音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 

滴草由実 インタビュー


OFFICIAL SITE
http://www.yumi-shizukusa.com/
page 1 / 2 / 3

MINI ALBUM
『花 Kagari』

2006.3.1 RELEASE
ZACL-9007
\3,059(tax in.)
ZAIN RECORDS

01.Tonight be my love〜待ちきれない〜
02.花篝り
03.時よ
04.君の涙を無駄にしたくない
05.Who you gonna be
06.I'm sorry mom
07.Baby fall in love
08.You're my life
09.Do you love me?
10.甘い記憶
11.傷ついても



 
滴草由実 レビュー
『花 Kagari』
Interviewer:平賀哲雄

−−“hotexpress”初登場ということで、まず滴草由実の歴史を辿らせていただきたいんですけど、まずは音楽の目覚め、滴草さんが歌うことに目覚めたキッカケについてお話を聞かせてください。

滴草由実:私が3,4歳の頃にお母さんが合唱団に入っていて、その練習によく連れていかれていて。そこで合唱団の発声練習とか歌とかを聴きながらお絵かきとかして、終わるのを待ってたんですよ。なので幼い頃からいわゆる“歌”には触れていて。そんな感じなので家にも音楽がよく流れていて、私も学校では他の授業に比べて音楽の授業が大好きだったりする女の子だったんですよね。それで小学生の頃には、歌をうたうだけでたくさんの人に想いが伝わったりとか、感動させられるような存在に憧れていて。そこから自分も合唱団に入ったりして。

−−早くも本格的に動き出したんですね。

滴草:それで中学生の時に今の自分を作った大きな出来事があって。そのときに歌に支えられて、歌があったから私は今ここにいるって思えるし、前に進めたと思うんです。で、その頃からオーディションを友達と受けたりしてたんですけど、「歌手になりたい」っていう夢をみんなに打ち明けるのに勇気が必要で。でも思い切って、学校の授業で“将来の夢”を作文で書くことがあったので、すごく迷ったんですけど「歌手になりたい」って書いてみて。やっぱりそこでみんなにバカにされたりはして(笑)。ただ逆にそこでのショックや、さっき言った大きな出来事があったので「絶対になってやる」と決意できて。

−−その滴草さんに「絶対になってやる」と決意させた“大きな出来事”って何だったんですか?

滴草:ぶっちゃけると“いじめ”なんですけど。そういう苦しい時期に最終的に手を伸ばす、求めてしまうのは歌だったんですよね。歌がないと殻に閉じこもったままになってしまって、一歩が踏み出せなくて。歌うことで自分に強くなれる気がして。あまりその頃の想いっていうのは誰かに言えなかったんで、自分と歌が一番身近な関係というか。

−−ちなみにその頃はどんなアーティストの曲を聴いて勇気づけられたりしていたんですか?

滴草:生きること自体もうよく分からなくなって、このままじゃ死ぬってなったときに『be alive』という小柳ゆきさんの曲が聴こえてきたんですよ。そしたら、そのときの想いと歌詞が重なったり、すごいエネルギーを感じて「自分このままじゃいけないな」「自分には歌しかない」って気付いて。あとお兄ちゃんとかお姉ちゃんの影響もあって洋楽も聴きだしていて、初めてお兄ちゃんにもらったCDがローリン・ヒルだったんですよ。で、彼女の歌詞とか人生観とか見てたら「すごいな」って純粋に思ったり、初めて聴いたときにはバァーって鳥肌が、心まで鳥肌が立つみたいな感じで、「自分がやりたい音楽ってこれだな、これでやっていきたい」と思って。

−−目覚めるわけですね。

滴草:将来のことを考えたときに、自分は仕事を仕事だって思ってやりたくないなってそのときから思っていて。自分の好きなことをやって、そこから誰かに何かを与えられる職業というか、そういう道でずっと生きていくという未来を描いてました。

−−オーディションに関しては結構受けたんですか?

滴草:友達に誘われていくことが多かったですね。それでとあるシンガーオーディションを受けたんですけど、決勝まで行ったらチャンスがあるかもみたいな感じだったんですね。で、そのオーディションの決勝まで行けたときに、また自分の夢に向かう一押しになったというか、そのときに大きなステージで歌ったのが初めてで、ライトを浴びて、人もいっぱいいてすごく緊張したけど、歌ってる瞬間に「私の場所だ」っていう風に思えて。「もしダメだとしても後悔しないように、絶対諦めないで行けるところまで行こう」っていう気持ちになれて。

−−その大きいステージに立ったときは、これまで生きてきた中にないぐらいの気持ち良さがあったんでしょうか?

滴草:本番のステージに出る前はすっごい緊張しましたけどね。しかも一番最後だったんですよ(笑)。で、それまでみんなの歌を聴くじゃないですか、「うまぁ〜」みたいな(笑)。でも自分がステージに立って曲が流れた瞬間にその世界に入っちゃって「伝われ!」みたいな気合いも入って。

−−ちなみにそのときは何を歌われたんでしょうか?

滴草:『be alive』。

OFFICIAL SITE
http://www.yumi-shizukusa.com/
page 1 / 2 / 3