音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

鈴木亜美 『Ami Selection』インタビュー

鈴木亜美 アルバム『Ami Selection』インタビュー
アルバム
鈴木亜美 アルバム『Ami Selection』

『Ami Selection』
[限定盤(CD+DVD)]
2011.12.7 RELEASE
AVCD-38380/B
¥5,040(tax in.)

鈴木亜美 アルバム『Ami Selection』<初回限定盤>を購入する

[通常盤(CD)]
AVCD-38381
¥3,059(tax in.)

鈴木亜美 アルバム『Ami Selection』<通常盤>を購入する
01.love the island
02.alone in my room
03.all night long
04.white key
05.Don't leave me behind
06.BE TOGETHER
07.OUR DAYS
08.Don't need to say good bye
09.強いキズナ
10.Delightful
11.ねがいごと
12.Alright!
13.FREE FREE
14.Reincarnation
15.KISS KISS KISS

−−『OUR DAYS』なんて今の鈴木亜美にもピッタリですよね。あれから歩んだ人生がちゃんと反映されている印象を受けました。

鈴木亜美:そうですね。この年齢になって初めて「そういうものだよね」って人に伝えられる感じだけど、17歳の子がこれを歌っていたらすっごい可哀想な子みたいな!「どうしたの!?」みたいな(笑)。

−−あれはあれで良かったんですよ!

鈴木亜美:だから今振り返ると、凄いことを坦々と平気でやっていたんだなと思います。

−−また、機会があれば小室さんの作る曲を歌ってみたいと思ったりする?

鈴木亜美:思いますね。もしそういう機会があったら「作ってもらいたいな」と思います。やっぱり小室さんしか持っていないサウンド、味というものがあって。みんな「難しい」とは言うけど、私の中ではそれが当たり前のように染み付いているので、逆に居心地が良い。自分っぽいサウンドだと思っているから、また新しい曲でそれを味わってみたいです。今回のベストアルバムも、原点回帰するきっかけかもしれないですし。

−−2010年の【a-nation】で、小室さんが作った『THX A LOT』を出演者のみんなで歌ったじゃないですか。個人的には「鈴木亜美の出番が少なすぎるだろ!」と思いました。いろんな都合があるんでしょうけど「ちょっとちょっと、鈴木亜美だぞ!?」と。そこだけ気に入らなかったです。

鈴木亜美:(笑)。あれは1日しか私が出れなかったので。

−−だから今度はガッツリね。

鈴木亜美:アハハハ!

−−そんな小室プロデュース時代の楽曲をリニューアルしつつ、後半にはavex移籍後の音源を収録されていますが、その中間に『強いキズナ』を入れてあるのは感慨深かったです。自分の中でも『強いキズナ』なしに鈴木亜美の人生は語れない。そんな感じですか?

鈴木亜美:実はスタッフから「これは絶対入れた方がいいよね」って言ってくれたんですよ。それがすごく嬉しくて。私はそこは敢えて言わずにいたんですよ。もちろん大事な曲ですけど、ベストアルバムという意味ではシングル化されていないので。でもスタッフが言ってくれたその一言で「あ、仲間入りさせてくれるんだ」って嬉しくなりました。

−−長い活動休止期間があって、そこから『強いキズナ』でシーンへ戻ってくるときの心境って今でもよく憶えていますか?

鈴木亜美:全然憶えてますね。あのときが一番昨日のことのように思い出される。やっぱり忘れられないですよね。でも記憶にあるのってすごく良かったことだけで、作曲して下さった横山輝一さんの言葉だったり、あのタイミングで手を挙げてくれた勇気だったり。あとはネットでホームページを立ち上げた瞬間、一気にガーって届いたみんなからのメッセージだったり、嬉しかった一編一編が甦ります。一生忘れられない。

−−また、再始動させる為のファンの後押しもあった訳じゃないですか。それで鈴木あみ時代のベストや『強いキズナ』が出たりして。音楽シーンにはいろんなことがありますけど、なかなかない現象、ストーリーでしたよね。

鈴木亜美:そうですね。本当に何があるか分かんない時期だったけど、ファンの人たちが「応援することしかできない」ということで署名活動から何からってしてくれて。「ちゃんと良い形で何かを出さなきゃ」とは思いましたね。気持ちが救われた。

−−ファンの「応援することしかできない」が、ちゃんと形になって帰結することってあんまりないじゃないですか。それはね、ファンも凄いし、その期待に応えた鈴木亜美も凄いですよ。ちなみにあのターニングポイントがなかったら、自分はどうなっていたと思いますか?

鈴木亜美:全然違う私になっていたと思います。違う道を進んでいたんじゃないかな。何らかの形でこの世界に携わっていたかもしれないんですけど、ひとりではあそこまでの勇気は出せなかったと思いますね。ファンの支えがあったから「ここで逃げちゃいけない」と思えたし、「ここで私がダメだって思ったら、この応援してくれるファンの気持ちを裏切ることになる。だから辞めることはできない」って思ったし、またできるって信じるしかなかったですよね。

−−その『強いキズナ』から『Delightful』『ねがいごと』『Alright!』と、avex移籍後のナンバーへと続いていく訳ですけど、このブロックの選曲は悩んだんじゃないですか?

鈴木亜美:悩みました。avexに入ってからもいろんなジャンルやってるので。トランスやって、ポップスやって、エレクトロやって、ハウスやって。そのすべてを入れたいと思ったので、各ジャンルから代表曲をひとつずつ選んでいった感じですね。選ばれなかった曲には「ごめんね」と言いつつ。その作業をしながら「私はいろいろ泳ぎまくったんだなぁ」って思いましたね。あっち行って、こっち行って。

−−『FREE FREE』『Reincarnation』『KISS KISS KISS』は、DJとしての活動と並行して発表されていったナンバーですが、この時期も大きな転換期でしたよね。全く新しい鈴木亜美に挑戦していったじゃないですか。

鈴木亜美:音楽に違う形で興味を持てるようになったことは、私の中ですごく大きくて。それまで歌うことでしか携われなかった世界が、クラブミュージックをやったことでDJを始めて、音楽に触ることができた。そうやって今までと別の場面に立てることができたのは、すごく自信にも繋がったし、変な拘りも無くなりましたね。歌手だけではなくなったので、そういう意味ではすごく気がラクになりました。気持ちに余裕が生まれたことで、女優とか他の仕事にも積極的になれましたし。

−−このベストアルバム『Ami Selection』が20代最後のリリース作品になるんですかね?

鈴木亜美:そうですね!

−−そして来年2月9日には30歳。あみ〜ゴが30歳になるなんて誰が想像できたでしょうか。

鈴木亜美:本当ですよね。あの頃の自分は、30歳になるまでこの世界にいるとは思っていなかったんで。この流れが速い世界にはそんなにいられないと思っていましたし。早くて3年、長くて5年ぐらいかなって(笑)。

−−子供のわりには、意外とリアリストだったんですね(笑)。

鈴木亜美:だから今ここにいられるだけで嬉しい。しかも昔と変わらないファンがついてきてくれていて。なので、心の底から「ありがとう」って思える。

−−凄まじい30年間だったんじゃないですか? 我ながら。

鈴木亜美:濃いですね〜(笑)。15歳でオーディション受けて、もう人生の半分はこの世界にいますからね。本にしたら相当分厚いですよ!

−−どんな30代を送っていきたいなと思いますか?

鈴木亜美:30代は家族との時間だったり、プライベートも大事にしたいと思いますね。でも私の場合も仕事も生活なので、こんなに自然に仕事ができている人ってなかなかいないんじゃないかなと思うぐらいなんですよ。特に切り替えとか、裏表とかないし、本当に「幸せだな」って思うので。最近、親とかに「落ち着きが出たね」って言われるんですけど、それだけ安定してるんでしょうね。あと、30代は女性としていろんなものを勉強したい。着物とか、日本舞踊とか、そういう女性として身につけておくべきものを習いたいなって。

−−音楽的には?

鈴木亜美:私にしかできないようなイベントをやりたい。ライブあり、DJあり、演技あり、パフォーマンスあり、ちょこっとバラエティあり。それらをひとつの公演に収めたような、どんな人でも楽しめるようなものを作りたい。ちゃんと自分で演出も構成も考えて、形にしたいなと思いますね。音楽聴くだけじゃなく、ガハハ!って渡ってほしいし、我を忘れて踊ってほしいし、そういうことがすべてできるイベントなんて絶対楽しいなって思うんで、やりたいですね。

Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵