音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

JASMINE 『GOLD』インタビュー

アルバム
JASMINE アルバム『GOLD』

『GOLD』
[初回盤(CD+DVD)]
2010.07.21 RELEASE
AICL-2149/50
\3,500(tax in.)

JASMINE アルバム『GOLD』<初回限定盤>を購入する

[通常盤(CD)]
AICL-2151
\3,059(tax in.)

JASMINE アルバム『GOLD』<通常盤>を購入する
01.PRIDE
02.sad to say
03.L.I.P.S.
04.Jealous
05.Bad Girl
06.dear my friend
07.stage ~interlude~
08.This Is Not A Game
09.CLUBBIN"
10.恋
11.what you want?
12.No More
13.Dreamin'
14.Why

JASMINE 新世代の拠り所となるアルバム『GOLD』完成記念特集
JASMINE 新世代の拠り所となるアルバム『GOLD』完成記念特集

JASMINE 『GOLD』 インタビュー

--ちなみに『GOLD』に辿り着くまで、すべてのシングル(全5作品)にイメージカラーを付けていたじゃないですか。あのシリーズはここで完結する感じなんですか?

JASMINE:そうです!もう続かないですよ。あの5人がすごくレンジャーに見えるんですよ。で、ゴレンジャーとかの戦隊モノには必ずボスがいるじゃないですか。そのボスがこれ(『GOLD』のジャケット写真)。ボスは司令塔であれこれ言うだけで動かないので、寝っ転がってる。

--最終回だけちょっと動く、みたいな。

JASMINE:(笑)。最終回で死ぬんですよ。

--いつかそのストーリー、映像化してください。では、その中身にも触れていきたいんですが、まず自身では今作『GOLD』の仕上がりにどんな印象や感想を持たれていますか?

JASMINE:曲を並べてみてやっとアルバムになったなっていう感じ。それまで全く完成形が見えてなくて、レゴブロックのブロックがバラバラになって置いてある、みたいな状態だったんです。でもそれを組み立ててみたら形になって。そのときにこの子たちが何を物語ったかと言うと、プライドだったんですよ。仁王立ちした人間をレゴブロックで作った感じだったんで、私はこのアルバムに“PRIDE”を吹き込んだんだなって。

--前回のインタビューでJASMINEは「アルバムは手榴弾を投げつける感じが良い。リスナーにダメージを与えたい」と言っていたんですが、それが出来た手応えは感じてる?

JASMINE:そうですね。手榴弾……ていうか、戦っている人です。

--戦士?

JASMINE:戦士が出来ました。ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッ……(機関銃の音)みたいな。

--その戦士の銃撃によって今作は、1曲目『PRIDE』から激しい爆発を起こしています。JASMINEが音楽を続けていく、そして生きていく上での覚悟を感じたんですが。

JASMINE:正にそうです。私は音楽にしかプライドがないので。私の中でプライドってすごく歪なもので、私にはそれがずっと理解できなかったんですよ。小中学生のときに「プライドって何?どういうときに思うもの?どういうときに私はプライドを感じているの?」って友達に聞いてて。その答えをずっと探していること自体に意味があったと思うんですけど。で、今思うのは「音楽だけしか私には出来ることがない」じゃなくて「音楽の為に生まれてきたんだ」って思えば、それがプライドに変わっていく。「これだけは譲れない」とか「これだけは曲げられない」とか「これだけは負けたくない」って。で、そのマインドが全曲に対して入ってる。そこに良いトラックがあれば「このトラックに負けないメロディを」とか、曲を作っているときはすごくそういうモードになるんです。

--そうした想いをぶつけるにはこの上なくピッタリなトラックになっていると思うんですが、自分ではどんな印象を持たれていますか?

JASMINE:これはジェットコースターの始まり。お客さんがそれに乗ってトンネルに入ったり、上がったり、下がったりしていく、その始まりになったと思います。最後は水にドボン(笑)!

--また、この曲にある「うたいつづけたい 命の限り」「生き方 感じかた うたうすべてが あたしのプライド」というフレーズはJASMINEが日頃から思っていること?

JASMINE:そうです!歌うことに関してはそれぐらいの気持ちでいます。他はそんなことないですけど。前から普通に「うたいつづけたい 命の限り」って思ってるんです。おばあさんになっても孫に寝る前に歌を聴かせたり、それより少し前はジャズバーとかでウィスキーとか飲んだり語ったりしながら歌いたい。すごくストイックに歌い続けるというよりは、そういうイメージ。とにかく死ぬまで歌っていきたい。

--そして、心臓の音がドクドク聞こえてきた後『sad to say』をはじめ、渾身のナンバーが畳み掛けられていきます。シングル曲はもちろんなんですが、新曲がどれも聴きていて高揚するナンバーになっていて、特に『Bad Girl』はかなり攻撃的ですよね。

JASMINE:『Bad Girl』は17,8歳の思春期の頃の女の子を描きたくて。あの頃は言いたいことがすごくいっぱいあって、世の中に対してもそうだし、親とか周りの人とかすべてに対して言いたいことが溢れかえっていて。でもそれが空回りしている。そのときの自分のイメージを絵に描くとしたら、傷だらけのセーラー服を着てて、血とかも出ている状態。鎖で荷物をいっぱい引っ張っていて、なかなか前に進めない。それは外から見たら、すごく荒くれ者で「え?」みたいな感じなんですけど、自分自身はどうしてそれをやっているのか分かっていて、守っているものがちゃんとある。それは周りの友達とかもそうで。

--なるほど。

JASMINE:今はいくらでも自分と向き合えるんですけど、あのときは本当に自分から抜け出せないし、ただ自分でいることしかできない。あのとき、曲が書けたら書きたいとすごく思ったんですけど、自分を客観視することができない。自分が誰だか分からない状態だったんで。「曲が書けたら友達を救えるのになぁ」とか思っていたんですけど。で、あれから時が経って、自分の中で自然とその過去を無かったことにしていたんですけど、アルバムに入れる曲を作るときに「これだけは外せないのって何だろう?」「あのときの自分だな」と思って。それで過去に戻って書いたのが『Bad Girl』。

--感覚的には、あの頃の自分に決着を付けに?

JASMINE:そうですね。あと、その頃の自分のポジションに今いる子たちに向かって歌いたかった。私はあの子たちのリーダーになら成れる。あの子たちってみんなそれぞれ迷っているし、その気持ちを知るのってすごく難しいし。でも物凄く美しいので「ぜひ曲に」と思った。だから超巻き戻しをして「う~~~っ」ってなりながら書きました。なかなか形にならなくて。ちょっとずつちょっとずつ書いていたんですけど、タイムリミットがあったので最後は鬼のように集中して。結構疲れました。でも達成感も凄かった。

--ちなみに、あの頃の自分はなんで自分を客観視できなかったんだと思いますか?

JASMINE:年齢的なものもあるだろうし、あのときの自分はもう思ったことをやる。それが悪いことか良いことかは別に関係ない。悪いことをしてても「何が悪い?」みたいな。でもあのときのフルパワーみたいな感じはちょっとジェラシー。だって「どんだけ?」と思うぐらい「私たちに法律はありません」みたいな感じだったので。それが羨ましいです(笑)。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵