音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

GRAPEVINE インタビュー

PAGE1へ PAGE3へ PAGE4へ PAGE5へ
   
  アルバム
『From a smalltown』


2007.03.07 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
PCCA-02396
\3,465(tax in.)
[通常盤(CD)]
PCCA-02397
\3,150(tax in.)


01.FLY
02.ランチェロ'58
03.スレドニ・ヴァシュター
04.smalltown, superhero
05.I must be high
06.ママ
07.COME ON
08.インダストリアル
09.指先
10.FORGEMASTER
11.棘に毒
12.Juxtaposed

DVD(初回盤のみ)
01.FLY(PV)
02.指先(PV)



 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
   
 
 
  −−あと、今作『From a smalltown』を聴いて感じたことなんですけど、レコーディングのテンションがライブのテンションにどんどん近付いていってるというのはありますか?

田中和将:今回のアルバムはそういう感じが顕著に表れてると思いますね。もちろんレコードとライブって作業自体は別物だから、ライブをそのままレコーディングしようとは全く思わない。むしろレコードはレコードで、ライブのことを想定せずに作りたいんですよ。でもライブのあのノリは最近になって影響が強くなってきています。

『FLY』っていう曲は、何もないところからセッションで作った曲なんですよ。そういう曲の作り方をしたのは今回初めてで、最初は半信半疑だったんですけど、すごく格好良い曲が出来たなと思って。だから特に『FLY』以降のレコーディングは、そういう影響が強かったですね。『FLY』が出来たことが大きかった。

−−セッションから曲を生むことになったのは?

田中和将:本当にたまたまなんです。レコーディングをしていたら進みが早くて、一日余ってしまったんですよ。もう録る曲もなくなってしまったけど、レコーディング・スタジオが抑えてあるっていう状況。「勿体ないな」と思ってたら「セッションでもしてみなよ」ってプロデューサーの長田(進)さんがポンと言ってくれて。一時間ぐらいダラダラと演奏したテープを長田さんが聞いてくれて「この辺が格好良かったから、それを元に曲にしてみようか」と。「え〜、そんなの曲になるかな?」と思っていたんですけどね。やってみると、かなり良かった。

−−実際セッションから曲を生み出した中で、感じた良さっていうのはどんな部分?

田中和将:ダイナミックですよね。うちはメンバー全員が曲を書くんですけど、誰も書けないような曲が出来るんですよ。

−−今後は要所要所でその手法を用いていきそうな感じなんですかね?

田中和将:あんまり多用しても仕方ないとは思うんですけど、新しい空気をもたらしてくれたので、なんかあればやるかもしれないですね。

−−そういう意味でも、今作『From a smalltown』、自身としても納得の出来というか?

田中和将:そうですね。すごく良いと思います。

−−ただ、やっぱり大人向けですよね?決してJ-POPに耳馴染んだ子供が反応するのは難しいアルバムだと思うんですが(笑)、自分ではどう思います?

田中和将:そうかもしれないですね(笑)。でもそこは、意識できないッスよ!別にそういうことに対してメンバーと話し合ったことはないですけど、各メンバーの趣味嗜好というか、好みのディテールみたいなモノの摺り合わせなわけじゃないですか。そこを摺り合わせると、どうしてもこういう感じになってくるというか。

−−例えば、ロックでも今若い人が反応するのって、いや、もしかしたら年齢層関係なくそうかもしんないですけど、すごくメッセージ性が分かりやすいモノだったりするじゃないですか。っていうか、もう音楽以上に自己主張。

田中和将:うん。でもそういう感覚は僕にはないですね(笑)。そうなりたくなる人やバンドは「性格が違うんだな」としか思いませんね。「俺はあんな感じにはなれないな」ぐらいな感じ。

−−最近どのフェス行っても思うんですけど、やっぱりGRAPEVINEってすごく音や声の鳴りやグルーヴで客を揺らすバンドだと思うんですよ。で、他のステージに行くと、音より言葉が先にあるというか、曲がMCみたいというか、MCが曲みたいというか、そういうバンドがすごく多い。だから浮くんですよね、GRAPEVINEは(笑)。そこのところの自覚はあります?

田中和将:さすがに、それなりに長いことやってきたので、自分たちが特殊な位置にいるのは感じますね。でもそれは、ある種、好みでこうなってきたんで、狙ってやってるとも言えるし、自然にこうなったとも言ますね。

−−ただ不思議なもんで、デビューからセカンドアルバム『Lifetime』サードアルバム『Here』ぐらいまでのGRAPEVINEって、いわゆるUKロックの影響を受けている日本のバンドとしてたくさん一緒に名前を並べられるようなバンドがいて、あれってひとつのムーブメントだったと思うんですけど、そのムーブメントのひとつとして見られていたバンドが今や誰ともそぐわない存在になっているのが面白いなって。

田中和将:そうですね。まぁでも……しょうがないんじゃないですか(笑)。性格自体は元々こういう感じだったと思いますし、それがなるようになってきたらこうなった(笑)っていう感じじゃないですか。

−−ただGRAPEVINEって、分かりやすくメッセージするってことに意欲がなさそうに見えるんですけど(笑)、ライブに行くとなんか分かんないけどすげぇエネルギーをもらって帰れたりするんですよ。それはもう言葉以上に音楽に感情が乗ってるからだと思うんですが、自分ではどう思いますか?

田中和将:そこは目指しているところでもあるし、(それの良さをみんな)なんで分からんのか!?って思いますよ(笑)。そこまで柔らかくしてあげないと、食べれないのか?って気はします。もっといろんなシチュエーションに置き換えて物事を見たり聴いたりできる方が、俺は多分人生豊かになると思いますよ。っていうメッセージを込めてる(笑)。

−−(笑)。でも理屈じゃないところですっげぇ気持ち良いカッコいい音楽を鳴らしたいって意志も毎回ライブやアルバムからすごく感じるんですよ。そこは基本思想というか、基本姿勢としてありますよね?

田中和将:そうですね。そこまで明確に意識してやっているわけではないですけど、根本的にというか、刷り込みとしての「ロックバンドかくあるべし」じゃないですけど、ロックに限らず、音楽である以上、「音の説得力でなんぼ」みたいなところは多分にあると思います。

−−そこはメンバーの共通認識としてありますよね?

田中和将:多分ね(笑)。話し合ったことはないですけど。


←1ページへ 3ページへ→
 
 
GRAPEVINE OFFICIAL SITE http://www.grapevineonline.jp/ PAGE1へ PAGE3へ
 
 

GRAPEVINE ページトップへ戻る