音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

ももいろクローバー 『ミライボウル』インタビュー

シングル
ももいろクローバー シングル『ミライボウル』

『ミライボウル』
[初回限定盤A(CD+DVD)]
2011.03.09 RELEASE
KICM-93225
¥1,700(tax in.)

ももいろクローバー シングル『ミライボウル』<初回限定盤A>を購入する
ももいろクローバー シングル『ミライボウル』<初回限定盤B>

[初回限定盤B(CD+DVD)]
KICM-93226
¥1,700(tax in.)

ももいろクローバー シングル『ミライボウル』<初回限定盤B>を購入する
ももいろクローバー シングル『ミライボウル』<通常盤>

[通常盤(CD)]
KICM-93227
¥1,200(tax in.)

ももいろクローバー シングル『ミライボウル』<通常盤>を購入する
01.ミライボウル
(TVアニメ「ドラゴンクライシス!」ED主題歌)
02.Chai Maxx
(テレビ朝日「お願い!ランキング」の3月度EDテーマ)
03.全力少女
※通常盤のみ収録
【初回限定盤 特典DVD収録情報】
FLASHアニメ「週末お届け!ももクロ便」
<タイプA>
『ミライボウル』PV

<タイプB>
『Chai Maxx』PV
ももいろクローバー 『ミライボウル』 インタビュー

◎アイドル戦国時代の風雲児 遂に登場!

今、巷で驚異的な勢いを見せているガールズユニットがいる。キャッチーかつ突飛な展開で音楽ファンをも楽しませる楽曲に、観る者全てを一瞬で惹き込む強烈なライブパフォーマンス。先日は、神聖かまってちゃんとの対バンライブも開催し、ロックファンに衝撃を与える一撃を繰り出した6人組アイドル ももいろクローバーが、遂にhotexpress初登場です!

--(取材開始直前まで、はしゃぎ合う6人を見て)……皆さん、本当に仲が良いんですねー。

玉井詩織(しおりん):気持ち悪いくらい、いつもくっついてます!

早見あかり(あかりん):しかも、くだらないことばっかりやってるんです。自分たちしか分からないことで、いつも笑ってます(笑)。

--ともあれメジャーデビュー以降、ももクロ快進撃は凄まじいモノがありますね。

百田夏菜子(かなこ):ビックリすることも多かったし、去年も本当に色々あったよね?

佐々木彩夏(あーりん):思い出せないくらい!

あかりん:「あれ、あのイベントって今年だっけ?」って思うことばっかりです。だって、映画「シロメ」って去年ですよね? あれ、8月とかでしょ? 全然最近の話なのに、上からどんどん新しい記憶が上塗りされていくから、すぐに懐かしい感じになっちゃうんです。

--「シロメ」も凄い映画でしたよね。

かなこ:全部ドッキリだったんですもん! 本当にびっくりした! 後から映画だって聞いたので、私たち的には「あれは映画だったのかな?」って感じです。

--最近になって、急激に認知度が上がってきましたが、戸惑いを覚えるところは?

有安杏果(ももか):戸惑いよりも嬉しさの方が大きいですね!

かなこ:ビックリの方が多いと思います! 私たち、毎年何回か全国ツアーをさせて頂いて、色んな地方をまわっているんですけど、最初の頃は数人しかお客さんがいないとか……。でも、今はたくさんのお客さんが待っててくれますし、たまにしか行けない所だと、前回から次までの間にどれくらい知ってもらえたのか、余計に実感できるんですよね。

あかりん:最初の頃は、例えば大阪でイベントをやっても、会場には東京のファンの方々がついてきてくれていたんです。つまり、目の前にいる方々が、そのままファンの人数だったというか。でも、今は待っていてくれるファンの方がいる。その場所に来るのを楽しみにしてくれている方がいることが、大きく変わったところですね。

--そうした周囲の盛り上がりを実感することは?

かなこ:ないですね! ただ、最近は「友達の友達がももクロのファンだよ」って言われることが多いんですよ。妹の友達とか、知らなかった人たちとか……。私は静岡出身なんですけど、最近はCDショップにももクロのCDを置いてもらっているし、コンビニでも曲が流れてたりするので、感動します! 私のお兄ちゃんも「この前、お店でももクロかかってたよ」って。

--街を歩き難くなったりは?

全員:全然ない!(笑)

かなこ:だって、お母さんに「オーラがない」って言われてますし……。

しおりん:もっと出してこう!(と両手を天に掲げる)

--オーラの出るポーズですね(笑)。また、ももクロはサプライズの多い活動も特徴ですよね?

あかりん:毎日がワンダフル! 本当に冒険のような毎日で……

かなこ:冒険? ツアーだ 青春だ~♪(と、『ピンキージョーンズ』を歌い出す)

あかりん:邪魔しない!(笑) 型にハマらないというか、「アイドルだから、こうするべき」っていう概念が、ももクロには存在しないんです。それに、「できない」って思っていても、やってみるとできちゃうこともありますよね。人間、やれないことなんてないんだなって、最近思います。

かなこ:ステージでも本当にこのままの感じで話してたりするし、振り付けにはコマネチとか変顔もあるし。“アイドルだから”っていうイメージに縛られていないというか、そういう世間のイメージを良い意味で壊していきたいんです!


Interviewer:杉岡祐樹
Page Design:佐藤恵