音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

moumoon 『うたをうたおう』インタビュー

シングル
moumoon シングル『うたをうたおう』

『うたをうたおう』
2011.12.14 RELEASE
[限定盤 CD+DVD]
AVCD-48280/B
¥1,890 (tax in)

moumoon シングル『うたをうたおう』<初回限定盤>を購入する

[通常盤(CD)]
AVCD-48281
¥1,050(税込)

moumoon シングル『うたをうたおう』<通常盤>を購入する
01.うたをうたおう
02.マカロン
03.Chu Chu (FULLMOON LIVE SPECIAL 2011 中秋の名月 @中野サンプラザ Ver.)
※通常盤のみ収録
他 インスト2曲収録
[DVD収録内容]
01.うたをうたおう (video clip)
02.うたをうたおう (making clip)
03.Chu Chu (FULLMOON LIVE SPECIAL 2011 中秋の名月 @中野サンプラザ Ver.)
04.moonlight (FULLMOON LIVE SPECIAL 2011 中秋の名月 @中野サンプラザ Ver.)

 YUKA自ら「このうたをうたいながら、生きてゆこうと思いました」とまでの感想を述べた、今年最後のシングル『うたをうたおう』発表。これに合わせて、泣いて笑って悩んで奮い立って踊って歌って《生きていく》ということについて、moumoonの2人がエモーショナルに一切飾ることなく語ってくれた。読み終わった後、ホクホクする内容になっていますので、ぜひご覧下さい!


−−前作『Chu Chu』からガラッと印象の変わった『うたをうたおう』。このタイミングで今作を発表しようと思ったのは?

YUKA(vo):「今年最後のシングルをバラードにしたい」と思っていたんですけど、まずは「シングル用に」とかは気にせずレコーディングへ入ることにして。それで、今回の曲のデモをレコーディングの日に聴かせてもらい、演奏に合わせて「ラララ」で歌っているうちに「超イイ!」と思って、これはすごく良い曲が出来そうだなと。そこで「じゃあ、次のシングルにしようか」みたいな感じで、徐々にシングルの座を掴むことになっていったんですけど。

−−なるほど。

YUKA:でもバラードを作るのが久しぶりすぎて、気負っちゃうところもあるし、言いたいこともたくさんあるし、普段使っていないところ……ここらへん?

MASAKI(g,key):どこらへん(笑)?

−−左脳ってことですか?

YUKA:かなぁ? そこらへんを使いましたね。ちゃんと向き合うってことをこの楽曲がさせてくれた。その分、家から遠くまで歩いていって、ずっと何時間もこの曲を聴きながら。しかも夜ね(笑)。歩かないと歌詞が出てこないので、レコード会社からも歩いて帰ったりして。それで途中にMASAKIくんの家があるからちょっと歌入れてもいい?」って押し掛けたりとか。でも「やっぱりダメだ〜」ってまたそこから自分の家まで歩いて帰ったり。本当におなかの底が温かくなるようなパワーがある曲だと思ったから、その分だけ歌詞は苦労しました。

−−夜な夜な徘徊していた訳ですね。

YUKA:相当怪しかったと思いますよ。通りすがりの人とか「泣いてる!この人!」みたいな。「あ〜イイ曲だぁ!でも歌詞できない!」ってボロボロ泣いてたから。端から見たら心に傷を負った人に映っていたと思います。

−−今作の資料には、YUKAさんの言葉で「このうたをうたいながら、生きてゆこうと思いました」と書いてあります。

YUKA:「こんな感覚になるんだぁ」って思いましたね。私にとっては笑うこととか、泣くこと自体が“うたをうたう”ことそのものだったので、「うたをうたおう」という歌詞でサビが始まるようになったことが嬉しくて。最初、そこの部分は音から何かが伝わればいいと思っていたから「うわぁぁぁ」でも「うおぉぉぉ」でもよかったんですけど。

−−それはかなり画期的な曲ですよ。

YUKA:新しいですよね(笑)。ただ、ちゃんと「うたをうたおう」という言葉が楽器と一緒に、リズムと一緒に響きを成していたんですよね。それは偶然なんですけど、私にとっては「うたをうたおう」という言葉になったのはとても大事で。世の中には、うたが好きな人とか、うたよりスポーツが好きな人とか、いろんな人がいると思うけど、何かひとつ自分の心の光を消さずにいられるものがあるだけで「生きていけるわ、私」って思える。すごく不安だったり、悲しくてどうしようもないときでも、私はうたをうたっていると思うし。そんなことに『うたをうたおう』は改めて気付かせてくれた。

−−となると、この曲を発表する上で期待することは、リスナーにも同じく「生きてゆこう」と実感してもらうこと?

YUKA:「私も生きてゆこうって思いましたぁ!」ってならなくても大丈夫だけど、私はここらへんが温かくなるんですよね。おへその辺りが。その温かさって、プールで1km泳いだりとか、運動会の後とか、思いっきり泣いた後の感覚にちょっと似ていて、とにかく心がすっごく動くんですよね。その動きを感じ取って、お腹にお日様がある感じになってもらえたらなって思います。

MASAKI:自分は太陽というよりも、ぎゅーっとなる。お腹が痛い訳ではないんだけど。

YUKA:便秘?

−−(笑)。この曲は特に“生きる”というメッセージを感じ取りやすい曲だと思うんですけど、そもそもmoumoonの音楽の根底には“生活”に彩りを与えたい、という想いがあったんじゃないですか?

YUKA:うん、あります。一歩こっち行くとパラレルワールドですっごい楽しい世界になっている、みたいな。自分にとって、音楽に触れていたり、夢中になれている時間と現実はパカッと分かれていて、ずっと音楽側にいたいんだけど、現実にもいなきゃいけないこともある。だから気持ち良いパラレルワールドを作れる人たちでいたいなって。

−−言うならば『Chu Chu』だってそういう音楽ですよね。今回のシングルには『Chu Chu』のライブ音源が収録されていますけど、キラッキラしてるじゃないですか。音源だけでもハッピーなムードを感じ取れる。

YUKA:曲を作っているときはライブも想像するし、届ける相手のことも考えるんですよ。一度も会ったことがない人もいるんですけど。「ライブ行けたことないっすよ。来てくださいよ、北海道!」みたいな。だけど想像上でその人のことを考えて歌詞書いたりとかするから。

MASAKI:自分らの曲は、もちろんネガティブな言葉が入ってくることもあるんですけど、曲を聴き終わったときにはガクってさせないようになってる。切ない曲もあるにはあるんですけど、それも「ハッピーになってもらえるといいな」っていうところから生まれているので。だからあんまり破壊的なことはやりたくない。そこは変わらず、音楽でちょっとウキウキしたり、楽しくなってもらえたらなと。

YUKA:破壊的なことをしたくなったらどうすんの? MASAKIくんが。

MASAKI:俺が? まぁサウンドに関してはどうにでも捉えられるじゃん。言葉ですよ、やっぱり。

YUKA:歌詞に関しては、ハッピーエンドで終わりたいというポリシーはあるけど、そのハッピーエンドが嘘くさかったら元も子もなくて。「んな訳ないじゃん」みたいな感じになっちゃう。だから自分が聴いても共感できる。そういう風に導いていきたいんですよね、どんなストーリーも。


Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵