音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

阿部芙蓉美 『町』インタビュー

アルバム
阿部芙蓉美 アルバム『町』

『町』
2011.08.24 RELEASE
FLCF-4401
1,800円(tax in.)

阿部芙蓉美 アルバム『町』<初回限定盤>を購入する
01.町
02.Birthday
03.空に舞う
04.その街のこども
05.私たちの望むものは
06.世界
07.ララバイ
Archive
阿部芙蓉美のアーティストページへ

 多くのシンガーソングライターが自身の感情や経験、思想を表現するのに対し、阿部芙蓉美はそのすべてを排除したがる。その上で「音楽と仲良くなりたい」と願う。そんな自分を自分でも説明できないと彼女は悩みながらも“大袈裟に飾り立てなくとも光る楽曲の創造”“出逢いなくして音楽は成り立たないという価値観”“阿部芙蓉美が曲を作り、歌っていく理由”など、音楽本来の魅力にも通ずる核心的な話をたくさん残してくれた。やはり彼女は面白い。

−−3.11直後のライブでは「3月はいろいろあったから、正直“歌をうたう”ってどんなことだったっけかなって……。すごくモヤモヤしたまま今日もここに来て。」と語っていましたが、あの頃はどんな精神状態だったの?

阿部芙蓉美:「静かにしてよう」って。それは静かにしていたかったのかも知れないけど、あんまり音楽がどうこうっていうことも深く考えなかったというか、考えるタイミングじゃなかっただろうし。だから本当はライブはちょっとお休みしようかなって思っていたんです。でも……やりましたね。ちょっと不思議だったけど、自分の中で。

−−ライブをするつもりはなかったのにすることになった。どういう気持ちで臨んだの?

阿部芙蓉美:個人的な「どうしよう?」とか「大丈夫なのかな?」みたいな気持ちは排除。排除する分、人前に出ていって歌をうたって演奏するっていうことが、一体どういうことなのか。そこへ意識は行ってて。だけどやっぱり人としてどうあるべきなのかを問うエネルギー、誤魔化さないエネルギー、そういうのを掻き集めてやってはいましたね。

−−実際、やり切ってみて何を思ったの?

阿部芙蓉美:自分のことはあまりよく分からないというか、あんまり考えなかったですね。その後にコトリンゴさんの演奏(ライブ)を聴いて、音楽の時間、音楽の空間に触れることができて「今日は来てよかった」と思って(笑)。やっぱり自分にとって音楽ってすごく影響のあるもの、エネルギーをもらえるものなんだなっていう風に確認できました。

−−どんな状況であれ、音楽あった方がいいじゃんと。

阿部芙蓉美:そうですね。なんかね、頭でっかちになり過ぎるのもよくないなって。いろいろあるにせよ、純粋に音楽がある空間は大事なんだなって思いました。

−−3.11があって「今まで歌ってきたことは間違ってなかった。このまま続けていいんだ」と思えた人と「このままじゃダメだ。今歌える曲がない」と思った人がいます。阿部芙蓉美の場合はどうだったんでしょう?

阿部芙蓉美:どちらもある。「震災前にこういうことが書けていたんだな」って思える曲も、歌う気になれない曲もある。だからこれから変わっていくのかと言ったら、そうじゃないと思うし。これからはあんまり登場しない世界観はあるかもしれないけど、それを永遠に閉じこめるようなことはしない。人間は起こった出来事や今置かれている状況に左右される。でもそういうことと音楽を結びつける必要も全然ないし。そう考えていてもいろいろと付いてきやすい時代だとは思いますけど。

−−響き方は変わりましたよね。あの日のライブは聴き手の感じ方としては、どうしたってドラマティックになってしまいました。歌詞も深い意味を持つし。それ自体は阿部芙蓉美の中でよろしくないことだったんですかね?

阿部芙蓉美:いや、良いんじゃないですか。それでどんどん肉が付いていって、変わっていって、それが人の栄養になるか毒になるかっていうのは読めないですけど。でもだからこそ安心して曲を書ける部分もあるし。まぁなるべく毒にはならないでほしいけど(笑)毒になっちゃったとしても人が生きていく上では必要なことかも知れないし。そのときはそのときで一緒に考えていけばいい。その為にもライブは大事というか、人と空間を共にする機会はすごく特別だと思ってます。

−−正直なところ、自分の温度が高くなっている感覚もありませんか?

阿部芙蓉美:関心があるかないか。知りたいことがあるかないか。そのどちらか、というか。最近はやっぱり「知りたい」と思うことが圧倒的に多すぎて、普段から「知りたい」ってなるし、ライブとか人前に立つときも「知りたい、知りたい」ってなる。そういう意識はすごく強くて。飢えてるまでは行かないにしても、知らなきゃいけないことがすごくあるのかな〜。あんまり見過ごしたくないなって。

−−何故にそんなに知りたがりになったんですかね?

阿部芙蓉美:前から「これはどういうことなんだろう?」って考えるのは好きだったんですよ。知りたいし、ちょっと人恋しいのかもしれない。ただ、いろんな物事と距離を置いてきたんです。少し引いてたり、傷付きたくないという気持ちの表れだったのかも知れないんですけど。その距離感がちょっと近くなったのかも知れない。今は引いてる場合じゃないのかなって。顔突っ込んで、煙たがられてもいいから「なんで?なんで?」「どうしたの?」とか言ってみたいのかも知れない。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵