音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

ClariS 『irony』インタビュー

シングル
ClariS シングル『irony』

『irony』
[オレイモ盤(CD)]
2010.10.20 RELEASE
SECL-909
\1,300(tax in.)

ClariS シングル『irony』<オレイモ盤>を購入する

[初回限定盤(CD+DVD)]
SECL-906~7
¥1,575(tax in.)

ClariS シングル『irony』<初回限定盤>を購入する

[通常盤(CD)]
SECL-908
¥1,223(tax in.)

ClariS シングル『irony』<通常盤>を購入する
01.irony
02.ココロの引力
03.Neo Moon
04.irony-TV Mix-
[DVD収録内容]
irony [Music Video]
ClariS 『irony』 インタビュー

--デビューシングル『irony』は、先ほどの2曲に続き、kzさんが手掛けた楽曲になります。彼の楽曲には大人っぽい雰囲気と可愛らしい感情とが同居した魅力があると思うのですが、歌う上で特に意識したことなどありましたか?

クララ:「俺の妹」のヒロイン桐乃の気持ちとすごく合っている詞になっていたので、桐乃から見たお兄ちゃんへの気持ちを考えながら歌いました。“ほんの少し遠く~”という歌詞があるのですが、気になる人に対して、ただ見ている事しか出来ない自分がいて「しゃべったりしたいのになぁ…」とか思うことがあり共感出来る詞でした。そういう感情が伝わればいいなと思いながら歌いました。

アリス:「irony」は中学生の私にとって凄く共感出来る詞で…。丁度私達の年頃って、大切な事を伝えたくても恥ずかしさが先に来て、素直になれなかったり、意地張って疲れちゃったり、自分の気持ちが分からなくなったりすると思うんです。そういう複雑な気持ちを聞いてくれる人達に伝えられたらと思いながら歌いました。

--この曲は今秋の注目アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のオープニングテーマに起用されています。既に放送はスタートしましたが、自分たちの楽曲がテレビから流れてきた時の感想は?

クララ:クレジットにClariSの名前が流れてきた時に「本当に私達が歌った曲なんだ!!」とやっと実感が湧きました。もう本当に嬉しくて最初にお話をいただいた時も涙出そうだったんですけど、この時は本当に泣く寸前でした。でもアリスと一緒ににやけながら見ていました(笑)。

アリス:私も嬉しすぎて涙が出そうでした。デビューの曲が「俺の妹」の主題歌として流れてるなんて…ともう胸がいっぱいになりました。クララと一緒にアニメを見ていたのですが、最後の“笑顔見せたい!”の部分が流れてきたの時に2人で顔を見合わせてニッコリ笑っていました。その時目と目で「これから頑張っていこうネ。」と言っていました。

--同アニメは、スポーツ万能で学業優秀な妹が、実はオタク趣味を持っていたことを兄である主人公に告白することから物語がスタートします。ふたりにも、「自分はオタクだなあ」と思う時がありますか?

クララ:もう・・・有りすぎて(笑)。例えば、、、アニソンがずっと頭の中で流れたりする事もあったりします。でも桐乃と同じ様に学校ではオタクだと言う事を言っていないです。だから桐乃のオタクであることを隠す気持ちはとっても分かりました。

アリス:はい、多々…(汗。クララとアニソンを聞いている時はノリノリになっています!!
特に私はディズニーオタクですね。大好き過ぎてストラップはもちろん、部屋の中や生活で使うものまでがディズニーになっています。なので、私の夢はディズニーランドで歌うことなんです!!

--シングル『irony』には、他にも切ないメロディが胸を打つ「Neo Moon」やキュートなダンスチューン「ココロの引力」など、様々な歌声を堪能できる楽曲が揃っています。リスナーには、どんな風に聴いてもらいたい?

クララ:「Neo Moon」には“新月、次のはじまり”という意味があって、まだ好きなのに正直な気持ちを言えないモヤモヤしている感じや奇跡を信じている真っ直ぐな女の子の気持ちを書いた曲になっています。そして私の好きな“月”が裏テーマになっています。聞いていると私は好きな人の事を思って月を見たりしている情景が浮かんできたので、片思いをしている人には共感出来て勇気が湧く歌詞になってると思います。

アリス:「ココロの引力」は好きな人を思った時に感じる不思議なトキメキをテーマにした曲になっています。そして裏テーマはアリスの大好きな“太陽”になっているんです!! サウンドはキラキラしていてアップテンポの曲なので、私はいつの間にかノリノリになって聞いていました。みなさんにも同じ感じでリズムを刻みながら聞いてもらえたら嬉しいです。

--また、今後についてですが、やはりコンサートやイベントなど、ふたりの生の声を求めるファンも多いと思います。今後、どのような活動をしていきたいと思いますか?

クララ:今は学業に専念しなければならないので、みなさんにお会いする事が出来ませんが、イラストレーターさんに私達のイラストを書いて頂き、私達の分身となって活動をして行きます。今後機会があればピアノの弾き語り…が出来ればいいなと思ったりもします。それまでに頑張って練習しておきますね!!(笑)

アリス:今はお会い出来ないですけど、これからリリースごとにジャケットやポスターなどには“太陽”や“月”、“スイーツ”みたいに私達の大好きな物が毎回盛り込まれていくと思うので、そこから実際の私達をイメージしてもらえると嬉しいですね。これから応援よろしくおねがいします!!

Interviewer:杉岡祐樹
Page Design:佐藤恵