音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 

中島美嘉 インタビュー


OFFICIAL SITE
http://www.mikanakashima.com/
page 1 / 2 / 3

SINGLE
CRY NO MORE

2006.2.22 RELEASE
AICL-1730
\1,223(tax in.)
SMAR

01.CRY NO MORE
02.BLACK&BLUE
03.CRY NO MORE
-instrumental-
04.BLACK&BLUE -instrumental-



中島美嘉 レビュー
CRY NO MORE
中島美嘉 インタビュー
『BEST』
中島美嘉 ライブレポート
【LET'S MUSIC TOUR】
Interviewer:平賀哲雄

−−まず前回のインタビューで出来なかったお話しをひとつさせていただきたいんですが、全国ツアーの東京公演のMCで“おじさんの妖精”を見たって話をされていたじゃないですか。で、僕もそれっぽいのを見たことがあるんですよ!ただ寝ぼけながら見たから・・・。

中島美嘉:そう!みんな寝ぼけてるときに見るんですよ!

−−「夢かな?」って思ってたんですけど、中島さんが公の場で「“おじさんの妖精”を見た」と言っていたから「あれは夢じゃなかったのかな?」と(笑)。

中島:夢じゃないですよ。私はあの話をして以来、「中島美嘉はやっぱりおかしい」「やっぱり疲れてる」と言われるようになっちゃったんですけど(笑)。「本当に見た」って言ってるんですけどね。どんなときに見られたんですか?

−−夏場、熱くて目を覚ましてクーラーの電源を入れようとしたら、そのクーラーの上にいました。あんまり怖い印象じゃなかったですけど、少しコミカルな感じで。

中島:ハッピーになる感じ。

−−なんか話して少しスッキリしました(笑)。

中島:(笑)。

−−で、僕だけじゃなく、多くの中島美嘉ファンが聞きたい話をさせていただきたいんですが、映画『NANA』の続編の制作が決定しましたが、続編でも中島美嘉さんが大崎ナナ役を演じられる予定なんでしょうか?

中島:どうでしょうね?まだ現時点では決まってないです。ただご依頼いただければ、抵抗なくやらせていただきたいと思います。続編の話は一作目の撮影をする前から上がってはいたんですけどね、そのときは動員数を見ながら考えましょう、という話で(笑)。

−−映画『NANA』の大反響を見ていかがでした?

中島:嬉しさ反面、恥ずかしさ反面ですね。

−−再び自分を“NANA”モードに持っていくのを想像すると、大変だったりしません?

中島:別に大丈夫ですよ。髪型とかメイクひとつで女は気分を変えられるので。そういう部分で楽しめると思います。

−−今まで散々聞かれてきてることかも知れませんが、中島美嘉さんから見た『NANA』の魅力ってどんなところにあるのか、語っていただけますでしょうか?

中島:『NANA』って大人向けとは言われてますけど、少女コミックじゃないですか。小学生からおじさん、おばさんまで読んでるわけですけど、そこに恋愛とか夢とかは必ずあるんだけど、ダークな部分があまりに鮮明に書かれてるじゃないですか、『NANA』って。それが良いんじゃないかなって思う。普通に生活していたら絶対に踏み込めない場所が普通に描かれているのが魅力的なところだと思いますね。

−−ちなみに好きな登場人物は?

中島:全員私は好きですけど、ヤスみたいな人がいたら好き放題できるなって思う(笑)。あんな人いないね。

−−『NANA』は単行本で読まれてるんですか?

中島:単行本ですね。まとめ読みしないと嫌なんですよ。そもそも『NANA』を知ったのも9巻が出た頃で、全部まとめて読んでハマったんですけど。

−−最新巻を読んでヤスのイメージとか変わりませんでした?過去の話ですけど、レイラをパーティーから引っぱり出して自分のものにしちゃったりして。

中島:そんなの全然いいですよ!それぐらいヤスもやってもらわないと!むしろ(笑)。

−−(笑)。で、『NANA』と言えば『GLAMOROUS SKY』。昨年末はいろんな授賞式や番組であの曲をアコースティックバージョンで披露されていましたよね。

中島:アコースティックにしたのは“NANA starring MIKA NAKASHIMA”ではなくて、中島美嘉として歌おうという気持ちがあったからですね。オリジナルのスタイルのまま歌ってしまうと、どうしたって“NANA”になってしまうので。アコースティックであれば、やっぱり慣れている部分もあるので中島美嘉として歌えましたね、違和感なく。

OFFICIAL SITE
http://www.mikanakashima.com/
page 1 / 2 / 3