音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

サカナクション インタビュー

前のページへ
  アルバム
『シンシロ』

2009.01.21 RELEASE

[期間限定価格盤
(2009年2月末迄)]
VICL-63223 \2,100(tax in.)


 
  [通常盤(2009年3月発売)]
VICL-63224 \2,600(tax in.)


01.Ame (B)
02.ライトダンス
03.セントレイ
04.ネイティブダンサー
05.minnanouta
06.雑踏
07.黄色い車
08.enough
09.涙ディライト
10.アドベンチャー
11.human

 
   
   
   
   
サカナクション レビュー
『シンシロ』
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:梅原直也
   
 
 
   
  −−で、バンドの状態がどんなに良くなっても、歌詞の内容がやたらポジティブになってしまったりしないのがサカナクションで(笑)。『雑踏』のリアルな感覚でやってくる焦燥感とか、その切実さもこれまで以上だなって。自分ではどう思われますか?

山口一郎:自分たちの立場が成長していくというか、ツアーで行く場所が前回より確実に多くなってて、それは僕らの支持率が上がっているということだと思うんですけど、それを感じれば感じるほど不安になるんです。特に僕はネガティブな人間なので、それに応えられるかどうかって部分でも悩むし。「それ、もし出来なかったらどうするんだろう」とか「次はどうやったらクリア出来るだろうか」とか。で、そうした不安が出れば出るほど、僕はそこに創作意欲を湧かしていける。そういう意味では、僕らが今まで悩んでいた不安がよりリアルに出てくるだろうし、ネガティブな曲も増えていく。で、それが現在に生きるモラトリアムの人たちに上手く重なればいいなって思います。

−−1曲ピンポイントで聞きますが、『enough』。この曲の知りたくないような虚無感を歌っちゃってる感じ。これはどういう想いや発想から出てきてしまったものなんですか?

山口一郎:この曲は、歌詞を書くつもりで書いたのではなく、さらけ出したんです。歌詞を書くときって、今回は特にエンタテインメント・ミュージックに対して重心を動かしたアルバムだったりもしたんで、言葉を気を付けてるんです。で、アルバムは11曲もあるし、1曲ぐらいは、自分の思うことすべてを書く詞があってもいいんじゃないかと思って。それで作り始めたのが『enough』。今の自分が考えてることを言葉にして歌にしておきたい、それだけで作った曲ですね。僕はずっと思ってることがひとつあったんですけど、例えば「偽善」って言葉があるじゃないですか。エコとか「地球大事にしよう」とか言うと、逆に嘘くさくなる。本音なのにそれを「嘘だ」と受け取られる傾向がある。僕はそれはすごく悲しいことだなと思うし、だけど「嘘だ」と言う人の気持ちも分からなくない。じゃあ、僕らはどういう風に本音を伝えていくべきなのか?それを歌にしたのが『enough』です。それを小さい規模で、自分の中だけで言葉にした曲。音楽ってヘタすると人を傷付けたりするものにもなるし、言葉って凶器になる。誰かを名指しすることもヒップホップみたくしようと思えば出来るし。でも僕はそこに対して勇気ないし、自分がそこまで強くないと思うし。だからテーマとしてはやはり大きなものを持っていって、最後をハッピーエンドにしたい。極めて周防正行監督的な、傾向はありますけどね。

−−切実さの先には、音の力を使って少し笑える未来を用意したりもする。それは山口さんの人生観とイコール?

山口一郎:基本、僕はネガティブだし、常に何か考えてしまう人間だから、言葉にするか、しないか。考えずに言葉にしてしまうときもあれば、全く言葉にしないまま1日が終わるときもあるし。気まぐれなんですよ。気まぐれな自分が今この瞬間に考えていることを素直に歌にする。そしてそれを外に出す機会があるっていう。それが僕の人生観になるっていうのは、面白いなと思います。

−−で、このアルバムはクライマックスでまた激しい展開を見せるんですが、10曲目『アドベンチャー』。もうサカナクションが『アドベンチャー』を奏でるならこうだろうなっていう内容になってますが、何故にこうしたテーマの曲が生み出されたんでしょうか?

山口一郎:僕らにこれまで足りなかったものがあって。投げた矢の先が受け取ってくれる人が少なかった気がするんです。そういう意味で、もっと広い範囲で、そして今大衆的に鳴ってるエンタテインメント・ミュージックと違うところで、『アドベンチャー』のような率直で勢いのある楽曲が必要だったんですよね。『セントレイ』が出来る前から、実はこの曲はあって、本当は『セントレイ』の立ち位置に『アドベンチャー』が来る予定だったんです。でも『セントレイ』っていう楽曲が出来たおかげで、『アドベンチャー』がより狙う楽曲になった。僕の素直な気持ちを書いた曲なんですけど、不安な未来に対しての。

−−そして、その『アドベンチャー』からラストの『human』への流れも秀逸で。最後の最後で激しく鼓舞させられる感覚を与えてくれるんですが、これは狙い通り?

山口一郎:そうですね。『セントレイ』が好きな人って、多分このアルバムを聴いたときに物足りなさを感じると思うんですよ。でも『アドベンチャー』を聴くために長く聴くというか(笑)。で、『アドベンチャー』が終わって『human』が終わって、また最初に戻って『セントレイ』を待つ。その流れが、さっき言った調教じゃないけど(笑)、訓練というか、戦略ですね。という部分で曲の立ち位置はある程度狙いました。でも曲を並べたときに自然とそうなってしまったところもあります。「これの次の曲にはこれが合う
」って感じで。

−−ちなみに『human』にはどんな想いを込めているんでしょうか?

山口一郎:聖歌みたいなものを作りたいと思って。コールドプレイじゃないけど。人としての健全さみたいなものを歌にしたいと思って。でも書いているうちに自分がそういう人間じゃないことが分かってきて(笑)。腹黒さみたいなものがやっぱり自分には大いにあることが分かってきて。で、最終的に人間くさいものになってしまったんです。そういう意味で『human』と名付けたんですけど。人間くささを綺麗に歌にしたのが、この曲。

−−こういう曲があることで、ライブももっとグッと来る内容になりそうですよね。

山口一郎:そうですね。ライブ感というか、ライブでこの曲をやったら楽しいとか、こういう曲が今までライブになかったとか、そこは意識して作ったところもあるアルバムで。そういう部分で、きっと新しいサカナクションのライブスタイルが今後出来てくるような気がします。

−−そんな全11曲入りのアルバム『シンシロ』。このタイトルにはどんな意味や想いが?

山口一郎:漢字で書くと、新しい白で“新白”。真の白で“真白”でも良いんですけど。まぁ『シンシロ』って耳にすると犬の名前みたいなんですけど(笑)いろんな受け取り方をしてもらえたらいいなと思って。サカナクションっていうスケッチブックがもしあるとして、ファースト、セカンドでそこにいろんな色を重ねたり、いろんなものを置いてきたんですよ。でも僕は東京に出てきて、やり方を変え、シーンというものに対して一歩踏み出した部分、新しい気持ちで臨まなきゃいけない部分が多々あったんですよ。ただ、素直にそこに傾倒できるかって言ったら、メンバー5人趣向がバラけいるし、なかなかそうもできない。なので、テーマとして新しいもの、新色の白みたいなものを作る気持ちで、拘ってやってみようじゃないかと思って。そこがスタートだったんです。「新しさとは何か」っていうところももちろんありますけど。シーンにとって新しいものなのか、新しいっていう概念は何なのか。いろいろ新しさについて語らざるを得ない部分はたくさんあるんですけど、僕が思う新しさ、大きな枠での新しさっていうのは、いつどんな時代が来ても決して古くならないものが本当の新しさだと思うんですよ。だから僕らが作らなきゃいけないのは、シーンの中で今新しいものじゃなくて、いつどんな時代が来ても「新しい」って言われるもの。単純に新しいことを今やるんだったら、僕はフレンチ・テクノやりますし。それやればきっと「新しい」って思われるけど、でも10年後には「古い」って言われると思いますからね。そうじゃなく、往年のフォークミュージシャンがそうであるように、素晴らしい音楽を奏でてきたジョン・レノンやビートルズがそうであるように、決して古くならない素晴らしさ。それが本当の新しさと信じて、これからもそこを目指して音楽を作っていきたいと思います。

−−では、最後に月並みな質問なんですが、そんな『シンシロ』のリリースで始まる2009年は、サカナクションにとってどんな1年にしていきたいですか?

山口一郎:2008年と変わらず、先程話したエンタテインメント・ミュージックとアンダーグラウンド・ミュージックの魅力的なところを盗み、その挟間の位置をきっちりキープするバンドで居続けたいと思います。そこを繋ぐ架け橋に、柱の1本になれるよう精進します。
PAGE1 嘘くさいものに対してはすごく否定→
PAGE2 ひとつのシーンを見せようとした→
PAGE3 決して古くならない素晴らしさ  
 
サカナクション
OFFICIAL SITE
 
 
http://sakanaction.jp/   PAGE2へ  

サカナクション ページトップへ戻る