音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

m-flo インタビュー

PAGE2へ PAGE3へ
   
  アルバム
『COSMICOLOR』


2007.03.28 RELEASE
[初回限定盤]
RZCD-45557/B
\3,800(tax in.)


 
  [CD]
RZCD-45558
\3,059(tax in.)


DISC-01(CD)
01.Issue No 5
02.Love Don't Cry
 m-flo loves Crystal Kay
03.Luvotomy /
 m-flo loves 安室奈美恵
04.STUCK IN YOUR LOVE /
 m-flo loves melody.
05.Current Affairs
06.Summer Time Love /
 m-flo loves 日之内エミ
              & Ryohei
07.Simple & Lovely
 m-flo loves 倖田來未
08.Picture Perfect Love /
 m-flo loves MONKEY MAJIK
09.Music Monopoly
10.she loves the CREAM /
 m-flo loves DOPING PANDA
11.Love Me After 12AM /
 m-flo loves Alex
   (CLAZZIQUAI PROJECT)
12.Love Song /
 m-flo loves BONNIE PINK
13.Love Long and Prosper /
 m-flo loves STAR TREK(TM)
14.LOVE ME,HATE THE GAME
 m-flo loves Chan, 
  Thaitani Edison Chen,Ryohei
15.Lotta Love
 m-flo loves MINMI
16.People of Cosmicolor
17.Love to Live By /
 m-flo loves Chara

DISC-02(DVD)
01.Summer Time Love /
 m-flo loves 日之内エミ
             & Ryohei
02.Lotta Love -m&M mix- /
 m-flo loves MINMI
03.Love Song /
 m-flo loves BONNIE PINK
04.she loves the CREAM -Amazing Nuts! Ver.- /
 m-flo loves DOPING PANDA

m-flo Visual Mega Mix -HEKE HEKE DON DON REMIX-
[Summer Time Love / Lotta Love -m&M mix- / Love Song / she loves the CREAM -Amazing Nuts! Ver.- / m-flo TOUR 2005 BEAT SPACE NINE at 日本武道館]

History of m-flo
[Music Clips Mega Mix including 26 Tracks (The Way We Were 〜 ONE DAY-KREVA REMIX-)]

初回盤Bonus映像
VERBAL & LISA Live -Rhythm Nation 2006 at 国立代々木競技場第一体育館 (2006.12.17)-
[been so long / come again]


 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
   
 
 
 

 m-flo loves hotexpress。

  ごめんなさい、一度書いてみたかったんです(笑)。そんな誰もが一度はコラボレーションしてもらいたいお相手・m-floが今作『COSMICOLOR』を“Loves”シリーズ最終章と銘打ち、近年希に見る超豪華アルバムを完成させた。このアルバム、シリーズ最終章を銘打っただけあって、全曲、参加アーティストの今現在の状況、世間に持たれているイメージ、その音楽活動のコアとしている部分は何なのか?を、考慮した上で確実にそのアーティストの未来に繋がる楽曲に仕上げており、彼らの現段階でできる“すべて”が収録された作品になっている。そんな素晴らしい傑作の誕生を受けて、hotexpressはm-floのお二人に初接触を試みた。


−−今日お二人にこうしてお会いするのは初めてなんですが、ライブでお二人のことはよく拝見していてですね。それも半端ない数で、もしかしたら僕ここ数年で最もライブパフォーマンスを観させてもらっているアーティストなんですよ、m-floって。

VERBAL:へぇ〜。なんで、それでインタビューが初めてなんでしょう?

−−理由はあるんですよ。どちらかと言うと、m-floのライブでっていうよりは、他のアーティストのライブのステージでよく拝見していまして(笑)。

VERBAL:なるほど(笑)。

−−ただそういう数多くのアーティストたちと音楽で繋がっていっている状況というのは、元々二人が望んで生まれていった状況なんじゃないですか?

☆Taku:面白い質問ですね。

VERBAL:まぁいろんなところに出たいからというよりは、いろんな人と一緒にやっていたら「じゃあ、ウチのライブにも出てよ」って必然的にお話を頂くようになっていった感じで。もちろんそれが楽しいからやってるんですけど、その結果、僕らのライブパフォーマンスをたくさん観て頂いて、こうしてインタビューをしてもらえるっていうのは、成果が出てるのかなって(笑)。

−−(笑)。近年のお二人の活動を見ていると、まぁこれはいろんな人に言われていることかもしれないんですけど、アーティスト同士の繋がりも含め、人と人が繋がっていくことで生み出される力だったり、前向きに機能するベクトルだったりっていうモノを実は何よりメッセージしようとしているんじゃないかと感じたりもするんですが、実際のところはどうなんでしょう?

☆Taku:そうやって受け取ってもらえるのは、すごく嬉しいです。やっぱり前向きにやってきているし、音楽はすごく楽しいモノで、音楽を作るなら楽しみながらみんなと作りたいって考えながらやってきているから。今言って頂いたことを目的でやっているかどうか、それがメインのメッセージかは分からないけど、でも少なくてもそうやって受け取ってもらえることは、非常に嬉しいです。

VERBAL:意外にみんなが思うほど、レコード会社の壁とかあったとしても、アーティスト同士知り合ってしまえば、コラボレーションって上手くできちゃうもんなんですよね。それは実際にやってみて分かったことですけど。まぁアーティストそれぞれですけどね。タイミング的に忙しかったりすると難しかったりしますから。

☆Taku:どのレコード会社のアーティストさんも、そのアーティストさんの作品とリリースが重なったりすると、難しいですよ。でも、実はなにげにエイベックスが難しかった(笑)。

VERBAL:まぁそれだけ人気があって忙しいアーティストが多いってことですからね。エイベックスさん的には嬉しいコメントなんじゃないでしょうか(笑)。

☆Taku:エイベックスが難しかった(笑)。何度も言わなくていいね。

−−(笑)。あと、m-floって、元々は“クラブミュージック”という興味のない人にはマニアックに捉えられがちなイメージがあったじゃないですか。それが『ASTROMANTIC』のリリースを機にジャンル別とかアーティスト別っていう概念を超えたところで見られるようになっていった印象があるんですが、自分達ではどう思われますか?

VERBAL:「自分たちが信じているモノを単純に世に広めたいな」っていう想いがあって。それをポップ感を保ちつつやる。そういうバランスが絶妙なことをしているとは思います。結果が出れば、それはいろんな人が聴いてるってことだからね、そういう方向に持っていきたいとは思ってます。

☆Taku:あんまり難しいことは考えていなくて、「とことんコラボレーション」っていうコンセプトで“Loves”シリーズは始まったんですよ。それをどういう形でアルバムまで盛り上げていくか?っていうのは、VERBALと二人で考えたりしましたね。その当時。で、『ASTROMANTIC』以降、ジャンルに捕らわれないイメージを持たれたことは、おそらく事実でしょうけど、僕らの中では、元々いろんなジャンルの音楽をやっていて。高校時代からVERBALとはずっと一緒にやってるんですけど、そのときから、ロックバンドにラップを乗せる形態だったりとか、いろんな形でやってきて、なおかつメロディは昔からすごくポップなモノが多かったから、そういったバックグラウンドは僕らの中ではもうしっかりできていたんですよ。だから『ASTROMANTIC』を出すときになって「これから新しいことをやるから、大変だね」っていうのは、音楽的な部分ではなかった。ただ「毎回いろんな人とコラボレーションをやっていく」っていうことを日本でチャレンジしている前例がほとんどなかったから、それが上手く行くかどうかは、分からなくて。でも「それはやってみるしかないね」っていうスタートの切り方だった思います。

−−その「それはやってみるしかないね」の蓋を開けてみたら?

☆Taku:がむしゃらにやっていたと思う。簡単ではなかった。だけど結構賛同してくれる人が多くて、それのおかげで比較的スムーズに『ASTROMANTIC』は作れたんじゃないかな。

VERBAL:そのときは「そんなオムニバスっぽくなっちゃうかもしれないプロジェクト、どうなの?」って言われつつも、曲を作っていったら「意外にいいじゃん」みたいな感じになったんで。結果的には、グレーゾーンを新しいマーケットとして開拓したプロジェクトだったのかなって。まぁちょっとお堅い言い方をすると。

☆Taku:音楽的に吸収できる面もあったしね。皆さんの音楽手法とかは、勉強になりました。例えば「melody.はどうやってコーラス録りしてるのかな?」とか、そういうのを知れたりとか、僕ら男だけのユニットだから「女の子のこういうときの恋愛感情ってどんな感じなのか」みたいなことを“Loves”した女性アーティストから教えてもらったりとか、そういう部分もありましたね。

VERBAL:あと、単純に友達の輪が広がっていく感じが面白かった。それだけいろんな人と知り合っていくと、自分の中の何かがデカくなっていく感じがして、それが自然と楽曲制作にも現れていくるし、曲の内容とかもだんだんリッチになっていくっていうか。そういう感じがして、アルバム3枚(『ASTROMANTIC』『BEAT SPACE NINE』『COSMICOLOR』)を通してね、やっぱり良い体験をさせていただいた気はしてます。

2ページへ→
 
 
m-flo OFFICIAL SITE http://m-flo.com/ PAGE2へ
 
 

m-flo ページトップへ戻る