音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

ソウル・フラワー・ユニオン インタビュー

前のページへ 次のページへ
  アルバム
『カンテ・ディアスポラ』

2008.09.17 RELEASE
XBCD-1026 \3,150(tax in.)


01.月光ファンファーレ
02.愛の総動員
03.海へゆく
04.ラヴィエベル〜人生は素晴らしい!
05.道草節
06.閃光花火
07.スイミング・プール
08.パレスチナ
09.国境線上のカルナパル
10.非公式な夜
11.名もなき惑星
12.辺野古節
13.朝ぼらけ
14.もっとおっぱい
15.寝顔を見せて
 
   
   
   
   
Interviewer:杉岡祐樹
   
 
 
   
  −−M-01<月光ファンファーレ>は既にライブで大きな盛り上がりを生み出す、ソウル・フラワー流ダンス・ミュージックの極み(※2)ですよね。

中川敬:ソウル・フラワー・ユニオンがソウル・フラワー・ユニオンする感じ(笑)。世界中を覆うハリウッド的明瞭さ、醜い二項対立論へのカウンターを歌ってるわけやけど、何よりも、やっぱりみんなと踊って歌って声上げて、お客さんと良い時間を過ごそうと思って、こういう曲を書く。ライヴの為にね。
M-04<ラヴィエベル>もそうやけど、ソウル・フラワー・ユニオンのオハコやね、この辺は。特に、俺と奥野の中に抜きがたくある、ロックンロール、パンクのルーツ。お里が知れる(笑)。

−−以前奥野さんに取材した時、「音楽の作り方からフレージングまで、(ソウル・フラワーで使う音は)他に持っていけない。それは中川の熱だと思う」と話していました。

中川敬:濃くないとあかんわけやね(笑)。俺の作風をどう思っているのかは、メンバー各々に聞いた方がいいと思うけど。例えて言うならビートルズ。<Strawberry Fields Forever>のコーダの入り口にのみ出てくるエレキ・ギター。もはやアレが入ってないとあかん、みたいな。そういう編曲の精度の高さを言うのなら、どんどん高くなってきてるよね。M-03<海へゆく>での河村のスライド・ギターにしても、M-07<スイミング・プール>のリクオのピアノにしても、もはやそのフレーズじゃないとあかん、みたいな。

−−必然的な音が集まっていると。

中川敬:ソウル・フラワーのために書く俺の楽曲が呼び込むものやろね。ビートルズやモータウン、いにしえの流行歌、ポピュラー・ミュージック。精度の高いポップスのアレンジというか、そういった俺のルーツが滲み出る。あと、俺らの世代から上、40〜50代のミュージシャンって大したことないのにどんどんレイドバックしていって、緩いだけのレコードを作るけど、そういったものに対して抵抗してるような部分もある(笑)。すいません、口悪いね〜(笑)。結局いつも、誠実に、ちゃんと魂込めて手抜きせずに作品を作りたいということ。ただいつも、CDってその時の気分が強く反映されるから、次はもうちょっと緩いモノを作るかもしれないね。今作『カンテ・ディアスポラ』は、自分もリスナーとして何回でも聴けるものを作ろうとした。

−−ただそれはかなり過酷な作業になるわけですよね。

中川敬:でも、メジャーでやってるわけじゃないし、発売日も自分でスケジューリングできるわけやから。締め切りがあるわけじゃなし。レコーディング、やりたくなかったらやらないよ、俺は。

−−全てを自分で決めれるからこそ、全てをそこに懸けられる?

中川敬:そう。で、2〜3ヶ月に一度は、沖縄へ逃げ込む。バイバイ、大阪、東京(笑)。2ヶ月くらい前に航空チケットを買って、「泊まりに行くで〜」ってヒデ坊(沖縄在住のモノノケ・サミットのリーダー)に電話する(笑)。事務所にも「この期間は働きません」と伝える(笑)。

−−オンオフはしっかり?

中川敬:30代中頃までは本当にワーカーホリックやったけど、3年くらい前から新たな自分のペースが出来た。その方が、音楽に対して今迄以上の馬力を発揮することに気づいた。もうルーティン・ワークでクタクタになりながら音楽はやらない。
最近、より日常が大事やと思うんよ。子供と散歩して「あ、ここにこんな花壇があってんな」とか、「ここにこんな道あるんや」とか。極端に言えば、そういうことを一切考えずに40年生きてきたからね(笑)。<閃光花火>やM-07<スイミング・プール>なんかはまさにそういう曲や。アクト・ローカル・シンク・グローバル。

−−<閃光花火>からM-08<パレスチナ>の流れは個人的にすごく好きなんですよ。

中川敬:その辺は世界中探してもソウル・フラワー以外に無い世界やね。自分のルーツ・ミュージックが引出しの中にモザイク状にあるから、もはや一口では言えなくなってて、自分でも良く分からない、独特な音楽になる。
よく話す実話やねんけど、ある時大阪のミナミを歩いてて、あるショップから俺のすごく好きなタイプの音楽が聴こえてくる。「あんまり聞かないタイプの音やな〜。何やろ?」って思いながら店へ入ってみたら、ソウル・フラワー・ユニオン(笑)。で、踵を返して慌てて店を出て行く、と(笑)。たぶん相当自分でも好きな音楽ができてるんやと思うんよね。

−−確かにソウル・フラワーの曲は一言で表現出来ないですよね。トラッドとも違うし…。

中川敬:トラッド=伝統やけど、はっきり言って、伝統は破壊してる(笑)。やっぱりカテゴライズしなきゃいけないっていう脅迫観念がありすぎるよ、みんな。例えばビートルズの『ホワイト・アルバム』をジャンル分けすることは不可能。ソウル・フラワーもそういう系譜の中に確実にいると思う。
PAGE1 離散した(させられた)唄の逆襲、復権→
PAGE2 カテゴライズしなきゃという脅迫観念
PAGE3 本当に“音楽”やと思うよ、ソウル・フラワー・ユニオンって→  
 
ソウル・フラワー・ユニオン
OFFICIAL SITE
 
 
http://www.breast.co.jp/soulflower/   PAGE1へ   PAGE3へ  

ソウル・フラワー・ユニオン ページトップへ戻る