音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

中島美嘉 インタビュー

 
 
 
PAGE   >2   >>3 >>4
 
 

 孤高の存在。そんな印象を彼女に対してこれまで抱いていた人は少なくないだろう。実際、中島美嘉という人は、少し前までは、他のアーティストと何かをしたり、簡単に人を信じたり、心を開いたりすることを極端に嫌がっているように見えた。それは、表現者としての自身の世界を守ろうとするが故の感覚だったわけだが、今作『YES』を聴いていると、すべての人を肯定し、繋がりを持つことの重要性を打ち出しているように感じられる。一体、中島美嘉に何が起きているのだろうか。彼女は構えずにすべてを語ってくれた。


−−ニューアルバム『YES』を聴かせていただいて感じたことなんですけど、今作はそのタイトル通り、すごく肯定的なアルバムですよね。僕は中島さんの『FIND THE WAY』という曲が大好きなんですけど、あれと同じベクトルに向かった世界観を今作からは感じたんですが、自身ではどう思われますか?

中島美嘉:開放的なイメージがありますね。そればかりを意識して作ったわけじゃないんですけど、出来上がって聴いてみたら開放的な作品になっていたので、無意識なんですけど、そういうベクトルだったんでしょうね。前向きになってきたんだなって。そんな印象です。

−−そうした楽曲が今作に集約された背景には、当然、中島美嘉の今の心境が大きく関係していると思うんですが、実際に今の中島さんはいろんな物事や対人間に対して肯定的になっているというか、心がオープンな状態になっているんですかね?

中島美嘉:そうですね。仕事では特にそうなってきましたね。

−−その心境の変化は、いろんな出逢いや体験によって起きたモノ?

中島美嘉:そうですね。出逢いが一番大きかったと思います。

−−個人的には、今作にも収録されている『ALL HANDS TOGETHER』、あの曲との出逢い、そしてあの曲を通してアラン・トゥーサンと出逢えたことが、まず大きく関係しているんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?

中島美嘉:それがあったから、こういうアルバムになったんだと思います。

−−あの、資料によると、アランと出逢う少し前には歌を辞めることも考えたらしいですが、それはなぜ?

中島美嘉:アランと出逢う前も前向きは前向きだったんですけど、自信がどんどん無くなっていっていたんですよね。それで怖くなってきてしまって。怖いと言っても「もう立てない、無理」という状態ではなかったんですけど、そうなってしまう前にもう辞めてしまうか、辞めたくないならその不安を超えなきゃいけない。そのどちらかだなと感じていたんです。そうなった一番の理由は、いろんなことを知る上で、例えば、自分の周りの人や物事がどれだけ動いているかとか、ライブであればどれだけの人数が関わってくるのかとか、レコーディングで言えば、耳が肥えていくと、歌っているときにどうしてもある音が気になって、自分の声が聞こえなくなったりとか。そういうことが増えていくと、すごく不安が大きくなってしまって。自分らしさが無くなってきてしまった気がしたんですよね。

−−中島さんが大事にしてきた“自分らしさ”とは、どんなモノだったりしたんですか?

中島美嘉:何にでも屈しないし、動じずにいられる、何も知らない良さっていうのが自分にはあると思っていたんですよ。それで、あんまり勉強もせずに、感じるままにすべてをしてきたから。まぁ今もその状態に戻ってこれたから、そういう状態なんですけど。あんまり小難しいことを考えて歌っても、その難しさっていうのは、伝わるモノではないし。なので、感じるままに歌って、その感じたことを相手が感じ取る。それが一番良いと思うんですけど、あの時期はそういうところが「無くなってきちゃったのかなぁ」って気付いてしまって。

−−それがアランと出逢って良い方向へひっくり返すことが出来たと。

中島美嘉:そうですね。より前向きな姿勢とか、人に対してオープンな感じとか、そういうモノを彼から学んで。音楽性もそうですが、人として尊敬できるところもすごく大きくて。だから「アランみたいな生き方がしたい」って思ったんですよね。人として。

−−で、そんなアランとの出逢いの後にシングルとしてリリースされた『MY SUGAR CAT』からも中島美嘉の変化みたいなモノはすごく明確に感じることができたんですが、自身ではあの曲にどんな印象や感想を持たれていますか?

中島美嘉:この曲は、五島良子さんに書いて頂いたのですが、五島さんのメロディってすごく自分に合うんですよ。だからこの曲をやるのは、すごく楽しみだったんです。でもちょうど迷っている時期でもあったんですよ。ただ迷っているときに迷ってることを人に悟られたくなくて、「歌詞でちょっと毒っ気を出してみよう」とか思って(笑)。

−−僕は中島美嘉という人は『MY SUGAR CAT』的な表現はどちらかと言えば苦手な人。っていう印象だったんですよ(笑)。毒っ気はあるけど、実際にあんなに可愛らしい楽曲はこれまでほとんどなかったですし。

中島美嘉:でも正直なところ、私はこういう歌詞を書くのは楽しいんですよ。なんて言ったらいいんだろう?「可愛いだけじゃないぞ、女は」みたいなところを書くのがすごく好きで。『MY SUGAR CAT』とすごく似たような歌詞で『Carrot&Whip』(サードアルバム『MUSIC』に収録)っていう曲があるんですけど、またあんな雰囲気の曲が良いねって、スタッフと話してたのもあったので、そういう歌詞にして。結果、ファンのみんなも喜んでくれて。「久々に女の子らしい美嘉ちゃんを見ました」とか言ってくれたり。

でも元々“可愛らしく”とか、そういう表現は実際苦手なんです。それでどう頑張って可愛く歌っても「あ、可愛くならないな」と(笑)。

−−(笑)。

中島美嘉:それに気付いてからは、『Carrot&Whip』や『MY SUGAR CAT』みたいな曲も私らしく歌えるようになりましたね。

2ページへ→

 
 
 
   
  アルバム
『YES』


2007.03.14 RELEASE
[初回生産限定盤(CD+DVD)]
AICL-1798/9
\3,500(tax in)



 
 
 
   
  [通常盤(CD)]
AICL-1800
\3,059(tax in)




01.I LOVE YOU(Album Ver.)
02.見えない星
03.素直なまま
04.CRY NO MORE
05.ALL HANDS TOGETHER
06.DANCE WITH THE DEVIL
07.BLACK & BLUE
08.JOY
09.THE DIVIDING LINE
10.MY SUGAR CAT
11.汚れた花
12.GOING BACK HOME
13.祈念歌
14.WHAT A WONDERFUL WORLD

DISK 2 DVD(初回盤のみ)
01
.opening
02.CRY NO MORE
03.BLACK & BLUE
04.ALL HANDS TOGETHER
05.MY SUGAR CAT
06.見えない星
07.I LOVE YOU
08.WHAT A WONDERFUL WORLD(LIVE)
09.ending roll


 
   
   
   
   
中島美嘉 レビュー 『YES』
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
   
中島美嘉 OFFICIAL SITE
http://www.mikanakashima.com/
PAGE2へ
 
 

中島美嘉 ページトップへ戻る