音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

たむらぱん 『new world』インタビュー

シングル
たむらぱん シングル『new world』

※クリックで拡大画像表示

『new world』
2012.05.23 RELEASE
[初回完全限定生産盤(CD+DVD+豪華パッケージ仕様)]
COZA-679〜80
3,150円(tax in.)
※ファン必需品!予約をオススメ!

たむらぱん シングル『new world』<初回限定盤>を購入する たむらぱん シングル『new world』

[通常盤(CDのみ)]
COCA-16587
1,260円(tax in.)

たむらぱん シングル『new world』<通常盤>を購入する
01.new world
02.ヘニョリータ
初回完全限定生産盤DVD収録内容:
・第1部 ドキュメント作品“tamurapan Special Program”
・第2部 “Premium Acoustic Concert in HIDA TAKAYAMA”

収録楽曲(2012.02.25 @飛騨高山 こくふ交流センターさくらホール)
01.しんぱい
02.ちゃりんこ
03.ファイト
04.ズンダ
05.ゼロ
06.白い息
07.空も飛べるはず (スピッツ カバー)
08.関白宣言 (さだまさし カバー)
09.アミリオン
10.ラフ
11.ノック

 たむらぱんメジャーデビュー5周年記念インタビュー敢行!

 インディーズ時代から今日に至るまでのストーリー、軽やかに生きる為の攻略法を提示する理由、本人史上最高の領域へ到達したというニューシングル『new world』、楽曲提供を行った私立恵比寿中学らアイドルとの相性などについて迫った。これを読まずにたむらぱんは語れない!


−−アイドルグループ 私立恵比寿中学の楽曲『結果オーライ』を制作。自身のブログで「めっちゃウケるよ。作ってて何だけど(笑)」と書いていましたが。

たむらぱん:先方のディレクターさんからお話を頂きまして。彼女たちは凄いですよね。あんなによく歌って、口が回って、なんでも対応できる。なので、すごくいろいろ詰め込んだんですけど、あまりにも変な部分は「いらない」と言われたので無くして(笑)。でも面白かったです。普段考えている流れとは別の思考というか、完全に私立恵比寿中学の楽曲として作った感じですね。ダジャレの知識をフルに発揮しました。

−−それは感じました。

たむらぱん:あと、楽しくてノリノリながらも、メッセージとまでは言わないですけど、言葉、歌詞としても成り立つような曲にはしたいなと思っていて。普通に聴いても楽しいし、真剣に聴いても楽しいものをイメージして書いてみました。

−−今、アイドルって何でもアリのエンターテインメントになってきてるから、音楽的にも遊び甲斐があるんでしょうね。常識をあまり気にしなくてもいいところがあるというか。

たむらぱん:そうですね。ずっとアイドルの曲は書いてみたかったんですよ。楽曲提供とかできる立場じゃない頃から「自分だったらこうするのになぁ」とか思ってましたし。だからアイドルの曲を作ること自体には何の違和感もなくて。ただ、アイドルの人たちって本当に難しいことをやっていると思うんですよ、曲の展開とかも含めて。だからどれぐらい行っちゃって、どれぐらい行かないのかを見極めるのは難しかったですね。

−−で、『結果オーライ』が3形態あるうちの[サブカル盤]に収録されるという。あれだけハチャメチャやってる私立恵比寿中学サイドから“サブカル”と判断された訳ですよね、たむらぱんは(笑)。

たむらぱん:ハハハハ! とりあえず[サブカル盤]は通常盤ということで、初回生産限定盤が無くなってもずっと残るのは嬉しい! あと、この前、ポップカルチャーとサブカルチャーの違いについて話していたんですけど、私が目指しているのはポップカルチャーだと思うんですよ。でも私なりのサブカルの捉え方って、ポップカルチャーは100人いたら100人が理解できるもので、サブカルは受け手の解釈によって反応はいくらでも違ってくるもの。それだけの隙間がある。だとしたら、自分が曲を作るときは、人が入り込む隙間を常に考えているつもりなので、サブカルにも通じるのかなって。……なんて自分なりに分析してみたんですけど(笑)。

−−たむらぱんがサブカルかどうかは別としても、自分でも「たむらぱんって相当面白いポップミュージック、やってるよな」的なことを思ったりしませんか?

たむらぱん:自分で「ここがすごくヘンです!」という風に提示はしないけど、なんか面白そうだなと思ってもらえるものは作れているのかなーって。

−−その特性を活かして、これを機にアイドル戦線へもぶっ飛んだ曲をガンガン放り込んでいってほしいです。そこからたむらぱんに興味を持つ人も増えると思いますし。Perfumeにおける中田ヤスタカや、ももいろクローバーZにおけるヒャダインのように。

たむらぱん:それはすごく思う……と私が言うのはおかしいんですけど(笑)。ただ、私がなんでアイドルに曲を書きたいと思ったかと言うと、田村歩美としてたむらぱんで出来ないことをやってもらいたかったからで。今の自分では歌えない言葉を歌ってもらったり。そういう意味では、自由度が高いし、振り切れるのかなって思う。あと、私の中では……もしかしたらアイドルの曲を聴く人もそうかもしれないんですけど、アイドルは代弁者的な部分が大いにあると思っていて。なんで私がアイドルにグッと来るかと言うと、自分にはもう無くなってしまった部分が出てたりするからだと思うんですよね。懸命なところだったり。その部分を代弁してもらったりしたい。

−−なるほど。

たむらぱん:あと、私なりのアイドルソングの作り方として、面白い展開って意識すればどこまでもいくらでも出来るなと思うから、そこはもちろん突き詰めたいんですけど、そういうのが無くなったときにも成立させられるメロディと歌詞。そこが絶対的に残せる曲を提供できたらいいなって。勢いだけで行ってしまわない感じというか。今回ミックスとかも立ち合ったんですけど、本当にすごく声出してるから、これはもっと残る言葉を歌ってもらわなきゃいけないなと思ったんですよね。

−−そちらの動きも楽しみなんですが、そんなたむらぱんの5周年記念シングル『new world』が完成しました。5周年ですよ、メジャーデビューしてから。どんな気分?

たむらぱん:私は「5周年」と言われて気付きました。なので、それぐらいの感じでした(笑)。

−−たむらぱんがウチに追われるようになってからは8年目になります。インディーズで発表した『人のいろは』から。で、そのアルバムのリード曲『シーン』を3月のツアーで披露してましたよね。

たむらぱん:ここまで活動してきて、それなりに音源も出していくと、自分の中でどんどん無かったかのようになっていく曲が増えてきて。そうした曲をこの5周年というのをキッカケにして陽に当てるというか、タンスにずっとしまっていたものをたまには日干ししようと。で、周りの意見もあって、たしかに良い機会だなと思って。個人的にも昔の曲好きですし。


Interviewer:平賀哲雄
Page Design:佐藤恵