたし。でも実際に我に返って聴いてみると「物凄く変化していたな」って。最初は普通に自分たちの中で馴染んでいたのに、今聴くと「今までとは違うな」と思う。ただ、そういう感じの曲って逆に僕たちらしいなって。汽空域の存在に気付く前だし、良いモノを模索しようとして暴れ回っていた時期の曲なんだけど『kikUUiki』の冒頭に相応しい曲になったと思います。サカナクションらしいと感じてもらってもいいし、らしくないと感じてもらってもいい。僕たちにとっての挑戦の曲ですね。

--そんな曲の中で「激しく胸打つ思想に 踊らされ生きてた」というフレーズを繰り返すのが印象的だったんですが、あの言葉にはどんな想いが?

山口一郎:僕たちって知っていることの範囲で生活していると思うんですよね。で、今自分が知ってる世界だけで生まれる思想って物凄く凝り固まっているモノで、自分が知らないモノを知っていく人たちが敵に見えてくることもある。だけど自分もその知らなかったモノを吸収していくことで「あ、そうだったのか」って気付くことができる。だから自分の中で持つ思想というモノの守備範囲、それをもっと広く持った方がいいんじゃないかって僕は思っていて。それを“潮”という海のうねりで表現したんです。

--なるほど。

山口一郎:リスナーすべてが批評家の今の時代。ミクシィとかツイッターとかあるけど、みんな自分からコミュニティに入っていくんですよね。自分のコミュニティを作るんじゃなくて。そこで僕は警鐘を鳴らしたいと言うか、もっと違う発想があるってこと、自分から知らないことを知っていくことの有意義さを伝えたくて。それで「激しく胸打つ思想に 踊らされ生きてた」という言葉を使いました。

--あと『Klee』や『21.1』などを聴いて強く感じたことなんですが、今作ってロックバンドとしての機能をフル活用していますよね。ひとりひとりの楽器の音がどれも今まで以上に有機的に絡み合っている印象を与えます。

山口一郎:全員の良さをひとつに固めていく作業の中で必要だったのは、音数を減らすということで。そうすることでより混ざった部分が見えていくし、やはりロックテイストが強くなってくるんです。あとウチはドラマーがロック上がりなんで。ロックな人が叩くクラブミュージックのサウンドと、もろにクラブミュージックの人が叩くサウンドは全然グルーヴが違うんですよね。その点、ウチはロックのドラマーなんで助かったと言うか、フルに彼らしさを出していったりすると今回みたいな曲調が多くなっていくんです。ロックのビートなんだけど音色はクラブミュージック、そのギャップがすごくサカナクションらしいかなって。で、ドラマーが自分らしさをフルに出せば、他のメンバーもそれに乗ってくるんですよね。そういう瞬間が今回はたくさんありました。

--個々のらしさがフルに出たというのも“汽空域”という感覚を獲得できたことが大きいんでしょうか?

山口一郎:大きかったと思いますよ。メンバー全員好きなジャンルが一緒じゃないので、寄り添っていく作業をしていく際に今までは“妥協”や“諦め”があったんですよ。でも今回はそうじゃなくて“理解”で寄り添っていくことができたので、意見の衝突もそんなになかったです。ドラムの江島(啓一)は「スタジオに来るのが楽しくてしょうがない」って言ってました。

--また「これが世に飛び出ていくことで何が生まれるんだろう?」的なドキドキで今作の半分は出来てると思うんですが、例えば『アンダー』。個人的には『アルクアラウンド』とは正反対の手法で“生きる”を表現した曲だと感じているんですが、実際にはどんなイメージの中で作り上げた曲なの?

山口一郎:正に『アルクアラウンド』の真逆にあると言うか、普通のロックバンド的なんだけど、曲としてはロックバンドじゃない。微妙な古さもあるんだけど、今の世相を歌っている。そういうモノがサカナクションらしさとしてひとつあると思ったし、『アルクアラウンド』とは違うサカナクションのひとつのスタンダード。「それを上手く表現するにはどういうキーワードがいいのかな?」と考えて“アンダー”という言葉が出てきて。下に潜っていくことで見えてくるモノという意味でタイトルにしたんですけど、僕は生きる力ってネガティブから生まれてくるモノだと思っていて。だからネガティブから生まれてくる感覚の純粋さをちゃんと歌にしておきたいと思ったんです。

--こうした曲を聴くと『アルクアラウンド』のヒットは今作を発表する上での必要条件だった気がします。『アンダー』のような曲がリスナーにどう響くのか、勝負する為に。

山口一郎:『アルクアラウンド』を聴いてサカナクションを好きになってくれている人たち。ケータイで音楽を聴くリスナーであったり、そういうCDで音楽をあまり聴かない人たちに対してのひとつの挑戦状でもあるんですよ。『アンダー』のみならず今作に収められた1曲1曲が。僕はCDをパッケージとして愛してきた人だし、世界的には日本はCDが売れている方ですけど、そういう文化がちゃんと日本には残っていくべきだと思うし。それをきっちりと自分の作品としてね、アルバムとして証明したくて。だから『アルクアラウンド』を聴いて入ってきてくれたライトリスナーや、音楽に興味を持ち始めている年代の方にこのアルバムを聴いてもらいたい。そしてどういうリアクションをするのかを見てみたいし。で、ライブに来てもらって「ライブと音源っていうのはこんなにも変わるんだ」っていう衝撃を与えたい。

--そういうシナリオや野望はいつ頃から自分の中に生まれたモノなの?

山口一郎:『シンシロ』ぐらいからですね。その前のアルバム2枚はある種パンクと言うか。シーンのことについて何も知らなかったんですよ。ただ敵ばかりだと思っていた。でも『シンシロ』というアルバムを作る為に東京に出てきて、シーンの中でエンタテインメントミュージックを作ってらっしゃる方とお会いしてお話しする機会があったりして。それでお話を聞いていると、その世界で物凄く真剣にやられているんですよ。いろんな作戦を立てて、いろんな戦略があって、その中に流行があったりして。で、よく考えたら「真逆じゃなくて同軸線上にいる人たちなんだな」って気付いたんです。ただ手法や目指している場所が違うだけで。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:唐沢友里江