音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

アリル 『Wait For You feat. KURO from HOME MADE 家族』インタビュー

シングル
アリル 『Wait For You feat. KURO from HOME MADE 家族』

『Wait For You feat. KURO from HOME MADE 家族』
2012.06.13 RELEASE
KSCL-2043
1,223円(tax in.)

アリル 『Wait For You feat. KURO from HOME MADE 家族』を購入する
01.Wait For You feat. KURO from HOME MADE 家族
02.サヨナラからの...
03.If 〜もしも二人が〜

 昨年ミニアルバムでメジャーデビューを果たした、平成元年生まれの大阪出身女性シンガー アリル(注1)がhotexpressに初登場!

 デビューに至るまでの苦悩、思い描いていたものとは違ったメジャーシーン、「初めて買ったCDがアリル、という小学生に出逢う」という心あたたまるエピソード。さらに、23歳ならではの葛藤や今後について etc...。彼女の明るさや健気さが反映されたインタビューとなっています。


−−まず、音楽を好きになったきっかけを教えて頂けますか?

アリル インタビューカット

アリル:家族が音楽好きだったので、物心ついたときから常に音楽が流れていて、音楽が側にあることが当たり前だったんです。目立ちたがりだったので、小さい頃はちょっとした段差があれば上って歌ったり踊ったりしてましたね(笑)。で、小学生のときにキッズゴスペルクワイアのレッスンを受けることになって、そこから漠然と「歌手になりたい」と思い始めたんです。100人くらいで一斉に声を出したとき、泣きそうになるくらい本当に感動して!

−−子どもの頃はどんな音楽を聴いてました?

アリル:父親から「チャカ・カーンとアレサ・フランクリンは神やで!」ってずっとすり込まれてきたので、ソウルやR&Bを聴いてましたね。モーニング娘。とか、安室奈美恵ちゃんとかSPEEDも好きでしたけど、一番影響を受けたのはR&Bとかソウルミュージック。とにかく洋楽が大好きでした。

−−プロフィールには“中学3年生で初めてステージに立った”と書いてありますが。

アリル:ある日、父親から「そんなに歌うことが好きなら出てみたら〜?」って軽い感じで、シンガーコンテストの応募ハガキをもらったんです。応募した人は全員出場できるようなイベントだったので、次の日に記入してポストに入れて。それで初めてステージに立ったんですけど、会場でイベンターの人と繋がることもできて、高校生になってからシンガーとして人前でライブをさせて頂けるようになったんです。

−−そして、大阪のクラブ系アーティストコンテストでNo.1に選出されたり、RYUKYUDISKOやHOME MADE 家族の作品へ参加。順風満帆に進んできたように見えますけど、挫折などはなかったんですか?

アリル インタビューカット

アリル:急に前に進んでいる感じが無くなった時期とか、ありましたね。最初は初めてのことだらけだから、何をするにも毎回新鮮で、少しずつだけど前に進んでいる感じがしていたんです。だけど、ある日突然、周りの景色もあまり変わらなくなって、急に止まってしまったような気がして。声の調子が悪くなったことも重なって、前に進んでいないどころか、後ろに下がってるんちゃうん!? っていう時期が2年くらい続きました。周りも「最初は勢いある子だったのに最近どうしちゃったの?」みたいな雰囲気になったりして、ひたすら悔しい日々というか、手ごたえもないし、かといって何もしないわけにはいかないし。その2年間は何をして過ごしていたか思い出せないくらい空白だった。

−−それはいつ頃ですか?

アリル:高校を卒業した後くらいですかね。人との関わりすら絶ちたくなるような時期で、友達が「元気?音楽頑張ってる?」って気に掛けてくれることすら、しんどく感じてしまうというか。家族とも、前まではみんなで音楽番組を観たり、音楽の話しで盛り上がっていたのに、音楽番組を観ること、音楽を聴くことすらも嫌になってしまったんです。そこからどうやって立ち直ったのかも覚えていないくらい、ただただ必死でした。ボーっとしていたような、忙しかったような。何も考えていないようで、ずーっと頭の中では何かがグルグル巡っている感じというか。

−−そうした苦悩を経て、2011年にソロとしてメジャーデビューを果たすわけですけど、デビューが決まったときの心境は如何でした?

アリル:デビュー前からプロの方とお仕事させて頂いていましたけど、いざ自分の作品を作ることになったときは、大変だと感じることの方が多かったです。「やったー!」って無邪気に喜ぶよりも、今まで感じていなかったプレッシャーや責任感みたいなものが一気に増えたので、悩んだり考えることの方が多くなりましたね。


Interviewer:武川春奈
Page Design&Photo:佐藤恵