音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 

フジファブリック インタビュー

ALBUM
『FAB FOX』

2005.11.09 RELEASE
TOCT-25847
\2,500(tax in.)
TOSHIBA-EMI

01.モノノケハカランダ
02.Sunny Morning
03.銀河
04.唇のソレ
05.地平線を越えて
06.マリアとアマゾネス
07.ベースボールは終わらない
08.雨のマーチ
09.水飴と綿飴
10.虹
11.Birthday
12.茜色の夕日






レビュー
FAB FOX
インタビュー
『虹』
ライブレポート
【TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005】
 
Interviewer:杉岡祐樹
Photo:小山敦
−−『虹』以来のインタビューとなる訳ですが、その後に行われた【TOUR RAINBOW OF SUMMER 2005】はどうでしたか?

志村正彦:ワンマンでツアーするのは初めてだったんで楽しかったですね。もちろん課題も見えたんですけど、色んな所に実力がついてきているなって思えましたし。課題としては曲をただやるだけっていうのじゃなくて、その会場々々でしかできないステージを作ろう、思い出を作ろうっていう感情が芽生えてきましたね。

−−9月にはシングル『茜色の夕日』を発売しました。この楽曲はプレデビュー盤『アラモルト』などにも収録されていた過去の楽曲ですよね?

 
志村:この曲を作った時から、メジャーでシングルとして出したいって思ってたんですけど、インディーズの頃はシングルも出せず、ミニアルバムしか出せなかったんで。だからやっと今回、やってみたかった事が、というか収めてみたいって思うところができましたね。

−−今回新録という事ですが、改めて演奏してみて昔との違いを感じた所は?

金澤ダイスケ:歌を聴くようになりましたね。もちろん以前から聴けてはいたんですけど、例えば歌詞を含めてとか、そういう部分で今回の方が感情移入出来てるなと思います。

志村:細かい演奏のアレンジでどうこうっていうより、歌詞から感じた今の気持ちとか、聴いた時にどう感じてもらえるのかっていう事を考えました。もちろんレコーディングとなれば音はシビアに考えるんですけど、メッセージとかその曲から出てくる物を見据えての作業ですよね。本来の意味での音楽に近くなってきたのかな。

−−『銀河』『虹』とそれまで抜けのいいサウンドと前向きな歌詞が特徴のシングルが続きましたよね。比べて『茜色の夕日』は過去の音源という事もあって、その時の志村さんの感情が反映された楽曲に仕上がっていました。そこでの違いというのは?

志村:作ったばっかりの頃は思っている事を曲に書いてただけなんですけど、シングルで出したいなって思って前のバージョンの『茜色の夕日』を聴き直してみたら、いやに沁みてきたといいますか。18歳の頃のあの感じは出せないですけど、同じ歌詞でも自分の中で全然意味合いや捉え方が変わってきて、東京にきて6〜7年経つ今でしか歌えない感じ、というのを曲にしてみました。この曲は代表曲と言われるくらいずっとやってきている曲なんで、これで一区切りするといいますか、落ち着けたいという気持ちもありましたね。まだ大人になりきれていない所はもちろんあるんですけど、18歳の頃から変わっていこうかって、そういう雰囲気は見せれたんではないですかね。

−−そのひとつの区切りというのはバンド全体の意識としてもあったんですか?

金澤:例えば自分は最初からバンドにいた人間ではなくて、初めて聴いた曲がこの『茜色の夕日』だったんですね。耳コピで覚えてバンドで合わせてって所からスタートしているんで、自分にとってもスタートの曲なんです。それを改めてこの時期に録れるというのは、昔の自分に照らし合わせてみたいな所はありますよね。

−−その時と今の自分で、一番変わった所は?

金澤:前よりも色々と広く見えるようになったかな。理由は・・・、歳とったからかな?(笑)。

 
志村:ミュージシャンになりたくて決意の上京をした訳ですけど、言い方が堅いですけど孤独だったりしたんですよね、東京は。ホームシックになったりしましたし。でも今は東京の中での自分の場所、それはバンドの中での自分でもありますけど、ずっと住んでる今の家があって、色んな所に行ったりしても帰る場所がある、落ち着ける場所がある。それだけでも違いますよね。

−−なるほど。10月にはbloodthirsty butchersやTRICERATOPSとのスプリットツアーも行いました。対バン形式のツアーとなった訳ですがこれは?

志村:普通のイベントと違ってですね、ワンマンツアーをやる前にスプリットツアーをやっておきたいな話になりまして。だからイベントで偶然一緒になるバンドというより刺激しあってるというか、リスペクトしているバンドと回りたいと思いまして。

金澤:どちらのバンドもそれぞれに、もの凄い刺激があって楽しかったですね。志村が今までで一番楽しかったツアーといっているんですが、正にそんなツアーでした。楽屋の雰囲気も楽しくて色んな話をしましたし、(TRICERATOPSの)和田さんが楽屋でずっと、ギターを弾きながら歌っていたのが印象的でしたね(笑)。

−−なるほど。それでは11月9日に発売となりますニューアルバム『FAB FOX』について聞いていきたいと思います。今回このタイトルを付けた理由は?

志村:なりゆきって言ってはアレなんですけど(笑)、レコーディングが終わって曲が揃ってですね、その音を踏まえてジャケットをどうするかデザイナーの人と話してたんですけど、その中で「ジャケットの中に動物を出したら面白いんじゃないか」って案が出まして。どういう動物がいいかなって考えていた時に、このアルバムには色んなタイプの曲が揃っているイメージだったのでキツネとかどうなんだろうって話になって。その後、タイトルを決める時に、ビートルズのあだ名であるファブ・フォー(※1)、それに“フジファブリック”の言葉もちょっと入れつつ、ビートルズに対向して(笑)“FAB FOX”がいいんじゃないかって感じで決まりましたね。

−−今作の制作期間というのは?

金澤:今回は結構長いんですよ。ただその期間ずっとスタジオに入っている訳じゃなくて、ツアーやフェスもあったんで、その合間を縫って作っていったんです。前作『フジファブリック』は1ヶ月くらいでまとめて録ったんですけど、その時とはまた違った精神状態で出来たなと思います。

−−制作過程における前作との違いというのは?

志村:前作ももちろんいい物は作れたと思うんですけど、『フジファブリック』はGREAT 3の片寄明人さんとの共同プロデュースで作っていったんですが、今作『FAB FOX』はセルフプロデュースなんです。でも前作も共同プロデュースだったんで他人任せにはしてなかったし、そんなに違いは無いと思うんですけど、今回は色んな事を自分たちで勉強して分かってみたいなって思って。例えばエンジニアの方の人選であったり曲のアプローチ、曲を作っていく中で―――もちろん夢中になってしまう自分もいるんですが――― 客観的に見れるようになっていったりとか。そういう事が大きいですよね。

−−客観的になった事で見えてきた物などありますか?

 
志村:そうですね・・・、結構妙な事やってるな、とは思いますね(笑)。音楽を始める時は色んな素晴らしい人がいて色んな素晴らしい音楽があって、それに感動したりして「そういう音楽って凄いな」って思うんですけど、いざ真剣に考えてみると「ここの歌詞はちょっと自分と違うな」「自分だったらこういう音で作るんだけどな」っていうのがありまして。それを実際にやってみたいって事でミュージシャンを目指したんですけど、やっと自分がやりたかった事が出来てきたというか、色々面白い事に挑戦しているバンドなんじゃないかと思うんですけどね。



※1 ファブ・フォー・・・あのビートルズをさして使われた“素晴らしい4人組”という意の愛称。〜本文へ戻る
OFFICIAL SITE
http://www.fujifabric.com/
page 1 / 2 / 3