音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

Do As Infinity 『EIGHT』インタビュー

アルバム
Do As Infinity アルバム『EIGHT』

『EIGHT』
[限定盤(CD+DVD)]
2011.01.19 RELEASE
AVCD-38139/B
¥3,990(tax in.)

Do As Infinity アルバム『EIGHT』<初回限定盤>を購入する
Do As Infinity アルバム『EIGHT』

[通常盤(CD)]
AVCD-38140
¥3,059(tax in.)

Do As Infinity アルバム『EIGHT』<通常盤>を購入する
01.Baby! Baby! Baby!
02.Special
03.1/100
04.Hand in Hand
05.ワンダフルライフ
06.僕が描いてた僕
07.JIDAISHIN
08.Everything will be all right
09.Fly to the Freedom
10.Dear memories
11.1176時間
12.君がいない未来
Do As Infinity 『EIGHT』 インタビュー

 再結成ムードを断ち切って"今"のDo As Infinityを追求していった2010年。その集大成とも言えるニューアルバム『EIGHT』が年末に完成、2011年1月にリリースされることとなった。『冒険者たち』『本日ハ晴天ナリ』等を超えるキラーチューンを目指した制作によって、Do Asが他に類を見ないロックンロールバンドであることを証明してみせた傑作について、伴 都美子(vo)と大渡 亮(g)がゴキゲンな様子で語ってくれた。


--少し前の話になるんですが、9月29日 11周年ライブ【Do As Infinity 11th Anniversary LIVE ~More! Core! Rare! Here!~】。お2人にとってどんな印象のライブになりましたか?

大渡 亮:再結成してからライブを随分やってきた感じがありまして、毎回同じ流れでやっても「お客さんにあまり還元できないんじゃないかな?」と思って。で、元々11周年のアニバーサリー的な1日限りのライブということで、ダメ元で「今までやってない曲だらけで構成するライブをやろうよ」と言ったら、実現することになったんです。

伴 都美子:「やって良かったなぁ」って思った1日でしたね。やる前は「また今年もアニバーサリーライブやんの!?」って正直そんな気持ちもあったんですけど(笑)。でもアイデアを持ち寄って試行錯誤して「1日じゃ勿体なかったな」って思えるぐらいのライブになりました。自分たちも楽しんだし、お客さんも楽しんでくれたし、タイトル通りのレアなライブになったと思うし。

--ただ、歌詞を思い出すだけでも重労働だったんじゃないですか?

伴 都美子:体が知らない、みたいな(笑)。

大渡 亮:あんまりリハーサルする時間が無かったんですよ。5日かな? ギリギリだった記憶があります。ただ、実際に本番を迎えてみたら「あ、この曲は今後こういうときに使える」みたいな発見がすごくあって。「みんな知らないから」って敬遠していた曲でも、実際にやってみたらみんなと楽しめたりして。それは大きかったですね。

--本編終盤では2005年の解散直前にリリースした『TAO』を披露し、多くの涙を誘う場面もありました。どういう想いからあの曲を解禁しようと思ったんでしょう?

伴 都美子:今まで「今回はよくない?」みたいな感じでなんとなくセットリストから外されちゃう感じだったんですよ(笑)。だから今までやらなかったのも、あの日やったことにも深い意味は特になくて。

大渡 亮:で、今回はやらない曲をやるライブだったんで、もちろん「やろう」ってなって。すごくシンプルな理由だったんですよ。でも実際に演奏してみたら、場の雰囲気がちょっと変わったんです。それで「みんな『TAO』に対してそういうイメージを持っているんだな」って改めて知ったというか。これでピリオドを打った、それがみんなにとってデカいんんだなって。弾き始めてビックリしたもん。

伴 都美子:ファンはいっぱい想像するんだろうね。

大渡 亮:そうね。PVもそういう雰囲気になってるからな。

--また、本編終了後、客席からは『Yesterday & Today』の大合唱が巻き起こりました。亮さんも「最高だね、君たち」と感激していましたが、美しいドラマでしたよね。

大渡 亮:ビックリした!

伴 都美子:いるんだよね、発起人が。武道館のウェーヴもそうだし。親衛隊じゃないけど、まとめる役割の人が。ああいう熱い温度は嬉しいですね。

--あと、あの日のライブの模様はニコニコ動画で生配信され、その来場者数はなんと26000人以上。コメント数も122180と驚異的な記録を叩き出しました。しかもコメント内容も非常にポジティブなものが多かった訳ですが、あの状況にはどんな印象や感想を?

伴 都美子:「すげぇ」と思いました。

大渡 亮:2010年も終わろうとしているのに(このインタビューは12月前半に行われた)俺はそういうのに疎くて(笑)実感が湧かなくて。だからそれに対して「すごい」と思ってくれている人がいるならば、それでオッケーかなって。ただ、リアルタイムで情報を取得したい人がこんなにいるんだな、とは思いましたね。

--そういった意味でも11周年ライブはスペシャルな夜になったと思うんですが、今後もライブでは斬新で刺激的なことをやっていきたい?

伴 都美子:いつもやってると飽きられちゃうからね~。

大渡 亮:そうですね。だから10年後ですかね。

一同:(爆笑)

大渡 亮:やっぱり自分たちがやっていない曲をやりたくなった。それが今回は大きかったんですよ。『Do The ∞ MUSEUM』(Do As10周年記念書籍)で"レコーディングしてきた曲すべてを振り返る"っていう企画があって、そのときににわかに「こういう曲だけで1回ライブやろうよ」って話したこともキッカケになってて。だからそれぐらい時間が経たないと、そういう気持ちにはならないのかなって。

--では、そろそろニューアルバム『EIGHT』についてお話を伺わせてください。前作『ETERNAL FLAME』は再始動のムードが反映されたドラマティックなロックアルバムでしたが、今回のアルバム制作に関してはどのようなムードやテンションで臨んだ感じだったんでしょう?

伴 都美子:「明るいものにしよう!」みたいな。前作が結構重くてディープだったので、今回は軽快な感じの曲を集めようって。

大渡 亮:あんまり叙情的になり過ぎず。確かに『ETERNAL FLAME』は再結成一発目のアルバムだったので、どっかり、じっくり。ドスっとした曲が多かったので、今回はライブで弾けるような曲を作りたいと思っていたんです。

--実際、そうして制作したアルバムの仕上がりにはどんな印象や感想を?

大渡 亮:コンパクトな曲が増えて、よりライブの構成がしやすい曲が入ったアルバムになったなって。『ETERNAL FLAME』は「この曲を使ったら、こっちの曲はもう使えないよな」っていう、ライブの起承転結を考える中でセットリストから漏れちゃう曲が多かったんです。でも今回はほとんど使える感じなんですよ。

伴 都美子:陰と陽だったら"陽"のアルバムになったなって。

--今回のアルバムタイトルは"8枚目"ということ以外に何か想いや意味は込められているんでしょうか(笑)?

伴 都美子:(笑)。

大渡 亮:しりとり(1st『BREAK OF DAWN』~2nd『NEW WORLD』~3rd『DEEP FOREST』~4th『TRUE SONG』~5th『GATES OF HEAVEN』~6th『NEED YOUR LOVE』~7th『ETERNAL FLAME』)を継承するというところで、一度は「やめちまおうか」なんていう話もあったんだけど(笑)「もったいない」っていう声も多くて。それで「『EIGHT』はどうですか?」って言われたんだけど、このときの為に前回"E"で終わったのかって思って。だから深い意味はなく、ラッキーが重なってこのタイトルになったんです。


Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵