音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

GRAPEVINE インタビュー

PAGE2へ PAGE3へ PAGE4へ PAGE5へ
   
  アルバム
『From a smalltown』


2007.03.07 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
PCCA-02396
\3,465(tax in.)
[通常盤(CD)]
PCCA-02397
\3,150(tax in.)


01.FLY
02.ランチェロ'58
03.スレドニ・ヴァシュター
04.smalltown, superhero
05.I must be high
06.ママ
07.COME ON
08.インダストリアル
09.指先
10.FORGEMASTER
11.棘に毒
12.Juxtaposed

DVD(初回盤のみ)
01.FLY(PV)
02.指先(PV)



 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
   
 
 
 

 デビュー10周年。かつては、UKロックの影響を受けた日本のバンドとしてムーブメントの中のひとつとして見られていたGRAPEVINEだが、今や誰にもマネできない、誰にも近づけない唯一無比なロックバンドとして、そこにドッシリと存在している印象を受ける。が、出てくる作品は、枚数を追う毎により強靱なロックンロールのグルーヴを生み出しており、どこまでも突き進んでいきそうな勢いを感じさせ続けている。今回は、そんなGRAPEVINEの顔・田中和将に初めてのワンマンインタビューを敢行!ニューアルバム『From a smalltown』についてはもちろん、今のGRAPEVINEに辿り着くまでの歴史に迫った。


−−ニューアルバム『From a smalltown』聴かせて頂きました。一言で言って、毎回同じ感想しか言えないんですけど、カッコイイアルバムが出来ましたね。

田中和将:ありがとうございます。

−−自身では、今作『From a smalltown』の仕上がりにはどんな印象や感想を?

田中和将:2006年を丸々使ってしまったアルバムですね。アルバムとしてまとめて聴いたのは年末だったんですけど、それまではヘヴィなモノを作っている気がしていたんですよ。アルバムのコンセプトとかを特に決めずに、一曲一曲に集中して作っていたので、「ものすごく聴いててしんどいモノを作ってるかもなぁ」っていう気がしていたんですけど。でも完成したモノはそんなことなくて、すごくスッキリ聴けるアルバムになって良かったなって。

−−そういうケースはよくあるんですか?

田中和将:まぁ一年間のあいだ毎日作っていたわけじゃないですけど、4回ぐらいに分けてレコーディングしていたんですよ。そんなに時間掛けたことがこれまでなかったんですね。だから全体像はなかなか見えなかった。

−−『イデアの水槽』『deracine』もそうでしたけど、ここ数年の作品はリリースを重ねる毎により強靱なロックンロールのグルーヴを感じるんですけど、自身ではどう思いますか?

田中和将:サポート・メンバーと一緒にやっている時間が長くなってきて、ここ2、3年ライブの充実感がものすごくあって、面白くやれてると思うんですよね。その感じはここ何枚かのアルバムにすごく出てると思います。

−−それは経験を重ねているうちに自然とそうなっていたの?それとも元々目指していたところなんですかね?

田中和将:具体的にビジョンはないんですけど、でも、バンドである以上、説得力というか、格好良く言えばグルーヴみたいなモノがないと。バンドで鳴らして説得力がある物が一番良いなと思うんで。だからこういうアルバムが出来たのも、まぁひとつの必然なのかなって気はしますね。

−−毎回「前作以上のモノを作ろう」みたいな意識はあるんですか?

田中和将:もちろん前より良い作品を作りたいですけど、曲によってもいろいろですからね。何が前より勝ってて、何が劣っているかっていうのは、ちょっと基準がないのでね。

−−でも結果「前作より衰えたね」って思われるようなアルバムが決して出てこないですよね。普通は8枚ぐらいアルバム出すと、「このアルバムとこのアルバムはちょっとしょっぱかった」っていう作品がありつつ「今回、復活したね」みたいな印象をどこかで受けたりするんですけど、GRAPEVINEはしょっぱいアルバムがない。

田中和将:そう思ってもらえるのは、嬉しいことですね。

−−それっていうのは、意識というよりは、もう単純に感性や腕が磨かれていて、それを毎回素直に出せているからってことなんですかね?

田中和将:そうですね。格好良く言えば、そんな感じだと思うんですけど。あんまり何かを深く意識しているわけではないですからね。むしろ肩肘張ってないから、良いというか。あんまりガツガツしてない。すごくフラットにリラックスしてやってる。多分バンドとかメンバーの性格的に、その方が余裕が生まれて、面白いアイデアが出ると思うんですね。周りのスタッフとかを含めて、それができる環境に助けられています。

−−GRAPEVINEって、出来上がってくる曲って、緊張感だったり焦燥感溢れる曲が多かったりするんですけど、実はそういう曲であってもさほど緊張感をもって作ってなかったりする。なんていう過去の話を今思い出したんですけど。

田中和将:演奏しているときは、かなりの緊張感があるんですけど、普段の空気はものすごく緩いですからね。その方がいざ演奏するときにグッて入れるんですよ。変に肩に力が入ってると、空回りしてしまう。ライブでもそうだけど。

−−そのスタイルがサポートメンバーの高野勲(Key)さん、金戸覚(Ba)さんも含めた形で確立できてるのが昨今のGRAPEVINEを面白くしていると思うんですけど、高野さんと金戸さんって、それぞれどんな性格のミュージシャンだったりするんですか?

田中和将:お二人ともすごく経験豊富な、百戦錬磨のミュージシャンです。高野さんは、プロデュースの仕事とかもしている人なんで、すごく柔軟なアイデアマンで、一緒になっていろんなことを面白がってくれる。金戸さんに関しては、あの人自身が面白い(笑)。5人の中で年齢的にも最年長なのかな?すごく頼れる兄貴的な感じですね。人間的に大きい人ですから。

−−やっぱり4人のときと今の5人では全然違うバンドという感覚はありますか?

田中和将:まぁそうですね、違うバンドと考えてもいいでしょうね。ノリが全然違いますからね、演奏する人間によって。まずベーシストのタイプが、以前の西原誠と金戸さんではかなり違うと思うんですよ。それだけでやっぱり聞こえ方も全然変わる。

−−では、ここ数年のアルバムは、その高野さんと金戸さんによるところが大きく反映されているというか。

田中和将:そうですね。実際にライブでもレコーディングでもずっと5人で作っているんで、ほとんどメンバーみたいな気分というか、こっちとしては、5人バンドをやっている気分。そんな感じですね。

−−お二人とも百戦錬磨の先輩ミュージシャンになるわけですが、これだけ長い期間、この5人で一緒にやっていけるっていうのは、西原さんが脱退した直後は思いもしなかったことだったりするんじゃないですか?

田中和将:そうですね。思い返せば、そういった人との出逢いでいろいろ変化してきてるんだなって思いますね。

2ページへ→
 
 
GRAPEVINE OFFICIAL SITE http://www.grapevineonline.jp/ PAGE2へ
 
 

GRAPEVINE ページトップへ戻る