音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

倖田來未 インタビュー

次のページへ
  アルバム
『TRICK』

2009.01.28 RELEASE

[ CD+2DVD ]
RZCD-46170/B〜C
\5,200(tax in.)


01.INTRODUCTION FOR
TRICK
02.TABOO
03.show girl
04.Your Love
05.stay with me
06.This is not a love song
07.Driving
08.Bling Bling Bling
feat.AK-69
09.That Ain't Cool
(倖田來未 feat. Fergie)
10.Hurry Up!
11.Moon Crying
12.JUST THE WAY YOU
ARE
13.Joyful
14.愛のことば
15.Venus ※ボーナストラック
(CD+2DVDのみ)
 
  [ CD ]
RZCD-46171 \3,059(tax in.)



 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:梅原直也
   
 
 
   
  倖田來未、hotexpressインタビューに久々の登場!

過去最高に攻撃的なアルバム『TRICK』の完成を受けて、各収録曲の楽曲解説はもちろん「どうして倖田來未はここまで攻め続けるのか?」というポイントにフォーカスした質問にもいくつか答えてもらった。また「倖田來未が日本の音楽シーンの底上げのために何を考え、何をしようと思っているのか?」そんなおそらくこれまで語ることのなかった領域にも踏み入れてくれたインタビューとなっているので、ぜひご覧頂きたい。
 
−−今作『TRICK』の選曲基準はどんなものだったの?

倖田來未:前作『Kingdom』はデモテープが100曲ぐらい集まってきて、そこから良いものを厳選していく感じだったんです。「この曲で歌詞を書きたいな」とか、全曲PVを撮るというコンセプトもあったので「この曲でPV撮って踊ってみたいな、演じてみたいな」って思った曲を選んでいって。それに対して今作『TRICK』は、初めてツアーを見据えて選曲をしていったアルバムなんですよ。

−−なるほど。

倖田來未:200曲以上あると思われるデモテープを全部聴いて、これだったらライブで映えそうだなと思った曲を選んでいって。あと前作を引っ提げたツアーが、第1幕がバンパイアで、第2幕がドレスのバラードで、第3幕はおとぎの国だったんですけど、どっちかと言うと可愛い系のライブだったと私は感じてるんですね。でも私は『Black Cherry』のツアーのときのような、パイレーツだったりロックだったりの強めの攻めの演出を見せたい想いが強いんです。なので今回はそのことを意識して選曲していったので、そういう意味ではJ-POP色が薄いかもしれません。これまでのように半分J-POP、半分HIP-HOPみたいな選曲じゃないんです。なのでこれからみんなに聴いてもらってどんな評価をされるのかドキドキしてるんですけど。でも本当に自分でも自信の持てるアルバムになったし、ツアーも良い意味でのサプライズが多いものになると思うので、楽しみにしてもらいたいです。

−−そうしたコンセプトはあったからこそ、衝撃的なナンバーばかりが収録されていますよね。

倖田來未:私も全曲大好きですね。例えば『Hurry Up!』はロック色の強い曲を探している中で選んだんですけど、これまでの『人魚姫』みたいなロックとは違って、初めて四つ打ち系のロックなんですよ。この曲を歌ってみたら自分でも新しいし聴いてくれる人にインパクトもあるかなって思いました。一方『Bling Bling Bling feat.AK-69』は今までも好きなHIP HOPですね。あと確かこのアルバムに一番初めに入れることが決まったのが『show girl』なんですけど、この曲の主人公がしたたかなんですよ。PVも撮らせて頂いて、その中ではメンズにフラれた女の子が「見返してやる」と思って努力してダンサーオーディションを受けて、そこでナンバーワンになっていくんです。で、男性からもプレゼントを貰うだけ貰ってでも簡単には落ちなくて。それで楽屋ではガールズトークみたいな。想い描くエンターテイナーのしたたかな女性ですね。プライベートの私は全然違うですけど(笑)。

−−(笑)。

倖田來未:やっぱりエンターテイナーっていうのはある意味腹黒くなきゃいけないのかなと。私自身もいろんなことを想像して考えながらアルバムもライブも作るんですよ。いつもたくさんのサプライズを考えてます。『TRICK』のジャケット写真もそうですけど、ぶっちゃけ家族にも「誰だかわかない」って言われました(笑)。でもこれを見るファンのみんなを驚かせたいんですよ。楽曲もファンのみんなが聴いてくれて喜んでくれたりとか、前に進もうって思ってくれている姿を想像して作ることが私にとっても一番の原動力ですね。そこは天然や適当じゃできませんから。

−−そんな倖田來未のエンターテイナーとしての在り方が重なった『show girl』がまずあって、今作『TRICK』の世界観が固まっていった感じ?

倖田來未:この『show girl』がアルバムの基盤と言ってもいいかもしれないです。「エンターテインメントショーの始まりだ!」みたいな感じでこの曲を『TABOO』のすぐ後に持ってきてるんで。この曲があったから『TRICK』っていうタイトルも出てきたんだとも思いますし。1曲1曲が倖田來未なんだけど赤になったり黄色になったりして、曲の数だけ変化していく。そうしたコンセプトを固めるのにも重要な曲でした。
PAGE1 エンターテインメントショーの始まりだ!
PAGE2 自分の前では息を抜いてくれてるんだな→
PAGE3 格好良いから売れるわけじゃない→  
倖田來未 OFFICIAL SITE  
 
http://rhythmzone.net/koda/   PAGE2へ  

倖田來未 ページトップへ戻る