音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

中島美嘉 『STAR』インタビュー

アルバム
中島美嘉 アルバム『STAR』

2010.10.27 RELEASE
[初回生産限定盤]
AICL-2188~9 3,500円(tax in.)

中島美嘉 アルバム『STAR』<初回限定盤>を購入する

[通常盤]
AICL-2190 3,059円(tax in.)

中島美嘉 アルバム『STAR』<通常盤>を購入する
01.ALWAYS
02.一番綺麗な私を
03.BABY BABY BABY
04.Over Load
05.GAME
06.SMILEY
07.CANDY GIRL
08.LONELY STAR
09.No Answer
10.SPIRAL
11.Memory (feat.DAISHI DANCE)
12.16
13.流れ星
14.SONG FOR A WISH

中島美嘉特集はこちら 10周年おめでとうコメント募集中!投稿者の中から抽選で3名様に中島美嘉特製グッズプレゼント!

中島美嘉 『STAR』 インタビュー

 デビュー10周年目に発表されるニューアルバム『STAR』からは、スターと呼ばれる仕事をしている自覚、気持ちを思いっきり前に出して歌うバラード、パーソナルな部分を綴ったリリック、若者に対する明確なるメッセージ等々、中島美嘉の変化を多く感じることができる。今回のインタビューではその全ての要素について、更には音楽リスナーや今後のシーンに対する願いを語ってもらった。

--デビュー10周年目に突入。どんな感慨を持たれていますか?

中島美嘉:何も変わらないですね。自分では「10周年」って言われないとそのことに絶対気付いてなかったぐらい、意識してないです。ただ、とにかく早かった。もういつ何をやったのか憶えてないです(笑)。

--最近の中島美嘉はどの曲を聴いていても、自信に溢れているというか、迷いを感じさせない印象があります。

中島美嘉:もらった曲を楽しむっていうやり方は、昔から全然変わってなくて。もちろん好みがあるから「この曲は無理」とか言うけど、曲選びに関しては周りのスタッフが私を見て「今の美嘉ちゃんにはこれが似合う」って持ってきてくれることが多いです。だからきっと周りが優秀なんですよ。

--自分の歌に対しての自信は?

中島美嘉:相変わらずない。もうその時々の悩みが出てくるから。時期的にあまり声が良くないとかあるじゃない? 冬は乾燥してるなとか。そういう細かい悩みみたいなものは常にあります。

--また、アルバム『STAR』のライナーノーツには「スターであることを自覚できた」とありますが、どういう経緯でそうなったんでしょう?

中島美嘉:まぁ徐々にですけどね。何かきっかけがあった訳ではないんだけど、もうそろそろ「いやいや、そんなことないですよ。とんでもない」って言っていることが甘えでしかなくなってくる年齢だし、それだけの経験を積んできてる。だから私は「スターだ」とは思ってないけど、そう呼ばれる仕事をしているっていうことを自覚してやらないと、本当に失礼になるなと思って。

--それは生涯歌手として生きていく覚悟の表れでもあるんでしょうか?

中島美嘉:うん、そうだと思います。出来れば、やっていきたい。

--前はその想いは強くなかったんですか?

中島美嘉:やれる訳がないと思ってた。やりたいんだけど「なかなか難しいんだろうな」って。

--それが「やれる」と思えたのは何故?

中島美嘉:自分の気持ちですよね。「やっぱり歌はうたいたいんだな、好きなんだな」って思って。だから「どんな形でもいいから歌っていたいな」って。

--前は「あーもう辞めたい」とか「私には無理かもしれない」と思うこともあった?

中島美嘉:「辞めたい」っていうのは相当なことがないと無かったけど「私が歌ってていいのかな?」っていうのは、いつも思ってました。歌う度に思ってた。「こんなんで歌ってていいのかな?」って。

--それは自分の実力に対して?

中島美嘉:うん。

--でも今はそういうことを考えなくなった?

中島美嘉:考えるし、自信も全くないんだけど、それはそれで個性だと評価してくれている人たちの為に「じゃあ、歌おう」って思えるようになってきたんです。

--そう思えてから、自分の歌が変わってきたと思いますか?

中島美嘉:どうなんだろう?

--最近の中島さんの声って以前に増してエモーショナルで。『ALWAYS』にしても『一番綺麗な私を』にしても、まるで最愛の人と本当に離ればなれになってしまったかのように響くんですよね。そこは自分でも感じていますか?

中島美嘉:そうですね。今までは“強くバラードを歌う”っていう感覚があんまりなくって。どちらかと言うと引いて切なく歌っているのが好きだったんだけど、前回のツアー【MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2009 TRUST OUR VOICE】をやってから、思いっきり気持ちを前に出して強く歌うバラードが「良いな」って感じて。ちょうどその辺りで『ALWAYS』をレコーディングしたんですよ。だからちょうど良かったのかもしれない。

--そうやって様々な変化をしていく中で、音楽への愛情だったり、音楽の力を信じる気持ちも変化していますか?

中島美嘉:うーん……、あんまり過剰には正直思ってないですけど。音楽がどうとか。もちろん、音楽で幸せになったりすることはあるだろうとは思いますけど。

--あんまり考えないようにしてる?

中島美嘉:音楽の力ってすごく大きくって、人生を左右するじゃない? たった5分で。そればかり考えちゃうとすごく重くって、やりたいことをやれなくなっちゃう。ただ、出来るだけみんなが楽しめたり、悲しいときに「あ、独りじゃないんだ」って思えるような歌をうたっていきたいとは思ってます。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵