音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

ソウル・フラワー・ユニオン インタビュー

Page1へ Page2へ

アルバム
『ゴースト・ヒッツ 00〜06』

2006.09.20 RELEASE
[限定盤]
XBCD-1016
\3,675(tax in.)


[通常盤]
XBCD-1017
\3,150(tax in.)


01.うたは自由をめざす!
 (2006 DERACINE REMIX)
02.サヴァイヴァーズ・バンケッド
03.永遠の語らい
04.世紀のセレナーデ
 (2006 DERACINE REMIX)
05.殺人狂ルーレット
06.ピープル・ゲット・レディ
 (2006 DERACINE REMIX)
07.荒れ地にて
08.緑の沖縄
 (2006 DERACINE REMIX)
09.ビッグ・アップル
10.クレイジー・ラヴ
11.フリー・バルーン
12.リキサからの贈り物
13.そら(この空はあの空につながっている)
14.極東戦線異状なし!?
15.神頼みより安上がり
16.不死身のポンコツ車
17.松葉杖の男





ソウル・フラワー・ユニオン
レビュー
『ゴースト・ヒッツ 00〜06』
ソウル・フラワー・モノノケ
サミット インタビュー
『デラシネ・チンドン』
ソウル・フラワー・ユニオン
ライブレポート
『芸能生活20周年
人生40周年記念ツアー』
 
Interviewer:杉岡祐樹
 


−−反戦メッセージを歌うということに対する意識という点で、変わった部分は?

中川:それはもう<こたつ内紛争>を歌うとか、<満月の夕>を何回も歌うのと同じで、<極東戦線異状なし!?>を何回も歌うということでしかないようになってきているよね。不思議なことに曲っていうのは歌えば歌うほど安定していくね、自己の中に。ある種のスタンダード化っていうか。

−−確かにオーディエンスが求める代表曲を素直に演奏することに対する照れやジレンマを持っているアーティストはたくさんいますよね。

中川:あらゆるタイプの曲を作ってきているし、他人の曲も含めて無数に歌ってきているわけやから、どれもが「1つの歌」やね、もはや。それとやっぱり、メロディーやバンド・アンサンブルあって初めて<極東戦線異状なし!?>という曲が成り立つわけであって、字面だけを取り上げて言葉だけを取り上げて詩として発表するものではない、俺の曲は。あらゆるタイプの曲を歌いたいってことかな、死ぬまで。

−−その色んな曲を歌いたいという欲望が、ジャンルを特定できないというソウル・フラワーの特性みたいなものに繋がっていく?

中川:ん〜、そんなに変わったことをやってるとは俺は思ってないな。やっぱり、世界中の、好奇心のあるアーティストはみんなあらゆることをやってきてるよ。むしろ日本の殆どのミュージシャンが、そんなに西洋のコピーだけをやってて幸せなんか?って。ソウル・フラワーはそういう意味では「王道」やと思うよ。好奇心の固まりやね。
本当に10代の頃から、あらゆる音楽が好きやからね。ずっとヘヴィ・リスナー。あらゆる要素が出てくるし、自分から出てくるものを止めようとも思わない。

−−自然に出てくるものを、カタチにしていると。

中川:結論はそうゆうことやと思うね。もちろん、例えば以前「自己内キューバ・ブーム」の時期、キューバっぽいのやりたいなって『スクリューボール・コメディ』の<オーマガトキ>っていう曲を作ったりとか、そういうこともあるよ。やりたいことを好奇心に忠実にやる阿呆です、私は(笑)。

−−それを出せるようになって来た理由というのは何かありますか?

中川:バンドが強靱になってきたからちゃうかな。このメンバーやったら、やっぱりこういう風な音楽性が正しいんじゃないかなっていうのが、どっかにあったと思うねん以前は。バンドの持っている特性に俺が合わすというかね。それを合わせなくなったかな、今は。

−−そして最新アルバム『ロロサエ・モナムール』からの楽曲も3曲収録されたこのアルバム『ゴースト・ヒッツ 00〜06』。中川さんにとってどういった一枚になりましたか?

中川:間違いなくこの7年間のソウル・フラワー・ユニオンやね。ソウル・フラワーは常々新規のお客さんが多いバンドでね。ニューエスト・モデルもそうやったけど。だから入門編的なベスト・アルバムが必要とされたりするんやけど、前の『ゴースト・ヒッツ』はもう8年以上前のものになっちゃったから、ここらでまとめとこうかなってことやね。深い意味があるわけでもないけど、こういうの出すとバンドが次に行きやすい。それもあって、ソウル・フラワーのまた「1つの時代」が終わったかなというのはありますね。最近は新曲をガンガン書いてるよ。

−−では、聴き手にはこんな風に聴いて欲しいみたいなものは?

中川:あらゆる状況で「BGM」にして、ガンガンかけてくれればいい。日常的にかけてて欲しいなって感じ。あとは、「ソウル・フラワー・ユニオンってどんなバンド?」って聞かれた時に、これをあげればいいよ。だから1人5枚買えば、4人に説明できる(笑)。
くるりもスピッツもベスト盤出したし、あとJポップでベスト盤が必要なバンドって言ったらソウル・フラワー・ユニオンでしょう(笑)。まぁ、とにかくコレを買って、みんなで幸せになろうやないかと。くるり、スピッツ、ソウル・フラワー・ユニオン(笑)。

←2ページへ


   
ソウル・フラワー・ユニオン
OFFICIAL SITE
http://www.breast.co.jp/soulflower/index.html Page2へ

ソウル・フラワー・ユニオン ページトップへ戻る