音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー

アルバム
サカナクション New single『kikUUiki』

『kikUUiki』
2010.03.17 RELEASE
[初回限定盤]
VICL-63556
2,800円(tax in.)

サカナクション アルバム『kikUUiki』<初回限定盤>を購入する
hr

[通常盤]
VICL-63557
2,800円(tax in.)

サカナクション アルバム『kikUUiki』<通常盤>を購入する
01.intro = 汽空域
02.潮
03.YES NO
04.アルクアラウンド
05.Klee
06.21.1
07.アンダー
08.シーラカンスと僕
09.明日から
10.表参道26時
11.壁
12.目が明く藍色
《初回限定盤のみ収録》
13.Paradise of Sunny

J天才サカナクション 本能のダンスミュージック『kikUUiki』リリース記念特集
この春注目のロックアーティストを一挙紹介!ビクター春のロック祭り特集

サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー

--どんな側面から見ても今作が世に放たれる有意義さを感じずにはいられないんですが、山口さん的には今作『kikUUiki』がどのように世に響いていったらいいなと思いますか?

山口一郎:こういう形ってある一種の挑戦なんですよ。僕がディレクターやプロデューサーの立場、会社的な目線だったら『アルクアラウンド』がヒットした時点で「もう1回、そういう曲で行こうよ。押せ押せだ!」みたいなことを言うと思うんです。でも敢えてそうしない。先程もちょっと言いましたけど、もうツイッターやらミクシィやら、ちょっと前では2ちゃんねるで、リスナーが批評家になっていて、ある程度はマーケティングの裏側が分かってきているんですよね。だから「やっぱりそういう曲で来たか」ってみんな気付いちゃう訳ですよ。それでどんどん飽きられていく。で、また違うバンドやアーティストが生まれてくるっていうサイクル。それって物凄く効率が悪いと。アーティストとしてやりたいことをどんどんやっていって「それが本当のアーティストの表現なんだ」ってメディアやリスナーがちゃんと認識するシーンが出来ることが健全だと思うんですよね。

--そうですね。

山口一郎:だから「『アルクアラウンド』があって『目が明く藍色』があっての『kikUUiki』が表現なんだよ。これが表現なんです」っていうこのテーマを僕はきっちりと訴えていきたい。それが分かってもらえると、すごく音楽って楽しくなるんです。知らないことを知ると、またひとつ違う世界が見えてくるから。そこを僕はどんどん提案していきたいし、それがエンターテインメントのシーンで音楽をやっている自分の責任だと思うんですよね。それをアーティストからやるっていうのは、すごく大きいことかなと。まぁそれで埋没していくと全然意味が無いんでね、ちゃんとビジネス的な結果を出していく為にも、やはり僕は次のシングルでまた分かり易い曲を作かもしれないし。媚びるんじゃなくてね、自分として『アルクアラウンド』のようなもうひとつのサカナクションのスタンダードを作って、またアルバムで好きなことをやっていく。この手法がひとつのスタンダードになっていくと、それに対して抵抗が無くなってきた人たちがそういう聴き方をしてサカナクションを愛してくれる。すると、それをフォロウする人が出てくる。僕はそういうひとつの提案をしているだけなんです。

--4月からは今作を携えた全国ツアー【SAKANAQUARIUM 2010 kikUUiki】がスタートしますが、どんな内容にしたいと思っていますか?

山口一郎:僕がアンダーグラウンドの世界、クラブミュージックで体感した本当の面白さみたいなモノを体感したことがない人が、僕たちのライブにはよく来て下さってると思うんですよね。そういう人たちに見たことのない世界を僕は見せてあげたいと思ってるんです。アルバムの初回盤エクストラトラックとして13曲目に入っている『Paradise of Sunny』っていう曲はどダブなんですが、それも『YES NO』という曲のケツから繋がっているダブの曲で。で、本気のダブというモノをね、僕は実際に生で体感したときに物凄い衝撃だったんですよ。それをやはりダブを知らない世代の方たちとか、僕らのライブに足を運んでくれる方たちに見せてあげたい。で、幸いなことに、PAがBOOM BOOM SATELLITESやゆらゆら帝国やHASYMOでやっている佐々木さんという方で。照明もフィッシュマンズのライブを手掛けていた平山さんという方で、要するにダブというモノに精通されている人が揃ってるんです。だからいきなり暗転で、暗闇の中で音だけが鳴り響いていて、いきなりストロボが一発光るとか、そういう音と目に見える演出でライブを体感させる中で『アルクアラウンド』や『セントレイ』みたいな楽曲もプレイする。そうするとみんな批評しにくいと思うんですよね。で、批評しにくいモノってみんな直感で反応するし、直感で反応したモノはやっぱり熱さとして文章にしたがるんですよ。で、リアルにその人たちの感覚が見えてくると思うんです。好きか嫌いかハッキリしてくる。僕はそういう世界を音楽で作っていきたいと思うんです。

--また、今作のリリース以降もエンターテインメントミュージックとアートミュージックの狭間をアクションしていく戦いは続くと思うんですが、自分の中ではすでに次なるヴィジョンみたいなモノは見えていたりするんでしょうか?

山口一郎:シングルというのは僕たちを知ってもらう為の作品、過去の作品を知ってもらう為の作品。そこで僕らはたくさんの人に聴いてもらう為の楽曲を作らなきゃいけない。要するにそれは世相を読んで作る訳ですよ。世相が明るい曲を求めていないんであれば明るくしないし、求めているんだろうなと感じれば僕たちの全力を持って熱さを曲にしていくと思うんですよ。で、アルバムでは『kikUUiki』のような自分たちの本質に迫る楽曲、ある一種の啓蒙のようなことも含めた作品を作っていきたいと思う。そのスタイルを繰り返すことで認知されていくと思うし、一回でも心が折れるともう誰も付いてきてくれないと思うんで。僕なら付いていかないから。だから先ほど話したスタイルを繰り返していくことが、僕らにとっては2010年代のテーマです。

--山口さんがサカナクションで最終的に辿り着きたい場所ってどんな場所なんですか?

山口一郎:サカナクションというか、僕個人的には音制連(音楽制作者連盟)の理事ですけどね(笑)。

--おぉ~っ! 具体的に聞かせてもらえますか?

山口一郎:音楽は教育を変えるべきだと思うんですよ。こんな話、ここでするべきかどうか分からないけど(笑)。まぁでも音楽というモノに携わって生きていきたいんですよ。自分は表に出る仕事を今しているし、アーティストとして今は出来る年齢だと思うんですよね。その年齢で自分がやっていきたいことは明確に見えてるし、そのヴィジョンの次に見えてくるモノも多分あるんですよ。で、細野晴臣さんのようにね、ポップシーンとそうじゃないシーンを繋げていくことを僕はやっていきたいし、その先で多分ミュージシャンとしてじゃない生き方もあると思うんでね。そこをきっちりと見極めて年を取っていきたい。ただ、僕は本当に音楽が好きなんですよ!特に音楽シーンの成り立ちが面白いし、そこに物凄く興味があるんですよ。なのにアーティストであるということが、僕の矛盾しているところだとは思うんですけど(笑)。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:唐沢友里江