音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

Do As Infinity 『黄昏』インタビュー

シングル
Do As Infinity シングル『黄昏』

『黄昏』
2011.11.16 RELEASE
AVCD-48250/B
¥1,500(tax in)

Do As Infinity シングル『黄昏』<初回限定盤>を購入する
01.黄昏
02.Tightrope Dancer
03.黄昏 -Instrumental-

 新作『黄昏』については勿論、3.11以降どんな心境の中でツアーを敢行し、自らの音楽やファンの姿に何を感じたのか。7年ぶりの野音ライブでなぜ亮さんは大暴れだったのか。2人は互いをどう思っているのか等々、全て本音で語って頂きました。

−−アルバム『EIGHT』を引っ提げた【Do As Infinity LIVE TOUR2011〜EIGHT〜】は、ふたりの中でどんな印象のツアーになりましたか?

大渡 亮:また今年もツアーができたということは喜ばしいことで。なかなかCDが売れない時代の中で、音楽を演奏する為に全国各地へ行く。それは体力的にしんどい時ももちろんあるんですけど、ミュージシャン冥利に尽きますね。

伴 都美子:お客さんとの距離感が近いライブハウスでたくさんライブができたのは、嬉しかった。個人的にも好きな空間なので、楽しかったです。

−−ただ、今回のツアー直前には東日本大震災がありました。3.11直後はどんな心境だったんでしょう?

伴 都美子:すごく複雑な心境の中で『誓い』のレコーディングを強行したんだよね。各々感じることはあったと思うんですけど。

大渡 亮:今年を振り返るときにあの出来事が衝撃的すぎて、いつもなら上手に記憶が折り重なっていっているはずなのに、バグが入ってしまったような感じで「あれ? 何やっていたんだっけ?」って思い出すのが至難だったりする。当時は何にもする気が起きなくなっちゃって、愕然としていましたよ。

伴 都美子:私も“バグる”っていう感じでしたね。自分たちは音楽をやっている訳だけど、スタジオにいざ入ってもノリ切れないこともあったり、だからって止まっていても……ねぇ?って思ったし。いろいろ考えましたし、考えさせられたました。音楽に向かう姿勢だったりを。

−−そこからどのようにして気持ちを前へ持っていったの?

大渡 亮:やっぱりね、塞ぎ込んでいても何も始まらない、ということだったと思うんですよ。当たり前だと思っていることが当たり前じゃなくなっていった1,2週間があったんじゃないかなぁ〜? 例えば、テレビのコマーシャルではACしかどのチャンネルも流れないとか。40年生きてきてそんなことはなかったし、空前絶後の大衝撃だったと思うんですよ。でも「スケジュールがここしかないからやるしかない」みたいなことで、自分を奮い立たせていたというか、それを繰り返していくことで冷静に物事を解釈したり、見たり聞いたり感じたりできるようになった気がします。被害こそ受けていないけど、精神的なものを取り戻すにはそういうことに頼るしかなかったのかもしれませんね。

−−伴ちゃんは?

伴 都美子:私も直接大きな被害に遭った訳じゃないですし、現地の人に比べたら私のショックなんて全然全然……。普段はひとりでいることが多いんですけど、親しい仲の友達と会って話して前向きになれたりしたし。あとは余計な情報を入れないとか。そして、やっぱりスケジュールをこなしていく内にいつもの感覚を取り戻せたのかなぁ。

−−ツアーの開催についてはどんなことを考え、最終的に開催を決断したんでしょうか?

大渡 亮:それは自分たちで決めるというよりは、所属している会社の判断に任せようと思っていて。で、会社も随分いろいろと考えたとは思うんですけど、結果としてツアーを廻ることができてよかったと思っているし、そのときの決断は間違いじゃなかったんじゃないかなって。自粛し続けて何かが生まれる訳でもないし。そういうときに怖いのは、大衆の目や声だけだと思うんですよね。それをどう解釈するか。何もかも自粛してお金も回らなくなって、どうにもならなくなってしまったら、復興支援ができないどころか、自分たちのメンタリティもやられてしまい、動けなくなってしまう。それは逆に本末転倒な気もするし。そういう音楽家として云々の前の部分について見つめ直す機会だったと思いますね。

−−それからどんなモードで毎回ライブへ臨んでいたんですか?

伴 都美子:私は友達と集まってフリーマーケットをやって、その売上金で物資を現地へ届けに行って、直にそこの光景を見たり、現地の人と喋ったりしていたんですけど、気仙沼かな? 高台にある神社みたいなところで、その地域の人たちが何かを歌っていたんですよ。その姿を見て「音楽っていうのは気持ちを潤すものなんだなぁ」とか、改めて考えさせられて。そういうこともあって、ツアーが決まって思ったことは……音楽で元気を届けたい。私はどこかでずっと信じているところがあるから。音楽で元気になったり、勇気をもらえたりすることを。だから絶望の中にいたとしても、ちょっとでも希望みたいなものを1ミリでも感じてもらえたら……いいなぁと。あと、あのような状況でも遠方から来てくれる人がいたり、1日の中の2時間、3時間を自分たちに使ってくれることが、今回のツアーは特に貴重に思えましたね。

−−Do As Infinityが継続……一度は解散しましたけど、10年以上にわたって活動してきて、多くの人をその音楽で力づけてきて。その2人があのタイミングでツアーをやって、今一度、日本中の人と笑ったり泣いたり歌ったりはしゃいだり出来たことには、すごく意味があったと思うんですよね。

大渡 亮:みんながうわぁぁぁ!ってなっている姿を見ると「やっぱり開催してよかったな」って思いますよ。

伴 都美子:自分たちの曲って“絆”や“希望”をテーマにしたものが結構多いと感じていて。そういう曲を届けてお客さんが喜んでくれるのは、単純に、純粋に「嬉しいな」って思います。

−−そういう意味では、実際にみんなと会えたことで、逆に2人が元気やパワーをもらえたところもあったんじゃないですか?

伴 都美子:それはもう毎回あります。

大渡 亮:演奏しながらもみんなの表情が見えるんですけど、凄いピュアネスに出会うんですよね。お金を払って彼らは観に来ていて、今このときを本当に楽しんでいるんだなって感じた瞬間、言葉にできないような、光のようなものを受け取れるんですよ。今回もやっぱりそれはありました。すごく胸が熱くなりましたね。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵