音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページに戻るニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧へ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

YUI 『HELLO~Paradise Kiss~』インタビュー

シングル
YUI シングル『HELLO~Paradise Kiss~』<初回限定盤>

『HELLO~Paradise Kiss~』
[初回生産限定盤(CD+DVD)]
2011.06.01 RELEASE
SRCL-7645/6
1,575円(tax in.)

YUI シングル『HELLO~Paradise Kiss~』<初回限定盤>を購入する
YUI シングル『HELLO~Paradise Kiss~』<通常盤>

[通常盤(CD)]
SRCL-7647
1,223円(tax in.)

YUI シングル『HELLO~Paradise Kiss~』<通常盤>を購入する
01.HELLO ~Paradise Kiss~
02.YOU
03.It's My Life ~YUI Acoustic Version~
04.HELLO ~Instrumental~
YUI 『HELLO~Paradise Kiss~』 インタビュー

--で、その映画のオープニングを飾った『HELLO~Paradise Kiss~』。もう聴いた瞬間にYUIはパラキスファンだって分かりましたよ。詞はもちろん、メロディもアレンジもあの世界をそのまま音楽化したような曲になっていて。

YUI:嬉しい! そうなんですよ。イントロのドラムとかも、モデルさんがランウェイや街中をすごく綺麗に歩いているイメージになっていたり、全体の印象としても甘いだけじゃなく酸っぱい部分もある。でもポップみたいなところを出したいなと思って。ピチカートを初めて入れてみたのも「パラダイス・キス」の世界観を意識したからですし。実際に今仰って頂いたような作り込み方をしましたね。あとは「情熱は手強い」っていうのもひとつのキーワードになっています。

--「そんなアタシだったら アナタ きっと嫌うでしょ?」というね、パラキスファンからすると思わずニヤついてしまうフレーズもありますが。

YUI:ありがとうございます!

--(笑)。このフレーズを使うのはYUIの中でマストだったんでしょうか?

YUI:そうですね。すごく素直な状態の気持ちを表しているなと思って。リアルで等身大の気持ち。そういう弱い部分もひっくるめてこの曲には入れたかったんですよね。で、そこから覚悟を決めたり、いろんなことを見つけながら成長して答えを見つけていくストーリーなので「そんなアタシだったら アナタ きっと嫌うでしょ?」はすごく大事なフレーズです。

--続いてエンディングテーマの『YOU』、こちらはどんなイメージを膨らませながら作っていったんでしょう?

YUI:こちらはクライマックスで使って頂けるということで、実際にそのシーンを観ながら、口ずさみながら作ったんですけど“ずっと忘れられないあなたを想っている”曲。“人を愛したらそれがすべてになってしまうこともある”そんなことを感じさせるバラードに仕上がっています。

--紫(ゆかり)と重なる部分もあったんですが「うつむいてられないでしょ?」というフレーズにYUIらしさを強く感じました。実際にはどんな想いを込めてこの言葉を入れようと思ったの?

YUI:実際にすごく力強い言葉として残るといいなと思って、最後に入れたかったんですよね。挫けそうになりながらも「うつむいてられないでしょ?」ってなるのは、何かの覚悟を決めた瞬間だと思うのでそこは表現すべきだなって。

--そんな今回のニューシングルなんですが、こうした映画の世界観に思いっきり寄り添う詞や曲の作り方って、新鮮だったんじゃないですか?

YUI:そうですね。ただ、すごく自然だったんです。自分の中にある感情と「パラダイス・キス」は共感できるところがたくさんあるし、スッと入ってきたんですよね。曲を作っているときも違和感が全然なかった。だから映画にすごく寄り添っているけど、自分らしさもしっかり入っているんです。

--少しだけ、シリアスな質問もさせてください。今、東日本大震災もあって、音楽の価値がいろんな意味で試されている時期だと思うんです。アーティストに限らず、あの震災があって誰もが自分は何をすべきか、どう生活するべきか、考えたと思うんですが、YUIはどんなことを考え、どうしていきたいと思いましたか?

YUI:本当に「何か出来ることはないか」いろんなことを考えたんですけど、今やれることをやろうと思って。支援物資とか募金とか節電とかそういうことはもちろん、こうして曲を作ってリリースすることもそうですし、映画も公開されれば、復興にも良い影響があると思うし。元気が無くなったり、落ち込んだり、いろんなことを考えたんですけど、やっぱり今出来ることを一所懸命にやって、元気に生きていくことが結果として繋がっていくのかなって。私は松山千春さんの「知恵がある奴は知恵を出そう。力がある奴は力を出そう。金がある奴は金を出そう。「自分は何にも出せない」っていう奴は元気出せ」っていう言葉ですごく元気になったんですよ。だから元気を出していく。それは全然不謹慎ではないと思うので。

--やっぱり音楽は届けていきたい?

YUI:地震直後はそんな気持ちには全くなれなくて。曲も書けないし、詞も書けないし「どうしよう?」ってなっていたんですけど、今は元気出して音楽をやっていくことが何かに繋がるんじゃないかなって思っています。

--また、YUIのライブにみんなで集まってはしゃぎたいですよね。俺、去年の武道館の帰り、すげぇ幸せな気分だったんですよ。あれをまた日本中の人に味わわせてもらいたいなって。

YUI:ありがとうございます。私もいっぱい笑って! みんなが元気に過ごしていけるようなライブが出来たらなと思いますね。

--では、最後に読者の皆さんにメッセージを。

YUI:同じ言葉を繰り返すようなんですけど、元気出していきましょう!

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵