音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

シカゴプードル 『HISTORY I』インタビュー

アルバム
シカゴプードル アルバム『HISTORY I』

『HISTORY I』
2011.11.30 RELEASE
[初回限定盤:2CD+DVD]
GZCA-5237/8
3,675円(tax in.)

シカゴプードル アルバム『HISTORY I』<初回限定盤>を購入する

[通常盤:2CD]
GZCA-5239/40
3,150円(tax in.)

シカゴプードル アルバム『HISTORY I』<通常盤>を購入する
CD1
01.ODYSSEY
02.Hello
03.流星
04.No Regret
05.Fly 〜風が吹き抜けていく〜
06.さよならベイベー
07.Listen to my heart
08.ナツメロ
09.Twinkle Little Stars 〜星が降る町〜
10.愛燦燦
11.ネガポジ
12.one
13.If
14.Ebony & Ivory
15.Slow river
16.旅人
17.Love & free peace forever
CD2
01.ハレルヤ
02.夢
03.Is This LOVE?
04.ネオン
05.桜色
06.アイノタネ
07.PEACE!!
08.フワリ
09.京の小雪路
10.Cry
11.ブルームーン
12.Wondering
13.Baby my “Jenny”
14.one more time, I say “Love you”
15.オーレオ(自主制作盤オリジナル音源)
16.太陽は知っている(新曲)

 良質なポップミュージックを生んできた山下達郎やスキマスイッチの話も出しつつ、彼らが負けず劣らずメロディーマニアとして如何に素晴らしい楽曲を生んできたのか。改めて知ってもらう為の質問や提案をぶつけさせて頂いた。シカゴプードルはもっと評価されていい。


−−自分たちではシカゴプードルってどんなバンドであると感じていますか?

花沢耕太(vo,piano):僕らってもう11年ぐらいやっているんですけど、バンドを作ったときから「良いメロディーとは何か?」っていうのを考えて、とりあえず耳で聴いて10年、20年、30年と残る曲をすごく追求してきたというか。それは今回のベストアルバム『HISTORY I』を聴いて「ブレずにやってきたな」と改めて思いましたね。

山口教仁(dr):メロディーマニアですよね。花沢が一番拘っているのはそこなんで。で、僕らも一番そこを重視してずっと曲を作ってきたんで。シカゴプードルを一言で表すのなら“メロディーマニア”なのかなって思いますね。

−−では、逆に世間ではシカゴプードルってどんなバンドだと思われていると感じますか?

花沢耕太:……仲は悪くない。

一同:(笑)

辻本健司(b):多分なんですけど、ピアノのイメージもあって“真面目”じゃないですけど、“素直な良い子たち”みたいに思われてるんちゃうかな? だって、ウチの母親より年上のお客さんがいたりして、孫を見るような目で見てくれているんですよ。だからそういう風に見られているんじゃないかと。まぁ内実は全然違うんですけど(笑)。

山口教仁:“昔なつかしの味”みたいなイメージなのかなっていう。辻本くんが言ったように年輩の方もライブに来て頂けるし、結構「懐かしいね」っていうことも言われるんですよ。昔なつかし、でも安心できる味。そういうイメージなんかなって。世間的には。

花沢耕太:小学校2年生ぐらいの子に「シカゴプードルの良さは何?」って聞いたら、「懐かしいところかな」って言われたんで。

山口教仁:小2に!

−−(笑)

山口教仁:何歳の頃と比較して「懐かしい」言ってんの? その少年は。

−−でもあるんでしょうね。小2でも「懐かしい」と思う要素が。

花沢耕太:多分、知らん人が食べても「旨い」っていう味みたいな。そういう褒め言葉として捉えているんですけど。

−−どう思われる、見られるのがシカゴプードルの理想なんでしょう?

花沢耕太:今のところは性別や年代に拘らず、どの世代にも受け容れられてもらえるような音楽。良いものって僕はそうだと思うんですよ。で、ファンの人とかを見ていたら、小学生から50、60代の人まで幅広いので、それは自分らのやっていることとマッチしている感じがしますけどね。

−−シカゴプードルはかなり良質なポップミュージックをいくつも生んでいると思うのですが、意識としてはそういう音楽をひたすら届けていたいと。

花沢耕太:そうですね。ジャンルがジャズであれ、インストゥルメンタルであれ、ロックであれ、ポップスであれ、良いものには共通点があると思うんですよね。それが何かは具体的に言えないし、感覚でしかないんですけど。良いものは良いっていう感覚を僕は大事にしたい。耳で聴いて気持ち良い。そこをこれから先も追及したいし、それがシカゴプードルの核になるんじゃないかなと常日頃思っていますしね。

−−その音楽のクオリティや楽曲の人懐っこさからすると、シカゴプードルってもっと評価されていいバンドだと思うのですが、自分たちの中ではどうですか?

山口教仁:評価されたいですね!

−−(笑)

辻本健司:ずっとこうやって活動してきた中で、例えば「ワンマンライブをやりたい」とか「全国ツアーやりたい」とか、それがライブハウスで実現できたら「今度はホールでやりたいな」みたいな感じで、そのときどきで目標は立てていて。それをひとつずつクリアーしてここまで来ているんで、焦りがないと言えば嘘になりますけど、しっかりとやることをやっていれば結果は出るっていう自信もあるんで。次に目指すところへ行くにはこうやってベストアルバムも発表しますし、これから更に新しいシカゴプードルへ向かっていきたい気持ちはあるんで。……まぁ評価はされたいですけど。

一同:(笑)

辻本健司:でもファンの人は熱く、長く応援してくれているので、そこはホンマに嬉しく思っています。

花沢耕太:焦りはあるんですけど、そこに捕らわれるよりも「まずは良い作品を」って思うので。インディーズの頃は「この曲、もっともっといっぱいの人が聴いてくれたら、絶対売れるのにな」とか、そういう確信みたいなものがあったんですけど、その結果として結構「なんでやねん、なんでやねん」って悩んでしまって。根本である作品が書けなくなってしまったこともあるんで、そこに捕らわれていたらアカンなと。だからこのまま変わらずに良いものを目指して作っていくことが大事だし、その上で「絶対に僕らは行けるんだ」という想いを持っておく。そうすればいつか必ずもっともっと認知もされるようになると思っているんで。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵