音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

福原美穂 インタビュー

次のページへ
  アルバム
『RAINBOW』

2009.01.28 RELEASE

[ 初回限定盤(CD+DVD) ]
SRCL-6936
〜SRCL-6937 \3,500(tax in.)


1. CHANGE
2. ANYMORE
3. Lose Control
4. 雪の光
5. Everybody Needs Someone
6. ON TOP OF THE WORLD
7. ひまわり
8. LOVE ~winter song~ (album version)
9. Getting There
10. ドリーマー
11. ICE & FIRE
12. 優しい赤
 
  [ 通常盤(CD) ]
SRCL-6938 \3,059(tax in.)



 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:梅原直也
   
 
 
   
   2008年、メガトン級の実力派大型新人としてメジャーデビューを果たした福原美穂が、2009年、待望のファーストアルバム『RAINBOW』をリリースする。今作は、強さも弱さも笑顔も涙も虹色の音楽にして解き放った、彼女の生き様が感じられる一枚だ。彼女が何を見て、何に触れて、何を感じて、どんな想いを巡らせながら、この音楽的にもメッセージ的にも有意義な作品を完成させたのか。本人に語ってもらった。
 
−−とうとうファーストアルバムのリリースです。メジャーデビューが決まってからここに辿り着くまで多くを経験してきたわけですが、今はどんな気分?

福原美穂:ファーストアルバムが出るという状況はすごく嬉しいんですけど、制作が終わっちゃって寂しい気持ちもあって。もうスタジオに入りたくて仕方ない。1曲1曲に没頭して作り込んでいたので、終わってしまったときに「あ、もうレコーディング終わっちゃったんだ」って切なくなって。スタジオに行ってない自分が変な感じなんですよ。ここ1年ぐらいずーっと制作をやっていたもので。

−−そうして完成したアルバムにはどんな印象や感想を?

福原美穂:1曲1曲に対して思い入れもありますし、曲としてすごく強いものが並んだなって感じてます。歌詞を完成させるのが大変な曲もありましたし、3年前にチャレンジして歌えなかった曲にもう1回チャレンジしたりもしましたし、もう全部が大切なアルバムですね。あと、このアルバムを聴きながら「今度はコンセプトを持って作ってみたいな」とか「こういうものに挑戦してみたいな」とか、次への想いが早くも強くなってます。早くスタジオに入りたい(笑)。

−−アルバムのタイトルを『RAINBOW』にしたのは?

福原美穂:由来はL.A.で見た虹なんです。デビュー曲『CHANGE』のPV撮影に向かう車の中から虹が見えたんですよ。現場に着く10分ぐらい前に。そこからだんだん空が青くなっていって。その場で一緒だったスタッフも笑顔になっていって。おかげで撮影も順調に進んで、最終カットの撮影が終わったと同時に雨が降ってきたんです。すごいミラクルな感じで。それで、虹が私の中で幸せの象徴というか、何かを起こしてくれる象徴的な存在になったんですね。だからそのときから“RAINBOW”というワードはいつか使おうと。

−−では、その収録曲について触れていきたいんですが、まず『CHANGE』。この曲をこの位置に持ってきたのは?

福原美穂:理由を説明するのは難しいんですけど、『CHANGE』は一番最初しかないなと思っていて。デビュー曲というのもありますし、L.A.で奇跡を起こしてくれた曲でもあるし。この曲が持ってるパワーや勢いは1曲目が一番相応しいんじゃないかなって。

−−この曲でメジャーデビューを飾って、これまで数え切れないほど歌ってきてると思うんですけど、今自分の中でどんな曲に育っていっていますか?

福原美穂:やっぱりライブでこの曲をやると私自身も上がりますし、重要な曲ですよね。あと歌ってくれる人がすごく増えた曲で。この曲のあとに『ひまわり』『優しい赤』『LOVE〜winter song〜』とシングルを出してきて、いろんなタイミングで私の存在を知ってくれた人がいると思うんですけど、みんな『CHANGE』は知っていて一緒に歌ってくれる。それはすごく嬉しいし、そういう意味では心強い曲に育っていったなと思いますね。

−−福原さんはこの曲で「世界を変えるわ」と力強く歌い放っているわけですけど、今でもその想いというか、熱みたいなものは変わらない?

福原美穂:その気持ちがないと歌はうたえないと思ってます。あと、この曲はレコーディングがデビュー前だったんですけど、今聴いても強いなって自分でも感じますね。すごく強い曲。

−−この『CHANGE』を歌ったり聴いたりすることで、何度も自分を奮い立たせてこれたところはありますか?

福原美穂:そうですね。どんなときにこの曲を聴いてもデビュー前の勢いみたいなものを思い出させてくれる。デビューしてから勢いだけではダメなこともちょっと学んだんですけど、でも勢いって気持ちに繋がっていくものだからすごく大切なんですよね。それを聴く度に思い出させてくれるのが『CHANGE』ですね。
PAGE1 何かを起こしてくれる象徴的な存在
PAGE2 傷付け、傷付けって思ってます(笑)。→
PAGE3 いろんな人に聴いてほしいなぁ→  
福原美穂 OFFICIAL SITE  
 
http://www.fukuharamiho.com/   PAGE2へ  

福原美穂 ページトップへ戻る