音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

木村カエラ インタビュー

次のページへ
  アルバム
『+1』

2008.04.02 RELEASE

[ 初回限定盤(CD+DVD) ]
COZA-301〜2 \3,465(tax in.)


CD収録曲:
01.NO IMAGE
02.Jasper
03.Yellow
04.STARs
05.ファミレド
06.dejavu
07.Samantha
08.+1
09.No Reason Why
10.鏡よ鏡
11.はやる気持ち的My World
12.1115
13.Humpty Dumpty

DVD収録内容:
01.ミュージックビデオ
Samantha
Yellow
Jasper
02.Live:「オンナク祭 オトコク祭」2007.12.20(オンナク祭)
03.木村カエラの映像実験室

 
  [ 通常盤(CD) ]
COCP-34795 \2,940(tax in.)



 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
 
 
   
   強い木村カエラ。とにかく楽しくって面白くってウキウキワクワクさせてくれる、彼女のアルバム『+1』。その根底には、とにかく楽しくって面白くってウキウキワクワクするための強さがドーン!とある。前作『Scratch』リリース時のインタビューで他者との繋がりについて熱弁してくれた彼女が、それからの生活・音楽活動の中でどのように強くなっていったのか。そのすべてをとにかく素直に語ってもらった。
 
−−アルバム『Scratch』以来のインタビューになるんですが、あのアルバムのリリースから今作『+1』の完成に至るまでの期間は、カエラさんにとってどんな期間となりましたか?

木村カエラ:ライブをいっぱいしていて。その中で、自分の、木村カエラとしての立ち位置というか、「自分が何をしていけばいいのかな?」というのを考えた一年でしたね。自分の大好きな音楽をやって、それをたくさんの人がお金を払って観に来ているわけですから、そういうところで前よりも「さぁどうしよう?」みたいな感じで考えたというのはあります。

−−去年6月には、初の日本武道館公演がありました。

木村カエラ:「良いモノを作りたい」っていう必死な想いがあったので、そのときはただただライブに集中してました。楽しいのと「どんなライブになるんだろう?」っていう緊張感を常に持っていたので、あんまり記憶がないと言えばないんですよね。

−−僕はあの武道館公演を観てですね、自由にライブを楽しんでいるカエラさんを見て、「あ、木村カエラは本当にどこにいたって、何をやったって、ありのまんまの木村カエラで生きていける人なんだな」と思ったりしたんですが、自分ではどう思いますか?

木村カエラ:自分はね、自分のライブを観たことがないので、何とも言えないですけど、でもまぁどこでやるのも同じ気持ちでやりたいなとは思ってますね。どんだけ会場が大きくなっても変わらないっていうのはありますけど。

−−で、その武道館に限らず、ゲップツアー(【木村カエラLive 2007〜Gepp Tour〜】)でも年末の主催イベント【オンナク祭オトコク祭】でも、めっちゃ笑顔じゃないですか、最近。あれはなんで(笑)?

木村カエラ:なんか、楽しんじゃないですか(笑)!?

−−(笑)。

木村カエラ:楽しくなかったらきっと笑顔じゃないと思うので。いつも緊張しているライブの中で笑顔になっているときっていうのは、きっと本当に楽しいんだと思う。もしくは、面白いお客さんを見つけたときか(笑)。

−−そんなライブでは実に開放的で、どんな悩みもふっ飛ばせそうなテンションを感じさせてくれるカエラさんなんですが、実際、よく悩んだり葛藤したりっていうのは、相変わらず?それとも結構変わってきました?

木村カエラ:あんまり悪いことは考えなくなりましたね。やっぱり時間の使い方が上手になってきたというか。簡単に言えば、この仕事のペースに馴れてきたんだと思う。自分自身っていうのをすごく見つめる仕事でもあると思うので、その中で「自分自身がどんな人間なのか?」「一体何を求めているのか?」「何をすれば落ち着いたり興奮したりするんだろうか?」とか、そういうことについてすごく考えたりしてきて、今は、自分がどうすればどうなるのかっていうのが、よりよく分かるようになったのかなって思います。

−−その影響もあってか、今回のアルバム『+1』に向けての1年は、何に捕らわれることもなく面白いことをやりまくっていたイメージなんですが、本人的にはどうだったんでしょう?

木村カエラ:人がただ「これ、良い曲だな」って思ったりする。私は別にそういうのはやる必要がない人間なのかなって思っていて。自分自身がやっぱり「こんな写真アリなんだ!?」とか「こんなファッションとかあるんだ!?」とか、そういうところに興味が湧いたりするので、そういった意味では「音楽も面白い方がいいじゃん!」みたいなところがあって。人の期待を良い意味で裏切るというか、とにかく面白いと思ったモノだけを出していっちゃう。その先にあるアルバムのことも考えずに(笑)。

実際、ロックというモノを今までやってきてると思うんですけど、「ロックって何だ?」って逆に思っちゃう感じが常にどっかにあって。ジャンルって別にどうでもいいというか。精神面で言うところのロックは好きだけど、音楽的なジャンルには捕らわれてない。単純に、やればやるほど出来る音楽の幅が増えてきたのもあるんですけどね。それが今の時点でいろいろと爆発し始めてるんじゃないかな?

PAGE1 音楽も面白い方がいいじゃん!
PAGE2 めっちゃ悪口書かれてるわけじゃん(笑)!→
PAGE3 家にいるのと変わんない(笑)。→  
木村カエラ OFFICIAL SITE  
 
http://kaela-web.com/   PAGE2へ  

木村カエラ ページトップへ戻る