音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索


−まずは2004年から簡単に振り返ってもらいたいのですが、昨年はフジファブリックにとって激動の一年になりましたね。

志村正彦(以下S):そうですね、やっぱりデビュー年っていうのもあるし、激動のイメージはありますね。初めての事が多かったので、それに一個一個向かって行くというか、そういうのが多かったですね。まあそれは今も続いてますけど。

−では音源を中心に振り返って行こうと思うのですが、2月にプレデビュー盤『アラモルト』をリリースしました。この一枚はインディー時代の楽曲を再録した7曲が収録されていました。この中でも特に印象深い曲などありますか?

S:どれも思い出深いですね、『アラモルト』の曲は。

この一枚からフジファブリックはメジャーシーンに移っていった訳ですが、デビューが決まった時の思い出などは?

S:所謂“メジャーデビュー凄い!!”みたいのはまったくなかったですね。インディーズの頃にレコード会社の人がライヴを観に来て「もしかしてメジャーデビュー!?」みたいな話になった時はドキンとしましたけど(笑)。みんなするべくして動いているバンド、デビューするべくしていうより、デビューした以降に何をしたいかとか何をできるのかっていうのをちゃんと考えていたバンドなんで、そういう気持ちはなかったですね。

−その時に考えていた目標ややろうと思っていた事っていうのはどういう物ですか?

S:とりあえず自分たちの音楽をやるっていう。あんまり考えたくないんですけど、インディーズの頃は際立っていた存在のバンドがいたとしても、メジャーに行って音楽性が変わったりとか地味になったりとかするバンド、その人たちの方向性がよく分からないバンドって多いと思うんです。けどそういうバンドになりたくないなっていうより、フジファブリックはメジャーに行くにせよ新しい事をするにせよ、自分たちらしいもので自分たちがいいと思えるものだったらいいなって。そういう物を作っていけるバンドにと。

−シーンが変わる事で悪く変化する事はないという自信はありましたか?

S:ありましたね。それで変わるぐらいだったら、そんな大したものはなかったって事ですから。っていうような事を思ったりしながら今、必死にならないように頑張って(笑)。

−シーンを移してから1年程経ちますが、変わってしまう気持ちであったり流れに気付かれたりはしましたか?

S:そんなに無いと思うんですけどね。やっぱりその、メジャーデビューしてドカーンと売れたりした訳でもないですし。ホント、メンバーや周囲の人達全員が一歩一歩やっていってる感じが凄いしてるので、その点の不安は少ないですね。例えばフジファブリックの音楽はフジファブリックが勿論作っているんですけど、色んな人に聴いてもらったり意見を言ってもらったりとか、みんなで作ってる感じがするんですよね。そういうのがいいですよね。

−4月に発売した春盤『桜の季節』もそうした変わらないフジファブリックの良さが出てましたよね。昨年から今年にかけて季節に分けての、いわゆる“四季盤”4枚をリリースしました。こうした発想はどこから生まれたんですか?

S:これは季節ごとに出したいから曲を作ったとかじゃなくて、インディーズで出した曲もそうなんですけどフジファブリックの曲は季節感のある曲、といいいますか季節をモチーフにした曲が多くて。それだったら季節ごとに出せたら面白い活動が出来るんじゃないかなって。どうせ同じようにシングル、シングル、シングル、アルバムって出して行くんだったら、何かしら自分たちの面白さみたいな物を出せたらいいなって。

−フジファブリックの曲はどの曲も色がはっきりしているイメージがあるんですが、やはり季節にも色がありますよね。

 昨年メジャーデビューを果たし、その多彩な音楽性とノスタルジーを刺激する懐かしくも暖かい世界観で瞬く間に要注目アーティストの先頭に踊り出たフジファブリック。通称“四季盤”と呼ばれる4枚のシングル、そしてアルバム『フジファブリック』から感じ取れる懐の深さは、彼らがフロックではない事をそのまま証明し、更にニューカマーと呼ぶに相応しくないだけの音楽性で周囲を圧倒する程の名盤となった。そして6月、フジファブリックが次なるステージへと向かう事を宣言するかのように発売されたシングル『虹』にはどんな想いが込められているのか。『hotexpress』初登場という事で、フジファブリックの作詞作曲を手掛けるボーカル・志村正彦にその全容を語って頂きました!独特の語り口調と物腰で、淡々と語る彼の言葉、是非読んでみて下さい!

対談

フジファブリック
×
Yuki Sugioka


NEW SINGLE
「虹」

01.虹
02.ダンス2000

TOCT-4873
¥1,050(tax in)

2005.6.1 in STORES

フジファブリック オフィシャルサイト>
http://www.fujifabric.com/

このCDを購入、
または過去の作品を知りたい方は
こちらまで

フジファブリック


S:やっぱりそういう物を(前面に)打ち出して売っていくんじゃなくて、曲を作る時に・・・。作るっていうのはその時にピンときた物、感じた物しか書けない訳じゃないですか。そういう中で季節っていうのは凄い想像力、創作意欲を掻き立てられるものですよね、物を作るっていうのに繋がらなくても何にもしてなくても心が感傷的になったりとか。そういう季節っていうのが好きですね。

−また、GREAT 3の片寄明人さんのプロデュースもこの時からですよね。片寄さんからの影響や学べる事ってたくさんあると思うのですが、あえてひとつあげるとすれば?

S:心に来るもの、良い物を作ろうっていうのが凄い大きい方ですよね。やっぱりインディーズからメジャーに行くといい音で録りたいとか、より声の綺麗な感じで録りたい、演奏も安定しているのを録りたいっていうのがあるんですけど、そういうのはそういうのでいいんだけどとりあえず曲を聴いてぐっとくるものを作ろうっていう。フジファブリックの曲を作って片寄さんに聴いてもらって色んなアドバイスを受けた時に、その中でフジファブリックが悩んでたりすると色んなアドバイスをくれるんですけど、結局「心にくるものを作ろう、そういうのを作っていれば何でもいいんだ」っていうのを教えてもらった気がします。


−『桜の季節』は特にそうだと思うのですが、フジファブリックの器用で幅広い音楽性と、志村さんの詞にある不器用でちょっと後ろ向きな感覚との対比の面白さ、というのもフジファブリックの魅力のひとつだと思うのですが?

S:曲は色んな事というか、色んな刺激のある曲、様々なタイプの曲を書きたいなっていうのがあるんですけど、歌詞は普通に言って色んな事を言えるような、そこまでの人間じゃないっていいますか。歌をうたう時は自分が思ってない事だったりとか、リアルじゃない事っていうのはうたえない気がするんですよ、胡散臭いというか。自分っぽくないっていうのは一応うたえるんですけどこっ恥かしい。という訳で自分の歌える事とかワードを今探しているんですけど、自分らしく歌えるのが今の歌詞なんですよね。

−続いて7月に発売した『陽炎』ですが、この曲は志村さんの少年性が強く出た作品だと思いました。そもそも志村さんの少年時代というのはどういった感じでしたか?

S:ホントにもう何処にでもいる感じだと思うんですけどね。僕は生まれも育ちも山梨県なんですけど、僕は山梨県の感じが凄い出ていると思うんですけど、富士山の麓っていうか(笑)。たまにゲームセンターにいって自転車で友達の家に遊びに行って、たまに悪さをしてって、ホントに普通な。

−この曲をはじめフジファブリックの楽曲を聴いていると、志村さんにとって少年時代が輝かしい物だったのかなと感じるのですが?

S:ありますね。実際に輝かしいものだったのかは分からないですけど、やっぱり今の自分(勿論今、好きな仕事につけていると思いますけど)から見ると輝かしいものというか、憧れてるものというか。知り合いのミュージシャンの方とかと話をしてると、「戻りたくない」とかって言う人って結構いるんですけど、俺はもう戻りたくてしょうがないんです!今は今で凄く楽しいんですけど、やっぱりアレは二度と体験できないんだなって憧れがもの凄く強くて。

−その当時は音楽っていうのは?

S:まったく聴いてないですね。テレビで流れているのを聴く程度で。中3から高1くらいにかけて奥田民生さんの音楽を知って、「世の中にこんなに気合の入ってない音楽があってもいいのか!」って気になって聴いていたらその内にハマってしまいまして。民生さんが雑誌で「Sly & the Family Stoneが好き」って言ってたら実際に聴いて分析したりとか。

−民生さんのルーツを探って行く感じですよね。では音楽的な下地というのは民生さんの影響が大きいんですね。




S:勿論色んな方の影響は受けていると思うんですけど、フォロワーにはなりたくないですね。

−高校の時は民生さんのコピーバンドをやっていたと伺ったんですが?

S:自分で弾き語れるのとかも含めればユニコーンの楽曲はほぼ全曲やりましたね。

−因みにパートは?

S:ユニコーンのコピーバンドだったんでみんな歌うじゃないですか(笑)。なので僕は民生さんのパートを歌ってましたね。

−その頃のバンド活動は楽しいものでしたか?

S:何するにも楽しかったんですけど、今とそんなに変わってないっていえば変わってないですね。そうですね・・・、やる気のないメンバーを(笑)、やる気のないっていうかついてこないメンバー―――勿論、その時のメンバーはプロになる気もないんですけど―――、そういう人たちを引っ張っていったりとか。ホント今と変わらないですね。

−『赤黄色の金木犀』も非常に懐古的な世界観の楽曲となりました。季節に分けた4枚はどれもまったく異なったタイプの楽曲で、フジファブリックの底深さを感じました。この4枚では色々見せてやろうって意識などはありましたか?

S:あからさまに、奇を衒うくらいに別の方向性を見せて驚かせてやろうみたいな、そこまでのものはないんですけども、自分がリスナーになって聴いてちゃんと新鮮な響きを感じられるものを出していきたいなと思いますね。

−そして11月にアルバム『フジファブリック』を発売しました。このアルバムを制作する上でフジファブリックの集大成的な意味合いも込めていましたか?

S:集大成的なものはまだ考えてなかったんですけどその時のベストを、って自分たちでは思ってましたね。

−このアルバムはバラエティに富んでいて、正直「ここまで出しきっちゃって大丈夫なのかな?」って不安になるくらいに素晴らしい一枚でした。完成、発売した達成感などありましたか?

S:いや、あるかと思ったんですけどなかったですね。ライヴなど他の事で精一杯な状態だったんで、作り終えてアルバムの打ち上げとかも多分やってないんです。それくらいさらりと終わったアルバムなんで。まあ言ってしまえば『フジファブリック』に全然満足してなかったですね。その時の自分たちは出し切ったんですけどこれに満足してたらいい活動が出来ないんで、その次の事をすぐに模索していきましたね。

−『フジファブリック』で特に気に入っている曲などありますか?

S:そうですね・・・、『サボテンレコード』。気に入っているというか、突発的に出来た曲で作ろうと思ってなかった曲なんです。レコーディング入ったら何故かこの曲が出来ちゃった。そういうものって好きなんですよね。自分が家で頑張って曲を作って頑張ってバンドで合わせて作る曲よりも、ぽっとできて苦労も知らないで作った曲っていうのはそんなに思い入れがないようであるというか、凄いありがたい(笑)。

−虹が描かれたジャケットも印象的だったんですけど、こういった部分もメンバーからイメージを伝えたりしていくんですか?

S:そんなに言わないですね。写真なのか絵なのかとかっていう大まかな部分は伝えるんですけど、とりあえずデザイナーの方の意見を聞いて。自分たちで出すのもいいんですけど、とりあえず自分たちが作ったものを聴いてもらって出てくるアイディアを色々考えて行くっていうのが楽しい感じがして。だから出てくるアイディアには色々いいますね。

−それでは話を2005年に移したいと思います。今年はまず何と言っても2月に発売された季節シングル第4弾『銀河』。この曲は詞の部分で大きく変わった部分があるのかなと思ったのですが?

S:段々と、『フジファブリック』辺りからちょっと変わったのかなと。

−歌詞の世界観も今までより一歩前に踏み出したような、前向きな雰囲気があったと思うのですが、環境や生活に変化があったりしたんですか?

S:そこまでないですね。環境の変化はそこまでないんですけども、変化が欲しいっていう気持ちがあるんですね。変化が欲しいとか、曲にしてうたったりすると変化があったように自分で思える。そういうものをやってみたいんですね。

−この曲はPVもかなり面白い仕上がりになっていました。志村さんの中で特に気に入っているPVなどはありますか?

S:そうですね・・・、今のところどれも平行線を辿る、どれも頑張って作ったPVですね。インディーズの時の『花屋の娘』のPVでは今後やらないだろうという、演技を頑張っているPVでしたね(笑)。

−演技はもうやらないんですか?

S:やらないです!

−分かりました(笑)。それでは続いてライヴについて伺いたいと思います。今年の3月から4月にかけては「スプリングツアーネオマレルミン2005」を開催しました。この時の思い出などは?

S:俺、15歳の時から毎年すごい花粉症なんですけど、煙草を辞めたからか花粉症に殆どならなかったんです。去年は薬とか飲んでて何とかしてたんですけど、今年は「例年の何十倍」とか聞いてたんでヤバイだろうなって思ってたんですけど、全然大丈夫でした。って事は煙草がいけなかったのかなって。

−煙草を辞めた理由とかあるんですか?

S:色々あるっちゃあるんですけど無いっちゃないっていうか。色々見つめ直している時に、単純に「これは旨いのか?」とか、これ辞めれば幾ら浮くんだろうって。(去年の)11月は食う飯にも困るくらいお金がなかったんで(笑)。

−ボーカリストとしての変化などはありましたか?

S:よく分からないですね。あると思ったんですけど、ライヴとかでも煙草吸ってても調子がいい時はよかったんで。辞められたのはそういうのを煙草のせいにしなかったからだと思うんですよ。煙草辞めたから声出るとかあんまり考えなかったのが良かったのかなって。逆に吸いたければ1〜2本吸ってもいいってくらいのスタンスの方がいい。「一生吸わないっ!!」みたいにやると「最後の1本最後の1本・・・」てずるずる行っちゃうと思うし。




−なるほど。それではそろそろ6月1日に発売したニューシングル『虹』について伺いたいと思います。このシングルは季節の4枚発売後のフジファブリック第二章的な意味合いがあるのかなと感じたんですが?

S:そうですね。いつも思い入れが強いので個人的にはそういうものはあまり考えないようにはするんですけどやっぱりありますね、デビューして1年経ってアルバム作って季節盤も4枚作ってって。

−この楽曲は今までにないくらいストレートなトラックになりましたよね?

S:これは・・・、どうしてなんですかね?(笑) 単純に今回四季盤が終わってさあ次のシングルっていう候補の中のひとつなんですけど。他の曲ではなくこの『虹』がなったというのは―――この曲の雰囲気が示しているのかもしれないですけど―――、一歩前に進んで行く感じといいますか、そういうものを表したかったのかなぁ、と後付けで考えてます。

−この曲の歌詞も“とうとう踏み出す”というメッセージなど『銀河』に続いてかなり前向きな雰囲気がありますがその変化というのは?

S:これもやっぱり「踏み出したい」ですね、「今踏み出してます」というよりは。願望を歌っていればそういう感じになるんじゃないかっていう。だから逆にビビってるのかもしれないですよね、そろそろ動かないとマズいんじゃないかなって。

−なるほど。またこのタイトルの『虹』というのはフジファブリックのひとつのキーワードにもなっていると思うのですが、この言葉をタイトルにした理由というのは?

S:ホントに考えてなくて、たまたまですね。四季盤にもアルバムにもジャケットに虹が出ているんですが、全然繋げようとは思ってなかったですね。ただこう、曲中にも「虹が空で曲がってる」って言葉が出てきてて。

−フジファブリックの曲名って、カップリングの『ダンス2000』もそうなんですけど仮タイトルっぽいものが多いですよね。

S:ありますね。『TAIFU』とかも仮タイトルそのままですし。歌詞の内容は全然関係ないけど、恐らく台風っぽい過ぎ去ってく感じというか(笑)。

−『虹』は発売前のライヴの時からかなり反応がいい楽曲でしたよね。

S:通常、音源になっていない状態でライヴで演奏すると、キョトンとした人だったり真面目に腕組んで聞いているお客さんが多いんですけど、何か初めからお客さんもノリノリの状態でしたね。

−またこの曲は基本的にはふたつのパートのリフレインで続いて行くんですが、その中でベースラインが変化したりとフジファブリックらしいこだわりを感じる事ができました。この楽曲を作る上で意識した事などありますか?

S:曲は結構直感で作ってるんですけど、今までは考えるところもあったんですね。やっぱり上物が3人(ボーカル、キーボード、ギター)いますし、ベースとドラムも普通な事はしたくないっていうのがあって神経質に色々詰めてたんですけど、『虹』はメンバーそれぞれが想うところはあるのかもしれないですけど、下手に決めすぎないといいますか。カウントをとったら後はその場の雰囲気でって。

−結構ラフな感じがありましたよね。こういう楽曲は今後フジファブリックのスタンダードになり得たりするんでしょうか?

S:ん〜、でもこういうのはもうやらないと思いますね、やっぱり。

−一度やった事は二度とやらないっていうのはあるんですね。

S:そうですね、色んな事に挑戦していきたいですね。

−それではカップリングの『ダンス2000』についても伺いたいのですが、この曲はプレデビュー盤の『アラモルト』に収録された楽曲です。この曲を改めて収録した理由は?

S:この曲はインディーズ時代からあった曲で、ライヴでも毎回やってたような曲で。段々と曲がよくなってきたんですね。そういうライヴでやってきた流れもあって、いつかもう一度出したいなと思ってたんです。インディーズ盤『アラモルト』には入ってるんですけど、持ってる人があんまりいなかったんで「じゃあもう一回出してみるか」って。

−この曲は再録されたそうですが、改めてレコーディングしてみて変わった印象などありますか?

S:やっぱりその曲の芯の部分、「これを聴いてくれ」って部分がようやく一緒になった感じがしますね。上物はちろちろちろちろ色んな事やるんですけどそういう事は置いておいて、リズムの気持ち良さであるとかをようやく追求してやりました。

−また『ダンス2000』には「踏み切れないでいる人よ」という歌詞がありますが、この曲の歌詞の世界観と『虹』との対比も面白いですよね。

S:やっぱり2000年に作った曲という事で(笑)、新旧のフジファブリックが見えそうですね。

−このシングル『虹』は志村さんの中でどういった一枚になりましたか?

S:まあ曲の中にもあるようにスタートのきっかけになるような曲になってるとは思いますね。新しい一歩になるような。

−分かりました。そして6月末からは「フジファブリック TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005」がスタートします。このツアーは初のワンマンツアーとなる訳ですが、その意気込みなどは?

S:楽しむっていうのが一番ですね。一回一回その日にしか出来ないライヴ、再現不可能なライヴをしたいですね。ちょっと堅い言い方をすると自分に負けないように頑張るというか、自然にプレイしたいですね。

−『銀河』『虹』と進化し続けるフジファブリックが次に発表する音源もかなり期待してしまうのですが、今後の目標などはありますか?

S:自分らしい事はやっていきたいですよね。大きな事は歌えないというか、大きな世界観を出す事は出来ないんですけど、自分に合った曲、例えば自分が言える次元だと思った事、自分に合ったものを歌っていきたいですね。

−なるほど。具体的に2005年にやってみたい目標などは?

S:曲のストックをたくさん作っておきたい(笑)。最近少なくなってきちゃったんで。奥田民生さんは「おならをするように」曲を作るらしいんですね。それくらい作ってみたいですよね。

−それでは最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

S:フジファブリックは新しい刺激を求めて行きますので、是非それを味わって頂ければと思います。


Interviewer:杉岡祐樹