音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索

−新曲「I do」のPVが気に入ってしまって、今回インタビューしたいなぁと思って来ちゃったんですけど(笑)、デビュー前の話から「I do」に至るまで色々聞かせてもらえますか。まず、デビュー前はアメリカに住んでたんですよね?

D:はい。普通の留学生として日本の大学を辞めて行ってたんですけどね、四大どころか短大も終わらずに音楽の方向に進んでしまって(笑)。

−最初っから音楽の勉強しようと思ってアメリカに渡った訳ではないの?

D:訳ではないです。アメリカの大学入るときも音楽を専攻するとは思わなかったんですよ。でも、ギリギリのところで「せっかくだから好きなことやっとこう」と思って。

−じゃあ、結構音楽やり始めてからまだ浅いの?

D:ものすごい浅いですねぇ。二十一の時にはじめたの。まだ6年ぐらい。

−なるほど。じゃあ、アメリカで音楽やりたいと急に思い始めたんだ。最初は、「歌を歌おう」という気持ちと、「曲を作りたい」という気持ち、どっちが強かったの?

D:曲を作りたいと思ったのが先ですね。普通にコンピューターインミュージックっていうのが僕の専攻だったんですね。だから、「絶対に歌手になりたい!」とは思ってなくて、ちゃんと歌を習ったのはその短大を辞めて、専門学校に行ったときに、やっと専攻を歌にしたぐらいなので。その頃は、曲づくりという作業が自宅で出来るようになっていたので、学校では歌、自宅で曲を作るって作業をしてて。

−元々音楽好きではあったんですよね?

D:すごい好きでしたね。で、「音楽でやっていける」っていう自信があった理由が、耳がすごい良くって、R&Bに関しては、ちょっと聴くだけで誰がプロデュースしてるとか分かるぐらいだったので、作り手にならなくても絶対音楽の周りの職業に就きたいなとは思ってましたね。

−アメリカにいて、日本でのデビューに至ったキッカケは何だったの?

D:専門学校行ってるときに、今のプロデューサーのジョイ・カルボーンが来てたんですよ。日本人発掘みたいな感じで。ジョイはよく日本人をプロデュースしている人だったので。少年隊とか、中森明菜とか、最近ではMAXとか。その彼が見に来ていたときに、僕の友達が「今井大介って良いよ」って言ってくれて、僕の電話番号とかを渡したらしいんですよね。で、デモ持って行って、その場で歌ったら気に入ってもらえて。その後、日本語の曲を作ることになって、その曲をジョイが日本に持って来たときに、反応があったのが、今のレコード会社と、今回「I do」を一緒に歌っている唐沢美帆ちゃんのディレクターさんだったんですよ。

−じゃあ、今回の「I do」のデュエットは成るべくして成った感じなんだ!

D:本当、だからびっくりしましたねぇ、はい。もちろん、最近まで唐沢美帆ちゃんの事務所とかは知らなかったんですけど。結構、運命的なものが多くて、美帆ちゃんの友達のおばあさんが・・・僕のおばあさんで。

−すごい!

D:自分のおばあさんに「今度あんた唐沢美帆ちゃんとデュエットするの!?」って言われて、まだ情報も何にも公開してないときに「なんで知ってんの!?親もしらないよ!」みたいな(笑)。すごいびっくりしましたねぇ。

−なるほど(笑)。話し戻りますけど、デビュー当時の心境とかって覚えてます?

D:決まったときは不思議と大興奮しなかったんですけど、緊張の一言でしたね、どこへ行っても。アメリカにいた時は大体分かっていたので、アメリカの図式みたいなのが・・・。洋楽ばかり聴いていたんで、日本のレコード会社のやり方が全く分からなくて、素人より緊張しましたね(笑)。

−あははは。でも、今は大部馴れたんじゃない?

 みんな今井大介と言うアーティストを知っているだろうか?2000年11月、ファーストマキシシングル「Can't Let This Love」でデビュー、逆輸入という形でLAから日本に本場のR&Bを送り込んできた実力派シンガーである。最近では、VERBAL(m-flo)プロデュースで有名な“Heartdales”に楽曲を提供するなど活動の場を広げている。4月24日にリリースされる「I do」は日本のシーンには珍しいJapanese R&B デュエット曲。パートナーには“唐沢美帆”を迎えた。今までのゴリゴリのR&Bとは一線を画く爽やかなデュエットナンバーの発表に辿り着くまでには、色んな人物との運命的な出逢いがあった。今、日本のクラブカルチャーが確実にひとつの円になろうとしていることを予感させる今回のインタビュー、今井大介を知る人にも知らない人にも是非とも読んでいただきたい。


対談

Japanese R&B Singer:今井大介
×
Japanese H&E Writer:Tetsuo Hiraga

DAISUKE IMAI&MIHO KARASAWA
DUET SINGLE
「I do」

1.I do
2.I do〜
featuring TUCK ANDRESS(TUCK&RATTI)
3.I do(オリジナル・カラオケ)
4.I do〜Guitar Instrumental

2002.4.24 in STORES

4th SINGLE/BVCS-29919/
\1,050(w/tax)

(C) 2002 BMG FUNHOUSE
http://www.dai-suke.com/top.html

このCDを購入、
または過去の作品を知りたい方は
こちらまで



今井大介&唐沢美帆

D:馴れてきました、ようやく。セカンドアルバム発売前にして(笑)。

−考え方も変わってきたりしました?

D:変わりましたね。今度出るアルバムは結構自分の好きなようにやらしてもらってるんですけど、もう、サードアルバムの話をしちゃうと、次は人の曲も歌ってみたいなぁって思い始めたり。“作り手・今井大介”は結構確立されてきたから“歌手・今井大介”ってどうなんだろう?と思い出して、歌う事だけに集中したらどうなるんだろう?って、自分でちょっと知りたくって。

−だんだんその辺がクリエイティブになってきたというか。

D:そうですね。

−でも、VERBAL(m-flo)さんと共演したりとか、前から色々挑戦するのは好きですよね?

D:そうですね。あと、フィーチャリングっていうのが好きで。自分の作った作品に対して、誰かが新しい息を吹き込んでくれるのって凄い好きなんですよ。

−VERBALとはどういった経緯で?

D:すごいアピールしたんですよ、色々な雑誌で必ずVERBALの事言って、「絶対にフィーチャリングしたい!」ということをずっと言ってたら、ちょうど僕のアルバムとm-floのアルバムが同じぐらいの時期だったんで、うまい具合に僕の次のページにm-floのページがあったりして。初めて会ったときには、「雑誌とかで名前言ってくれてありがとうございます」みたいな事言われて、それも運命的だったなぁって思いましたね。すごい性格も合って・・・、プライベートでも仲良くなっていくうちに、事務所もm-floのいる事務所に移籍して。今では“Heartsdales”のアルバムの収録曲を二曲やらせてもらったりとか、中島美嘉さんの次の曲をVERBALとサウンドプロデュースって形で一緒にやったり、あれをキッカケに公私共々なんか仲良くさせてもらってる感じですね。

−出会いが大切なアーティストになってますね(笑)。

D:最近、本当によく感じますよ。夏に一緒に札幌で歌った“JiN”とか、L.A.でアマチュア時代から知り合いだった“AI”とかも運命感じますし。

−AIちゃんとはそんな前から知り合いだったんですか?

D:僕がプロデュースしたAIの2曲は、僕等が日本に帰ってくる前に実は自宅で作ったんですよ。それを日本に持って帰って、やり直してみたいな。

−彼女はレーベルメイトですよね?

D:そう!本当に偶然でビビリました。しかも、デビューが同じ日なんですよ。最初にAIの方が決まってたんですね、「私、BMGだから」とか聞いてて、その何ヶ月後には「あれ?俺もBMGなんだけど」って(笑)。そしたら出る日も一緒で、しかもプロデュースまでさせてもらって。AIはプライベートでも仲良くしてますね。

−すごいっすねぇ、何か動きがある度に仲間が増えてく感じで。

D:はい、それを最近ようやく実感してるというか。

−そして、今回「I do」で唐沢美帆ちゃんとデュエットするわけですけど、この二人の組み合わせは何も知らない僕にとっては意外でしたね。

D:僕にとってはすごく自然な組み合わせなんですよ。逆に僕の今までの「Give it a try」とかのイメージがキツ過ぎたかなって・・・。だから今回は僕も自然な感じで歌えたし、唐沢美帆ちゃんの声質大好きなんですよね、泣きが入る“切な系”の歌声が。

−うん、うん。

D:曲ありきだったんですけどね、最初に曲を作ったときに、この曲にマッチする人を選んでいくうちに、「彼女がベストだなぁ」って。ちょっとネックなのは、年齢差があるから「向こうが嫌がったらどうしよっかな」って思ってたんですけど、受け入れてくれて。

−なんで今回はデュエットをやりたいと思ったの?

D:デュエットをやろうっていうのは自分の中で前からあって、で、どういうデュエットにしようかな?って考えてたんですけど、ちょっと珍しいもので日本にない感じ、ポップの枠にもR&Bの枠にもしっかり収まるっていうのが思い浮かんだので。

−今まで出してきた曲の中で、一番力の抜けてる作品だと感じたんですけど。その辺、実感あったりします?

D:実感あります。力が抜けた理由っていうのが、前のリリースから間隔をすごい開けて、その間に結構イベント出まくったり、ロサンゼルス渡ったりしてたんですね。それで、毎日のサイクルから抜け出せたっていうのが大きいかも。それで変わったのかなぁと思いますね。やっぱり、焦りがなくなったっていうんですかね、リリースしてればしてるほどやっぱ焦りますよね。

−余裕が出てきたのが良かったんでしょうね。あと、アルバムが出るって言ってましたけど、内容的に力の抜けた感じになってるの?

D:詞、曲ともに成長度が見れるアルバムだと思います。前作は、結構ジェフとのコラボレーションが多かったんですよ。実際のプログラミングはジェフに任せたりしてたんですけども、今回のプログラミングは自分で全て行うようにして、詞、曲、アレンジ、今井大介って言う、ある意味トータル的な今井大介が二枚目でやっと示せるかなっていう感じですね。

−なるほど。でも、「I do」に関して詞は藤林さんが書いたりとかして・・・。

D:詞に関しては「I do」だけですね。藤林さん。

−藤林さんに詞を頼んだのは、女性と歌う曲だったから?

D:それは別に意識してなくて、僕、藤林さんの詞が元々すごい好きなんですよ。日本のR&B聴いてると、色んな人の詞を書いてるじゃないですか。で、単純に好きになって、歌詞をお任せするんだったら藤林さんと思って。

−実際お会いして話したりしたんですか?

D:全然想像と違いました(笑)。あんなイケてる人だとは思いませんでしたね。

−イケてる人・・・なるほど(笑)。どういうイメージがあったんですか?

D:あんまり悪いこと言えないんだけど、なんか作詞家のイメージってちょっと暗めで・・・。

−Tylerに聞きましたけど、藤林さん、ギャルっぽいんですよね。

D:ギャル、ギャルですよ、本当に!!僕より二つか、三つ上なんすけど、年下に見えるぐらい。「この人がこういう詞を書くのかぁ」ってすごい面白かったですね。

−ファーストアルバムでも、一曲だけ詞を頼んだ曲がありますけど、自分以外の人が書く詞を歌うのってどうですか?

D:ファーストの時は決して心地良くなかったですね。でも、デュエットの場合は自分で書こうとも思ってなかったんで。

−そうなんですか。

D:やっぱり自分の世界になっちゃうと、デュエットの場合困るなと思って。僕、テクニシャンじゃないので詞を書くときにやっぱり自分が出ちゃうので。

−今後、曲を頼む事は?

D:やりたいですね、今後は。僕、葛谷葉子さんの曲が歌いたいんですよ。

−あー、なるほど。

D:絶対合うだろうなと思って。一昨日とかもライヴを見にきてもらったりしたんですよ!「Give it a try」のレコメン書いてもらったりして、葛谷さんとも繋がってはいるので。

−じゃあ、もしかしたら?

D:そうですね。結構先の話ですけどね(笑)。

−あと、今回「I do」聴いてですねぇ、イントロにハープ入ってるじゃないですか?サードのカップリングの曲も似た感じで使ってましたけど。

D:好きなんですよ、あのーハープのタカ、タカ、タカ、タカっていうのがすごい好きで。同じ音色が好きなんですよ、しかも。

−なるほど。

D:ローランドのハープじゃなくちゃ嫌なんですよ。

−あははは、なるほど。やっぱ全然違うんすか?

D:違うんですよ!!やけにリアルじゃないとこが好きなんですよ。

3rd SINGLE
「Give it a try」

1.Give it a try
2.From here
3.Give it a try〜Break down Edit〜

2001.8.22 in STORES
BVCS-29052/\1,260(w/tax)

2nd SINGLE
「Love Thang」

1.Love Thang
2.See You Again
3.More Than Words
4.Love Thang(English Version)

2001.2.21 in STORES
BVCS-29041/\1,260(tax in)

1st SINGLE
「Can't Let This Love」

1.Can’t Let This Love
2.Never Let You Go
3.Never Let You Go(English version)
4.Can’t Let This Love(singback)


2000.11.22 in STORES
BVCS-29034/\1,260(tax in)

これらのCDを購入、
または過去の作品を知りたい方は
こちらまで

今井大介&唐沢美帆

−季節感とか出そうと心掛けて使ったわけじゃないの?

D:それは考えてなかったですね。でも、6月に向けて結婚を想像させるようなテーマでもあるので、ジューンブライドにも合うなと思って。藤林さん自体は全然意識してなかったらしいんですけどね、結婚とか。でも、タイトルも「I do」だし、こりゃもう結婚ありだよね!と思って、鐘の音も入れちゃったんです、後から。

−なるほど。

D:あれ、詞が出来てから入れたんですよ。だからウェディング・ソングっていう風にはしないけども、そういう要素もアリだよねって。

−爽やかですよね、今回。PVとかも、今までの今井大介のイメージ壊してますよね。

D:やけに爽やかですよね。あのシャツびっくりしましたもん(笑)。「普段着じゃん、これ」とか思って。でも本当に衣装なんですよね、普段着じゃないんですよ。

−目を合わせて歌ったりとかして。

D:はい、大変だったんですよ。出来なくって。あの時始めて二人で歌ったもんだから。

−あっ、そうなんですか。

D:レコーディングは別々だったので。それで、そのPVのスケジュールは夜9時に終わりって書いてあったんですね、それが朝の5時まで延びたんですよ。8時間も延びちゃったんですよ、2人の息がピッタリ合って、それがナチュラルに見えるまでに。

−難しいですよね。

D:本当難しいっすよ、今慣れちゃいましたけど、いつ見て良いのか分かんないんですよ!僕だけ見てても可笑しいし、一緒のタイミングで見なきゃいけないんで。

−なるほど。

D:最初は全く見ないでやってて、最後の転調したあとに、振り返ってナチュラルに目を合わせられたのは奇跡的なカットで!

−そんなドラマがあったわけですね。あと、今回、タック&パティがアレンジしたのがカップリングに入ってますよね?

D:これはですね、ディレクターが「タック&パティでリアレンジやってみようと思うんだけど、どう?」って言ってきて、僕は「絶対無理でしょう!絶対断られるでしょう!」って言ってたんですけど、心良く引き受けてくれて。ギターのインストルメンタルあるじゃないですか。あのバージョンがすごい好きなんですよ。ジャズのコードに自分の声がハマるっていうのはちょっと感動的ですね、ジャズも聴くのは好きなんで。

−あっそうなんですか。

D:寝て見る方の夢なんですけど、朝起きたらすっげーピアノうまく弾けるジャズミュージシャンみたいな、帽子かぶって、メガネかけて、ニューヨークに住んで、昼三時くらいに起きて「かったりーな」とか言いながら、パーで演奏して、100$貰って帰ってくる・・・っていう。そんな夢を見るぐらいジャズの雰囲気がすごい好きなので、嬉しいですね。

−それでは、今作「I do」、一言でまとめると、どんな作品でしょう?

D:二十一世紀のスタンダード・デュエット!!

−あぁ、なるほど。良いっすねぇ(笑)。

D:長いっすよね、二十一世紀(笑)。

−でも、そう言い切れるぐらい良い曲が出来たっていう実感があるんじゃないですか、今回は?

D:ありました。今までって簡単じゃないんですけど、自分一人で作ってるので先が見えてあまり失敗がないじゃないですかぁ。でも、今回って色んな要素があって、それが上手くまとまるかどうかって凄い不安だったんですよ。それで、まとまった時の達成感っていうのが最後にはあって、今までにない感覚だったので嬉しかったですね。

−分かりました。それでは、最後にこのインタビューを読んでる方にメッセージを。

D:J-R&Bでは初のデュエットだと思うんですよ、J-POPでも最近はデュエットらしいデュエットってないと思うので、すごいみんなに新鮮な歌を届けられると思います。あと、やっぱりみんなに歌ってほしいですね。初めて歌ってほしいと思って書いた曲なので。

−二十一世紀のスタンダード・デュエットですからね、僕も誰かと歌えるように練習しておきます(笑)。

D:よろしくお願いします(笑)。

Interviewer:Tetsuo Hiraga

◆『今井大介』 SPECIAL INTERVIEW 番外編 「今井大介 ライヴについて語る!」◆

−クアトロでライヴイベントに参加したばかりみたいですけど、どういった感じのライブだったんですか?

D:VERBALが初ゲストだったんですよぉ!今まで「Give it a try」のカップリングのVERBALが入ってないバージョンしかライヴじゃ歌えなかったんですけど、VERBAL出てきてくれて、二人でやれて、すっごい楽しかったですねぇ。僕“Say Ho!”とか全くやらないんですけど、VERBALに煽られて初“Say Ho”。

−初“Say Ho”(笑)

D:お客さんも“Say Ho”って返してくれて・・・感動しました。あと美帆ちゃんとのデュエットも出来たんで、すごい良かったです。初お披露目みたいな感じで。

−あぁ、なるほど。結構良い感じで出来ました?

D:僕ら的には、「緊張したね」とか、「ここはこうだったね」とか・・・反省する部分が多かった割には、すごい高い評価を頂いたというか、今井ってデュエットが一番良かったって言ってもらえたんで良かったなぁって。あれで良かったって言われたら、これから全部良いねみたいな話しになっちゃって(笑)。

−まだワンマンライブの経験はないんですよね?

D:そうですね、やりたいですね。セカンドアルバムの後でしょうけど。

−楽しみですね。これだけ色んな人と関わってくると、ゲスト呼ぶのも考えちゃいますよね?

D:名古屋と福岡でのイベントで倖田來未ちゃんとデュエットしたりもしてるんで、ワンマンでも色んなアーティスト呼びたいですね。

−いつかそういう仲間達だけでのイベントとかもアリですよね?

D:やりたいんですよ。もしくはなんかユニット組みたいなぁって。色々楽しみはまだ残してるので、今後ライヴでは色々試していきたいですね。

−楽しみにしてます。