音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 

絢香 インタビュー


OFFICIAL SITE
http://www.ayaka.tv/index.html
page 1 / 2 / 3 / 4

DEBUT SINGLE
I believe

2006.2.1 RELEASE
WPCL-10255
\1,000(tax in)
WARNER MUSIC JAPAN

01.I believe
02.夢のカケラ

03.I believe(Inst.)


SEARCH

絢香 レビュー
『I believe』
絢香 ライブレポート
【MTV Cool Christmas 2005】
Interviewer:平賀哲雄
 

 まだ迎えたばかりの2006年、早くも“今年最大の大型新人”と言ってしまいたくなる素晴らしい歌声の持ち主がここ日本にデビュー。その名は絢香 ayaka。デビュー前から日本の大きな媒体で特集を組まれたり、MTVアジア10ヵ国でリリース前の楽曲のミュージックビデオがパワープッシュされたりと、本人もなかなか実感を湧かすのが困難なほどのリアクションが世界規模で巻き起こっている。インタビュー本文で彼女も語っているが、大人っぽいとは言え18歳の絢香にとってそれはプレッシャーになることもあったようだ。しかし彼女は“I believe myself”という信念のもと、それをはねのけ、何にも臆することなく堂々とデビューを飾る。

−−今回デビュータイミングでのインタビューということで、デビューシングルについてはもちろん、このデビューに至るまでの歴史についてのお話しを聞かせていただきたいんですが。まずいろんなところで聞かれてると思うんですけど、絢香さんが音楽に目覚めた、歌うことの楽しさに目覚めたキッカケを教えてもらえますか?

絢香:幼いときからずっと歌うことは好きで歌ってたんですけど、音楽を聴き込むことにハマったのは小学校4年生のときにお母さんの影響で初めて洋楽を聴いてからですね。それで中学校2年生のときの文化祭でステージに立ち、人前で歌う悦び、聴いてもらう悦びを知って、そこで初めて“夢”がハッキリ見えたというか。


−−幼い頃は「いつでもあの子は歌ってるわ」みたいな感じだったんですか?

絢香:そうだったみたいですね。特に家の中ではうるさいぐらいよく歌っていたらしく。その姿を親が撮ったビデオがあるんですけど(笑)、とにかく歌うことが好きだったみたいですね。

−−どんな女の子だったりしたんですか?

絢香:とにかくうるさい子だったようですね(笑)。歌っている姿以外にも何本かホームビデオがあるんですが、それを見る限り、幼い頃は自分で自分のことを“あーちゃん”と言っていたんですけど、親が妹を撮ってると怒るぐらい「あーちゃん撮って!あーちゃん撮って!」って言ってて。すごく前へ前へ出てる子でした。自分が一番じゃないとイヤだったみたいですね(笑)。

−−(笑)。プロフィールによると、幼い頃にゴスペルの映画を観て、それが今のボーカルスタイルのルーツになってるらしいですね。

絢香:「天使にラブソングを」っていう映画だったんですけど、すごく衝撃を受けて。自分が歌っていく中で強く意識しているわけじゃないんですけど、自然と自分の中には入ってると思いますね。特にゴスペルを勉強したわけじゃないし、聴き込んだわけでもないんですけど、何回も繰り返し観ていましたね。

−−それ以外にはどんな音楽を聴いていたりしたんですか?

絢香:小学校4年生のときに初めて洋楽を聴いて、それはマイケル・ジャクソンだったり、ビートルズだったり、そういった有名なアーティストの曲をずっと聴いてましたね。バックストリート・ボーイズも好きだったし。そんな感じで好きなアーティストがどんどん増えていって、結構いろいろ聴いてましたね。どんどんどんどん広がっていった感じです。

−−先ほどお母さんの影響で洋楽を聴くようになったと言っていましたが、結構音楽好き一家みたいな感じだったの?

絢香:そうですね。みんなよく何かしら口ずさんでいるような。家事しながら母が歌っていたり、常に音楽は家のどこかで流れていたり、そういった環境ではありましたね。

−−そんな環境で育ちつつ、高校生のときに初めて仲間とバンドを組んでライブをしたそうですが、その頃っていうのはどんな音楽をやっていたんですか?

絢香:その頃はカバーばっかりやってたんですけど、「自分たちの好きな曲をやろう」みたいな感じでやってて。で、歌をとにかくいろんなところで歌ってみたかったし、聴いてもらいたかったので、ミスチルだったり、ドリカムだったり、大好きなアーティストや曲をとにかく歌ってました。ジャンルもバラバラで、メイヤの曲やMR.BIGの『トゥ・ビー・ウィズ・ユー』とか、ジャズのスタンダードナンバー『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』など、とにかく自分たちの好きな曲を自分たち風に楽しくやってましたね。

−−それでより「歌でやっていきたい」「音楽でやっていきたい」という気持ちが。

絢香:かなり強くなりましたね。ライブ活動をする中でどんどんどんどんその気持ちは大きくなっていったし、いろんな人に聴いてもらう度に“もっともっと”っていう気持ちが膨らんでいって。そのときは作曲にはまだ興味を持っていなかったんですけど、“歌う”ってことに関して大きく目覚めていきましたね。

−−ステージ上がると「これは気持ちいいわ!」みたいな?

絢香:そうですね。すごくライブの空気感だったり、お客さんの反応だったりが気持ち良くて。初めは単純にマイクの持ち方、使い方を追求していったりするのが楽しくて、それ以外にも一つ一つのことに興味が湧いて、今もライブは大好きですね。

OFFICIAL SITE
http://www.ayaka.tv/index.html
page 1 / 2 / 3 / 4