音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

BiS 『IDOL』インタビュー完全版

 過激でセンセーショナルな展開を繰り広げてきたBiSの頭脳 渡辺マネージャーを降板させるきっかけ、BiS変革の要因となったメンバー ゆっふぃーことテラシマユフ。今思えば、デビュー当時から様々な“距離感”を感じていた彼女だが、何故ここに来てブログで本音を暴露し、BiSの在り方を変えようとしているのか。

 ……それは、すべて渡辺マネージャー考案の“釣り”プロジェクトに乗じてのことだった訳だが(詳しくはこちら )、今回のインタビュー“完全版”に残された言葉は“釣り”を前提として語られたものではない。ゆっふぃーがストーカー気質であることも、ユケがきっかけで変われたことも、自分の全部が嫌いなことも、全裸で樹海を走りたくないことも、BiSにももクロに負けないスキルを持たせたいことも、マイナスを見せずにポジティブなところを見せたいことも、多くの人に知ってもらう為のアクションを起こしたいことも、渡辺さんが理解できないことも、リアルである。

 が、BiSが『IDOL』PVを公開するまで解禁できなかったラストシーン+αが存在する為、この“完全版”でもってお届けしたい。


−−実際のところ、ゆっふぃーはストーカー気質なんでしょうか?

BiS インタビューカット

ゆっふぃー:多分、そうですね。高校生のときに好きな人がいて。高2のときに同じクラスだったんですけど、高3で違うクラスになっちゃったから、その彼のクラスの時間割とかチェックして「何曜日の何限目はウチのクラスの前通る!」みたいな。フフフ!

−−笑って話していますが、結構怖い話ですよ。

ゆっふぃー:サッカー部の人だったんで、校庭を見て「今日いる」みたいな。基本的には何時に練習終わるとか、ちゃんと知っているんですけど(笑)! それを見計らって下駄箱に行くんです。タイムスケジュールはすべて把握していました。

−−さすがに後をつけたりはしないよね?

ゆっふぃー:ついてはいかな……あ、でも、偶然を装って、朝の通学の電車が一緒だったんで、時間を合わせたり。でも話し掛けない、みたいな。

−−ほぼアウトですね。

ゆっふぃー:アハハ! 困ったな(笑)。

−−プー・ルイ(リーダー)は「ファンの人にもソクバッキーですからね」と言っていましたが、私だけを見てほしい欲求は強い?

BiS インタビューカット

ゆっふぃー:うーん……強いかもしれない。でも私は好きな人をストーキングしても、付き合いたいとは思わないタイプなんですよ。見ていれば、幸せ。だから研究員(BiSファンの総称)さんのツイートとかも、見ているだけで幸せなんですよ。

−−健気ですね、と言いたいところですが、やっぱり不気味です。ただ、ゆっふぃーってそうした本性をデビューしてしばらくは一切見せなかったよね?

ゆっふぃー:余計なことを言って、BiSに迷惑を掛けるのは申し訳ないと思っていたから。インタビューとかで私がポロって言っちゃったことで、BiS自体が叩かれたりしたらマズイんじゃないかと思って、何も言えなかった。

−−BiSに入ってすぐ「辞めたい」と言ったそうですが、それはどうして?

ゆっふぃー『My Ixxx』のPVを観たりとか。あとは、最初のお披露目ワンマンライブの特典が“パンツにサイン”だったんですね。それで、私はそういうことに免疫がなかったので、このテンションでは続けられないぞと思って、お披露目する前に消えた方が良いんじゃないかと。もうその時点でレコーディングとかしていたんですけど、渡辺さん(BiSマネージャー)に電話して……。

−−辞めたいと。

BiS インタビューカット

ゆっふぃー:でも必死に止められて。それで、歌とかダンスをやっていきたい気持ちはあったので……あと、渡辺さんが「これからどんどん正統派に戻るから、大丈夫だよ」って言っていたから。

−−酷い嘘をつかれた訳だ。

ゆっふぃー:そのときは疑う気持ちを持っていなかったので(笑)。

−−BiSでデビューする前、ライブハウスで歌っていた頃はアイドルじゃなく「歌い手でいたかった」と言っていましたよね(BiS『My Ixxx』リリース時インタビュー)。

ゆっふぃー:ライブハウスで一緒にやっていた人たちはアニソンを歌っていて、私も歌ったんですけど、アニソンは曲自体で盛り上がるから、別にそれを歌うのが私じゃなくてもよかったんですよね。それが寂しかったから、オリジナルや普通のJ-POPとかを歌って。全然ウケなかったんですけど(笑)。あと、アイドルに関しては、モーニング娘。のオーディションが17才までだったりしたので、自分には無理だと思い込んでましたね。それで、アコギ部だったんで、ギター弾きながら歌ってみるのも良いなと思ったり……自分、ギター、超下手なんですけど。

−−ゆっふぃーの弾き語り、ちょっと聴いてみたいです。

ゆっふぃー:とてもじゃない(笑)。あと、演歌も好きなので、アイドルとしては年齢高いけど、演歌歌手だったらいけるかもと思ったりとか。いろんな方向性を考えていましたね。とにかく何でもいいから歌手になりたいと思っていた。

−−それなのに、BiSは無理と思ったんだ?

ゆっふぃー:BiSは想定外だったんです。スケジュールがすごくハードであるとか、ダイエットしなさいとか、そういうのは全然耐えられたと思うんですけど、BiSのやっていることは、それまで20年間生きてきた自分にとってあり得ない選択肢というか、ノリだった。だから心が折れましたね。

−−それに対して当然面白くないプー・ルイたちがいて。楽屋ではひたすら勉強するしかなかったみたいですね。

BiS インタビューカット

ゆっふぃー:そうですね。でも会話がないのは今も同じなんですよ。それがBiSにとっての普通の状態。でも加入当初はそれを知らなかったから、楽屋で同年代の女の子が4人(当時は現メンバー(プー・ルイ、のんちゃん、ゆっふぃー)以外にユケという特攻隊長がいた。2011年大晦日に脱退)も集まっていて、すごく静かなのは私がいて話しづらいからだと思って。本当は仲良いんじゃないかって。

−−本当は仲悪いんじゃないかと疑うことはあっても、仲良いんじゃないかって疑うことはあんまりないよね(笑)。

ゆっふぃー:ただ、あの時期は、私に対してみんなイライラしていたと思うし、私もどう接していいか分からなかったし、すごく空気は悪かったと思います。しょうがないから勉強していました。

−−でも、ゆっふぃーはどんどん積極的になり、ツイッターではファンとどんどんコミュニケーションを取り、全国各地のゆるキャラたちを手のひらで転がし、ステージではボーカルのソロパートはもちろんダンスパートも獲得し、ユケの専売特許だったダイブも繰り広げ、今やBiSにとって欠かせない存在になりました。何がゆっふぃーをここまで変えたんでしょう?

ゆっふぃー:うーん……多分、ユケさんと仲良くなったことが大きかった。メンバーの中でいろんなことを話せる人ができたから、そのノリで他のメンバーとも話せるようになって。あと、意外と突っ込んだことを言っても大丈夫だと気付いて、自分の好きなことや好きなものについて話せるようになりました。最初は、私生活は優等生じゃないのに(笑)優等生キャラを与えられたから、とりあえず大人しくしたり、自分なりに演じていたんですけど、だんだんそれを気にしないようになったのかな。


Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵