音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

GRAPEVINE インタビュー

PAGE1へ PAGE2へ PAGE3へ PAGE4へ
   
  アルバム
『From a smalltown』


2007.03.07 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
PCCA-02396
\3,465(tax in.)
[通常盤(CD)]
PCCA-02397
\3,150(tax in.)


01.FLY
02.ランチェロ'58
03.スレドニ・ヴァシュター
04.smalltown, superhero
05.I must be high
06.ママ
07.COME ON
08.インダストリアル
09.指先
10.FORGEMASTER
11.棘に毒
12.Juxtaposed

DVD(初回盤のみ)
01.FLY(PV)
02.指先(PV)



 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
   
 
 
  −−では、聴く人によって印象が変わる作り方をしているわけですけど、田中さん的には、それぞれのアルバム、楽曲にそのときそのときの自分の心情や意識が見え隠れするわけですか?

田中和将:それはありますけど、でも何を思ってそれを書いたか?っていう、細かいところまでは思い出せない。しかもどうとでも受け取れるような書き方をしているので、古い曲とかになってくると、自分の中でもすごく解釈が変わりますね。だからそれは「成功してるな」って思って。古くなっていない気はします。

−−敢えて、今作『From a smalltown』の歌詞の特徴を挙げるとしたら?

田中和将:今回、アルバムの歌詞を手掛けるのに、これまでにないぐらい時間が掛かりました。自分の中でも変わっていく時期だったと思うんですけど。で、『指先』とかに代表されるかもしれないんですけど、素直なというか、分かりやすい面が出ているかもしれない。自分の手癖を避けていくと、違う角度で違う物が出てくるっていう感じだと思うんですけど。結構勇気のいる作業ですから、時間は掛かります。

−−慣れていく中で得意なパターンが生まれると、それを嫌って、また新しいモノを悩んで苦しんで生み出していくと。

田中和将:そうですね。そればっかりでもないけど、今回は変化が訪れるために必要な時期があったというか、ピタッと止まってしまった時期があったんで、結構きつかった。でもそこを抜けてから書き始めた物がすごく良くて。

−−そんな今作『From a smalltown』なんですけど、このタイトルに込めた意味や想いがあったら教えてもらえますか?

田中和将:『smalltown,superhero』って曲が自分たちにとってすごく新鮮で、そのイメージから広げつつ、あとアルバム・タイトルっぽくない語感のタイトルにしたいと思っていて、『From a smalltown』になったんですけど。『smalltown,superhero』の中で語られているスモールタウンは、僕のイメージはかなり限定されているのですけど、そこは自分に置き換えて引っ掛かってくれればいい。アルバム・タイトルの『From a smalltown』もそういう意味で、聴いている人のイメージするスモールタウンで聴いてもらえれば、幸いですね。

タイトルって、重要だと思うんですよ。好きか嫌いかは別として、例えば、レコードのジャケット裏返してね、収録曲のタイトルが並んでるのをパッと見たとき、「なんじゃこれ!?」って思えた方が聴きたくなるような気がするわけですよ。なので僕もそういうつもりでタイトルは付けてますね。

−−だから『FLY』とかは、逆に「GRAPEVINEが『FLY』!?」って思わせるため。みたいな(笑)?

田中和将:そうです、そうです(笑)。そういう感じですね。

−−で、そんな『From a smalltown』を引っ提げた全国ツアー【Grapevine tour2007「ママとマスター」】も4/10からスタート。前作『deracine』を引っ提げたツアー【tour 2005 sweet home adabana】は、めちゃくちゃ気持ちいい内容になりましたけど、今回はどんな内容になりそう?

田中和将:当然、今作『From a smalltown』の曲が中心になると思うのですけど、今作は自由度が高い曲が多いので、いろいろ化けそうですね。あとは、もう実際に手を付けてみないと分からないです。だから非常に僕らも楽しみですね。あと、久々に本数は多いので、ライブの形が二転三転しそうな予感がしています。

−−音楽をやっていく中でひとつのサイクルがあるじゃないですか。シングル出して、アルバム出して、ツアーやって。で、GRAPEVINEの場合は、アルバムで作った曲をツアーでどう調理するか?みたいなところが一番楽しいところだったりするんじゃないですか?

田中和将:一番かどうかは分からないけど、そこは重要だと思っています。その後のバンドのスキルに繋がっていく部分なので。レコード作って、パッケージされて、それが一応の完成品ではあるのですけど、全然終わっていない作業っていうのがあるので。だからそこはルーチン・ワークであるべきというか、ライブやって、レコード作ってという繰り返しは絶対なくてはならない。どちらかだけでは絶対にダメ。

−−それを今ものすごく楽しんでやれている感覚が自分の中にあります?

田中和将:そうですね。

−−あと、今年でデビュー10周年を迎えるわけですけど、その10年間の中で、「ちょっと今、面白くないな」とか「つまらんな」とか、思ったときっていうのは特になかったんですか?

田中和将:音楽を作ったり聴いたりする作業は、面白くないわけじゃないんですけど、いろんな他の外因によって面倒くさいというか、ややこしく感じた時期ももちろんなくはなかったですけどね。例えば、メンバーが脱退した前後はやっぱり大変でしたし。決してマイナスには捉えなかったけど、なかなか思うように行かないもどかしさを感じた時期はありましたね。でもまぁそういうのはあって当然な気がしますし、10年経ってようやくやれてきたことも最近あったりもするし、そういうのは面白いですね。山もあって、谷もあって、どっちも楽しめる方がいいんじゃないですか。

−−あと、「あんまり意識していない」と言われるのを覚悟で敢えて聞きますが(笑)、今年はデビュー10周年です。どんな一年にしたいですか?

田中和将:(笑)。9月で10周年なので「9月前後になんかした方がいいのかな?」なんていう気はしているんですけど、まだ分かんないですね。とりあえずツアーが終わるまではアルバムの世界をツアーに広げたいと思っていて。その後「9月までになんか考えるべきかなぁ?」と。

−−バンドのキャラクター的に、それをやったらやったですごく喜ばれるけど、やんなくても「まぁ、しょうがないか」と思わせられるのも、強みですからね(笑)。

田中和将:(笑)。だからやんないかもしれない。何やる?って話なんですよ。「10周年」と銘打っても、普通のライブやったんじゃつまらんしね。で、「全曲やれ」って言われてもそんなの長すぎるし。だからなんか思い付けばやるし、単なる飲み会だけで終わるかもしれない(笑)。

−−アイデアとか募集しますか?

田中和将:いや、募集しても、絶対に俺たちがやりたくなさそうな物ばっかり集まりそうなんで(笑)。


←4ページへ
 
 
GRAPEVINE OFFICIAL SITE http://www.grapevineonline.jp/ grapevine_aticl04.html#official
 
 

GRAPEVINE ページトップへ戻る