音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

倖田來未 インタビュー

OFFICIAL SITE
http://www.avexnet.or.jp/koda/index.htm
page 1 / 2 / 3

BEST ALBUM
『BEST〜first things〜

2005.9.21 RELEASE
RZCD-45252〜3/B
\3,990(tax in.)
エイベックス

DISC1:CD
01.NO TRICKS
02.TAKE BACK
03.Trust Your Love
04.COLOR OF SOUL
05.So Into You
06.love across the ocean
07.m・a・z・e
08.real Emotion
09.1000の言葉
10.COME WITH ME
11.Gentle Words
12.Crazy 4 U


DISC2:CD
01.キューティーハニー
02.Chase
03.奇跡
04.Selfish
05.hands
06.Hot Stuff feat.KM-MARKIT
07.Butterfly
08.flower
09.Promise
10.Star
初回盤Bonus Track
11.the meaning of peace


DISC3:DVD(3枚組のみ)
01.TAKE BACK
02.Trust Your Love
03.COLOR OF SOUL
04.So Into You
05.love across the ocean
06.m・a・z・e
07.real Emotion
08.COME WITH ME
09.Gentle Words
10.Crazy 4 U
11.キューティーハニー
12.Chase
13.奇跡
14.Selfish
15.hands〜single version〜
16.Hot Stuff feat.KM-MARKIT
17.Butterfly
18.Promise
初回盤Bonus Clip
Special Mix Video from BEST〜first things〜



倖田來未 アーティストページ

インタビュー
『secret』

ライブレポート
secret 〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜】
 
Interviewer:平賀哲雄
 

−−今めちゃくちゃ忙しいんじゃないですか?

倖田來未(以下K):デビュー当時もめちゃくちゃ注目していただいて忙しかったんですけど、今は確かに一番すごいです(笑)。嬉しいことに!

−−それだけ2005年は倖田來未にとって飛躍の年になっているってことですよね。アルバム『secret』の大ヒットがあったり、初の新木場STUDIO COASTでのワンマンライブがあったり。

倖田:そうなんですよ!とにかく今年は冴えていたというか、「自分はこれがやりたいかも!」とか「あれがやりたいかも!」とか「これってどう!?」ってことがすごくいっぱいあったから。それをしかも具現化してくれるスタッフの誠意がすごーい伝わる一年になってますね。

−−アルバム『secret』は制作段階から大ヒットする予感みたいなものは感じていたんですか?

倖田:ヒットするかしないかはね、本当五分五分だと思ってましたね。ただとにかく楽曲は、自分の一番やりたいことを3割で、あとはインターネットでファンのサイトを見たりして、“どういう曲が今までの曲の中で人気があったのか”っていうのをすごく自分なりにリサーチして、それで7割はみんなが求めているものを作ったつもりで。それと『secret』はジャケ写気に入ってます。女の子が手に取りやすかったのかなって。今時はケータイとかインターネットの時代なんで、そういう部分でCDの売り上げとかなかなか伸びなかったりする中でね、「可愛いから家に持って帰ってそばに置いておきたい!」というものじゃないと意味がなかったりするじゃないですか。そういった意味でもすごく良いモノが出来たと思いましたね。でもまさか50万枚も売れるとは思わなかったです!それはやっぱりビックリしましたね、正直。

−−確かに『secret』は内容的にも女性ファンの心をしっかり掴める作品でしたよね。

倖田:やっぱりライブやっても前列がほとんど女性だったりとか、『secret』以降、そういうのはすごく感じますね。「もっともっと女性ファンも大事にしていかなきゃな」って思います。

−−そんなアルバム『secret』を引っさげた新木場STUDIO COASTでの初ワンマン、僕も観させていただいたんですが。

倖田:ありがとうございます!!

−−女性が倖田來未に惹かれる理由があの日のライブには凝縮されていた気がするんですよね。実にセクシーな演出やダンスが満載で、すごく色っぽかったんですけど、ある種男っぽいなって。

倖田:あ〜なるほどね!

−−男性はもちろんセクシーなところに惹かれる部分はあると思うんですけど、女性は女性でそういう格好良さに魅力を感じているのかなと、個人的には感じて。そんな初ワンマン、実際にやってみてどうでした?

倖田:とにかく倖田來未のライブって、男の人にも女の人にも、そうでない人にも楽しんでいただけるように、同性愛をテーマにしてる振りがあったりとか、やっぱり“愛を表現する”っていうことがすごく多くて。それが“セックス”についてなのか、“愛してる人のために歌う”楽曲なのか、“愛している人を想いながら歌う”とか、自分の中でも色々あるんですけど、そんな愛を表現する上での潔さみたいな、やっぱり「格好良い!」って、男の人から見ても思ってもらえるような女性像にうまくなれたらなって思います。そこは自分自身をいちプロデューサーとして見てるんですよね。でもやっぱりエロというか、セクシーは外さない。それで女の子から見てもグロくない、格好良い、やっぱり目指したいのはそこなんですよね。

−−その辺のバランスって難しいですよね。

倖田:ほんと!紙一重ですから!そこはやっぱ難しいぃ〜。

−−“振り切っちゃったから格好良い”とかってやっぱりあるじゃないですか。そこを抑えると中途半端にエロいだけで終わっちゃったり。その逆とかっていうのも曲によってあったりすると思うんですけど。

倖田:そうなんですよね〜。だからそういう意味でも、ダンスとかをセクシーにする分、ボーカル力も上げなきゃいけないからボイトレ行ってみたりっていうのは実際ありましたね。

−−でもやっぱ、そうやって磨かれた歌声とダンス自体に魅力があるから出来るアプローチだと思うんですよ。ていうかね、僕はあの日の倖田來未のライブを見て“マドンナ”を思ったんですよ!

倖田:嬉しいぃ!やっぱり倖田來未は、マドンナとか、ジャネット、今時で言ったらビヨンセとか、アギレラとか、女性から見たときに付いていきたくなる、そういった支持を受ける女性アーティストになりたいなって思うんですよね。だから嬉しい!本当に。

−−いわゆるセックスシンボル的な存在感をあの日のライブからは感じましたよ。楽しかった。2005年ベスト3には入るライブでしたよ。

倖田:あ〜嬉しい!ありがとうございます!

−−あらゆる面で良かったんですよね。パッと見のインパクトももちろんそうですけど、歌一つとっても、構成一つとっても・・・『キューティーハニー』に入る前に失敗したのも逆にドラマティックだったし、絶対忘れないんですよね、ああいうのって。で、次はしっかり演出がキマる『キューティーハニー』が見たいなって思うから、次に繋がるし。

倖田:衣装が破れちゃってね、早着替えが出来なかったんですけど、でもあれがライブの面白さかなって。生ならではの。ただ5分ぐらい待たせちゃったのは申し訳なかったです。「え?休憩?終わり!?」みたいな感じにしちゃったと思うんですけど、スタッフも慌てちゃって、「アナウンス流しますか?「ちょっと休憩です」って」みたいな(笑)。で、ブワーって全部安全ピンで止めて出ていったんですよ。ただヘアメイクさんが言ってて、某アーティストさんも1時間ぐらいお客さんを待たせて出ていったことがあるって。しかも普通に「どうも♪」って(笑)。それ聞いて、「分かった!」って元気になって(笑)。

−−あの数分間の中で色んなアレがあったわけですね。

倖田:そうなんですよ。「最悪〜!!」っていうのと、「どうやって次繋げよう?」みたいな気持ちでいっぱいになって。でもあそこが本当に『キューティーハニー』で良かった!あれがアルバムの中のしっとりとした一曲だったりしたら危なかった。

 
page 1 / 2 / 3
 

ページトップへ戻る