音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

サカナクション インタビュー

前のページへ 次のページへ
  アルバム
『シンシロ』

2009.01.21 RELEASE

[期間限定価格盤
(2009年2月末迄)]
VICL-63223 \2,100(tax in.)


 
  [通常盤(2009年3月発売)]
VICL-63224 \2,600(tax in.)


01.Ame (B)
02.ライトダンス
03.セントレイ
04.ネイティブダンサー
05.minnanouta
06.雑踏
07.黄色い車
08.enough
09.涙ディライト
10.アドベンチャー
11.human

 
   
   
   
   
サカナクション レビュー
『シンシロ』
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:梅原直也
   
 
 
   
  −−その5人のサカナクションに対する、山口さんの最初のイメージってどんなものだったの?

山口一郎:まずドラムの江島は音楽の畑がもともとジャズとロックなんですよ。だからクラブミュージックっていうものを知らなかったし、四つ打ちに対してすごくアレルギーあったんですよ。「頭にキックを四つ打って裏打ちするだけで、何がクラブミュージックだ」みたいな。でもそこはもっと奥が深いし、そこだけを研究してやってる奴がいるんだってことを懇々と説明していくことにすごく時間が掛かった。だから本当にロック色の強い奴だと感じてましたね。で、岡崎はハードロックが好きで、初めてスタジオに来たときにローリング・ストーンズのラメのタンクトップを着てて「これからやる音楽、そういうのじゃないんだけどなぁ」って思い(笑)。でもクラシックをずっとやっていたから、音楽理論とか音感が素晴らしくて。電子音楽を教えていく作業は必要だったんですけど、すぐに理解したんで器用な人だなって思いました。岩寺はもう俺が聴いてた音楽を聴く人だったから、何の弊害もなくて。草刈は聴いてる音楽もインテリジェンスなものが多かったから「サカナクションにとってはどうだろうな?」って思ったんですけど、やっぱり技術がある人だからすぐに順応していったというか。キャパシティのデカい奴だなって感じてましたね。

−−これまでもダンスミュージックとロックの融合を突き詰めていくバンドは日本にも存在しましたが、それをここまでポップにキャッチーに昇華してみせたのってサカナクションが初めてだと思うんです。で、それが、そんな音楽性のバラバラなメンバーでなんで成立するのか?っていう。

山口一郎:軸に言葉とメロディがあって、それを伝えるためのアレンジっていうテーマがブレないからだと思います。クラブミュージックって実質、踊らせたいだけなら歌はいらないんですよ。歌が無い方が踊れるし、変に軽い言葉を入れるとハウスになっちゃうし。じゃなく、バンドとして、別にバンドでやらなくていいことをやる。で、言葉を伝えるっていうところが、やっぱりサカナクションのまとまりっていうか、アイデンティティになってる気はしますけどね。僕たちの作る曲は、そもそも生演奏じゃなくてもいいわけですからね(笑)。それを敢えてライブで生でやることに対して面白く感じたり、そこの人の温かさ、生音の温度感。そこがサカナクションの魅力じゃないかなって思います。って、そこを敢えて狙ってもいますけどね。

−−それはこのバンドの使命と言っても良いぐらいのもの?

山口一郎:アートミュージックとして、意思を持って音楽をやってる人は世の中にたくさんいて。僕が思う素晴らしい音楽っていうのは日本にたくさんあるんです。でもそういう人たちって、それを好きになってくれる人が全体的に少ないと思いますよ。それでもそこにどっぷり浸かってやってる人がいる。僕はそこはすごく魅力的な世界だ感じるし、それをみんな知らないだけで知れば魅力的な音楽だと分かってもらえるって思ってるんですよ。でもエンタテインメント・ミュージックとして、今マスで受け入れられている音楽の素晴らしさも僕はよく分かるし、商業主義と言われてもおかしくないぐらいの音楽の存在理由もよく分かる。その中で僕らがやらなきゃいけないのは、どちらの魅力も吸収した、どちらにも行ける架け橋というか、そういう音楽をやるべきじゃないかなと思っていて。シーンを作るとかじゃないけど、魅力となる音楽のマスの幅をもっと広げたい。カラオケで歌いたいからとか、流行ってる音楽を聴きたいからって聴いてる人たちだけじゃなくて、純粋に音楽として「音とは何か?」っていうところを聴いてもらえる人を増やすための運動・活動をするのが、サカナクションなのかなって。僕ら、せっかくメジャーに来られたわけだし。

−−そこは活動を続ければ続けていくほど、高いクオリティで表現できていってる自負はありますか?

山口一郎:僕たちは北海道から昨年春に上京してきたばっかりで、シーンの中枢とかも見てなかったし、こっちに来てから見えた部分もあるけど、まだ全部は見えてないし。でも1曲ずつ僕たちがやっていってることは、エンタテインメント・ミュージックの方に重心を傾けていくこと。どれぐらい傾け得るのか?アンダーグラウンド感を残しつつ。その駆け引きでしかないと思うんですよ。その巧みさは今、付いてきてる気がしますけどね。振り切るんじゃなくて、寄せるというか。その方法論をいろいろ模索しながら、成長していってると感じます。技術とかじゃなく、戦略的に。

−−例えば、前作『NIGHT FISHING』は歌モノとしても成立するアルバムというか、カラオケでも歌いたい曲がたくさん入っていた作品という気持ちがあって。で、それに対して今回の『シンシロ』は、1曲目からどれだけ攻撃的なところを見せてやろうか?とか、どれだけ凄い熱量を感じさせてやろうか?っていう意思、山口さんの言葉で言えば戦略が確かに見えます。

山口一郎:今の音楽シーンって歌モノを求めているようで、そうじゃない、もうひとつ先のことを見てる気がしていて。例えば、Mr.Childrenのような、ミドルテンポで聴かせるバラードを新人のバンドがやっていたりとか、そこを好きだっていう人も増えてきてる気がするんですけど、僕らはそこを広げたいとは思ってなくて。もうひとつ別のシーンとして、新しいロックとしての何かを今回のアルバムでは提示していて。ただ単にUKクラブロックシーンから派生した日本のロックシーンじゃない、日本独自のクラブロックを。それが「サカナクションらしさ」って僕らは言いたいんですけど。そこを追求してみる必要があるんじゃないかなって。そういうタイミングに来てる気がしていて。で、今回は敢えてBPMを早くしたり、歌モノというよりかはビート。そこに持っていってる感じはあります。歌モノって作ろうと思えば、素晴らしいか、素晴らしくないかは抜きとして、結構いろんな人がやれるだろうし。でも僕らは敢えてそこには行かない。もうファースト、セカンドでやったこともあるし。今回はそれよりひとつのシーンを見せようとした。

−−あと、今作からは単純に音の変化・進化を感じました。それぞれの音が高い熱を保ったまま収録されている感じというのは、単純に各プレイヤーのスキルが上がったということなんでしょうか?それともバンド内に大きな意識の変革があったんでしょうか?

山口一郎:いくつか要因はあるんですよ。制作する場所が北海道から東京に変わったのもありますし、技術的な部分もありますし、制作方法的な部分もありますし。

−−具体的に制作方法は今までとどう違ったんでしょうか?

山口一郎:今までは僕が原曲を作って、それをスタジオに持っていって、イメージを伝えて、セッションする流れだったんです。1曲単位で構成を考えるのをみんなでやっていた。でも今回の制作は、僕が原曲を作って、僕を含む5人に別々の曲を渡したんです。で、1人ずつにイメージを伝えて、マンツーマンでそれぞれデモを作ってくるっていう作業だったんです。そうすると、他のメンバーが、例えば僕と岩寺が作ってきた曲を俯瞰で聴けるんですよ。「あ、そうなったんだ!?」みたいな。そこで初めてメンバーは自分たちの曲を客観視できる。「それって大丈夫?」とか「そんな曲入れるなら、私はこうしなきゃ」とか、それぞれが戦略を立てられるようになる。その作業はすごく大きな変化でしたね。あと、いろんな人の思考が入ってこない分、道が真っ直ぐになるんです。「こういうことをやるんだ」って2人が納得すれば、ずっとそれで行けますからね。誰かが何かを挟んでこないし、合わないものを入れてこない。その分、奇跡っていうものが起きる回数は減ったけど、それをバンドに戻したときに奇跡が起きる。この方法は僕らにとっての一つのターニングポイントになったと思います。

−−その制作方法を経た各メンバーの、サカナクションに対する意識の変化はやっぱりあったりしたんでしょうか?

山口一郎:意識の変化は物凄くあったと思います。今までは客体意識であったところが少なからずメンバーにはあったんですよ。何故かって言うと、北海道に僕らは住んでて、如何にそれぞれが自分を音で出すか、個を出すかっていうところしか、やっぱり目標になかったと思うんです。でも今回の制作の中で、客体意識から「自分たちがサカナクションを作ってる」っていう主体性を持つということに目を向けることが出来たんじゃないかな。そこは大きな変化だと思います。

−−個人的には、そんな今の状態のサカナクションがライブで聴かせる『minnanouta』がどんなことになっちゃうのか、楽しみでしょうがないんですけど。それこそインストなのにみんなの歌になっちゃうような奇跡を期待してしまいます。

山口一郎:『シンシロ』のためにデモをたくさん作ったんですけど、僕がマンツーマンで曲を作りながら「ダメ、ダメ」って採用しなかった曲の素材をドラムの江島が集めて作ったのが『minnanouta』なんです。だからこのタイトルなんですけど。ただ僕らが目指しているところはそこで。インストでさえロックバンドがやれる。そういうバンドになりたいと思ってるし、ライブの中にインストを導入するってところの素晴らしさみたいなものを追求していきたい。そこはきっとブレないでやると思うんですけど。ただ『minnanouta』をどういう風にやるかは、ちょっとまだ分かりません。
PAGE1 嘘くさいものに対してはすごく否定→
PAGE2 ひとつのシーンを見せようとした
PAGE3 決して古くならない素晴らしさ→  
 
サカナクション
OFFICIAL SITE
 
 
http://sakanaction.jp/   PAGE1へ   PAGE3へ  

サカナクション ページトップへ戻る