音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

JAMOSA 『SKY』インタビュー

アルバム
JAMOSA アルバム『SKY』

『SKY』
2011.05.11 RELEASE
[初回限定盤 CD+DVD]
RZCD-46801/B
3,465円(tax in.)

JAMOSA アルバム『SKY』<初回限定盤>を購入する

[通常盤 CD]
RZCD-46802
2,625円(tax in.)

JAMOSA アルバム『SKY』<通常盤>を購入する
01.何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那
02.もしも願いが叶うなら
03.BEAUTIFUL WORLD feat. KG & AILI
04.これ以上やさしくしないで
05.いつまでも
06.SKY IS THE LIMIT
07.ありがとう MY FRIEND
08.チェリー
09.小さな幸せ
10.ありがとう
11.BOND~キズナ~feat. 若旦那
JAMOSA 『SKY』 インタビュー

 絶賛ブレイク中のJAMOSAが何を想って『何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那』を歌い、このタイミングでニューアルバム『SKY』を発表するのか。今に悩みながらも懸命に生きている人々へのメッセージとして。また、JAMOSAというアーティスト像、人間像を本質的に知ってもらう為のインタビューとして。このテキストはご覧頂きたい。


--『何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那』大ヒット。レコチョクランキングで1位を獲得し、2011年2月度のレコチョクアワード月間最優秀楽曲賞も受賞しましたが、この状況にはどんなことを感じていますか?

JAMOSA:こんなにいろんな人に聴いてもらえるなんて……。今まで「ひとりでも多くの人にJAMOSAの歌を届けたい」っていう願いがあったんですけど、この曲を通してドリームを獲得したというか、より多くの人に聴いてもらうきっかけになりましたね。いろんなドアが開いて、みんなにJAMOSAのことを知ってもらうことができました。

--最初に1位獲得の報せを受けたときはどんな感じだったの?

JAMOSA:「まさか? 1位?」って感じで。ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の主題歌になったことが大きいんですけど、そのドラマが終わっても多くの人に聴いてもらえているので、楽曲自体も凄いんじゃないかなって思います。本当にレインボーみたいな楽曲で、毎日向き合う度に色が変わっていくんですね。歌っていても今日の自分の“何かひとつ”を思い浮かべさせてくれる。毎回新しい曲を歌っている感じがするので、私以外の人も「飽きない」って思ってくれているのかなって。

--あと、東日本大震災の後に、ラジオを聞いていたら元気を送りたいからって『何かひとつ』をリクエストしている人がいて。それだけ力を与えられる曲として受け止めている人がいることには、どんなことを感じる?

JAMOSA:Twitterとかブログとかmixiを通して私のもとにもそういうメッセージを頂いています。被災地の人たちから「JAMOSAの歌をボリュームを一番小さくしながら、それでも聴きたいから聴いています。それで勇気が出ます」みたいなことを言われると、どんなに小さくても伝わるものは伝わるんだなって感じる。被災地の状況って想像する以上のものだと思うんですね。分かろうと思っても分かりきれないほどの恐怖と戦ってる皆さんのことを考えると、本当に胸が痛くてしょうがない。でもそういうところで私の曲が少しでも心の支えになってるって聞くと「音楽をやり続けてよかった」って思います。

--東日本大震災が起きた3月11日には何をしていたんですか?

JAMOSA:私はオフで江ノ島に行っていたんですね。そしたら地震があって「津波が来るから、江ノ島から出ちゃいけません」「高台に上がってください」って言われて、状況がよく分からなかったんですよ。それで高台に避難したら、そこには子供やおばあちゃんもいて。みんな「あと何時間ぐらいここにいなきゃいけないんだろう」って、不安な気持ちでした。結局2時間ぐらいで津波注意報は解除されて、その後にニュースで東北で起きていることを知ったんです。私が避難している間に想像していた以上の状況になってましたね。

--前回、ハイチ地震被災地復興チャリティソングの話を聞いたときに、99年の台湾での大地震のときに悔しい想いをしたと話してくれましたが、今回の東日本大震災もそのときの状況と重なりましたか?

JAMOSA:そうですね。とうとう母国でも起きてしまったかって……。私、その地震の次の日にライブをする予定だったんですね。だから本当にいろんなことを考えさせられたし、あとは二次災害、三次災害で水が飲めなかったりとか、放射能の問題があったりとか、みんな苦しい想いをしているから、私も含めてみんな毎日いろんなことを考えてるんじゃないかなって。

--確かに、あの震災があって誰もが自分は何をすべきか、どう生活するべきか、考えたと思うんですが、JAMOSAはどんなことを考え、どうしていきたいと思いましたか?

JAMOSA:とにかくストップすることは良くないなって。1日でも早くみんなが立ち上がらなきゃいけないときに、私がストップしても何にもならない。とにかく歌い続けること。あとは私が出来る限りのことを絶対にこなしていきたいなって。時間がかかってもノンスパンでやっていきたいなって思ってます。ひとつずつやっていきたい。

--5月11日にリリースするニューアルバム『SKY』のキャッチコピーは「広い空の下、上を向いて届けたい歌。。。無限大の愛を込めてみんなの元に。」となっていますが、今作を発表する上で震災のことは意識しました?

JAMOSA:そうですね。このアルバム自体は震災前に作ったものなんですけど、元々『何かひとつ』も「男の人も女の人も子供もお婆ちゃんもみんな元気にしたい。背中を押したい」っていう気持ちを込めていたし、そうした想いは小さい頃からあったんですよね。今回のアルバム『SKY』にも「ポジティブに上を向いてほしい」って願いを込めているから、1曲1曲がエネルギーに溢れた曲になっていますし、それが皆さんを応援する音楽として届いてほしいです。


Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵