音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

シュノーケル インタビュー

 
 
   
  アルバム
『EQ』


2007.10.03 RELEASE

[ 限定盤 ]
SECL-536/7
\3,500(tax in.)


[ 通常盤 ]
SECL-538
\3,059(tax in.)


    01.Another World
    02.天気予報
    03.solar wind
    04.無能の人
    05.奇跡(EQ Version)
    06.アイラブユー
    07.なんたらメンタル
    08.シュールストレミング
    09.雪の罠
    10.Bye-Bye × Hello
    11.3つ数えろ
  12.ボクラとキミラ


 
   
   
   
   
 
 
 
 
 
Interviewer:杉岡祐樹
 
   
   
 
 
 
 
  3.日常なのに“非日常”という現実がある
PAGE   <<1 <2  
 
  −−M-04『無能の人』は、昔の曲なんですよね?

西村晋弥:僕らが初めてこの3人で一緒に演奏した曲ですね。この楽曲とデビュー曲である『大きな水たまり』をオーディションに出して一次審査を通ったんですけど、その時はまだ、バンドをちゃんと組んで無かったんですよ。「ヤバい!受かっちゃって、二次審査ライブなんだけど…。」みたいな。「『大きな水たまり』はあのアルペジオが多分緊張して弾けないから、『無能の人』の人やろう」ってなって(笑)。

−−このタイトルはつげ義春さん(※2)の漫画から?

西村晋弥:っていうのも楽曲を作ってしばらくしてから気付いて、読んだんですけど………あんま関係ないかも(笑)。

−−ちなみに、最近おすすめの漫画は?

西村晋弥:香葉村に勧められた「おやすみプンプン」というマンガに凄いハマっていて。主人公は普通の男の子って説明には書いてあるんですけど、布を被ってる不思議なキャラで、他はみんな人間なんですよ。でも、みんなそのプンプンを普通の同級生として話が進んでいくっていう(笑)。

香葉村多望:物語自体はコメディじゃなくてドラマなんですよ。僕は作者の浅野いにおさん(※3)の大ファンで。

−−非日常的に日常を描く、みたいな。

香葉村多望:多分西村の歌詞もそうで、今回の『EQ』は特にそう。日常なのに“非日常”という現実があるみたいな。そして足元は地球、みたいな感じ。

−−では今作を一言でまとめると、皆さんにとってどのような1枚になりましたか?

西村晋弥:12曲全部違うカラーで、例えばこれを1個のクレヨンだとしたら箱で売ってるというか………。もう少し1曲1曲が別の方向を向いていたのが、今作は固まりでみんなに聴いて貰えるような感じはしてますね。

香葉村多望:「なんか凄いものを作ったなぁ。参ったなぁ、お手上げだ」みたいな(笑)。昨日も3人で軽く話してた時に、「聴いたんだけどさぁ…超えられなくねぇ?サード。」って(笑)。凄い発見をしちゃったんだなぁっていう。重力発見した人とかが「やべぇ!!」って思ったのと同じような。

西村晋弥:そこまで!?(笑)

−−さらに色んな可能性を持ってるバンドなんだと証明するような1枚ですよね。

山田雅人:シュノーケルを知っていた人も知らなかった人も聴いて貰えたら、思っていた以上のインパクトを感じて貰える1枚になったんじゃないかなぁと。自分でも「こんなに色んな曲あったんだぁ………」て驚くことがあって、集まると改めてそう思う部分もある。想像していた以上のものにはなったかもしれないですね。

−−カラフルなジャケットにも表れていますよね。しかも裏ジャケがおどろおどろしい感じなのがまた、シュノーケルをよく表してる(笑)。

西村晋弥:そんなポップな、爽やかなバンドじゃないぞ、みたいな(笑)。

山田雅人:それが一番インパクトを残したりして。

西村晋弥:影の部分もいっぱい感じられるものになっていますよね。

−−では今後についても伺っていければと思うんですが、10月末よりアコースティックツアーがスタートします。やはりアコースティックでのライブは普段と違う?

 
西村晋弥:ぶっちゃけ歌いやすいというのはあります(笑)、声が凄くドーンと真っ直ぐ行くような感じにはなりますね。ワイワイ盛り上がる感じでは無く、軽く手拍子をしながら聴ける曲もあリつつ。
あと、バンドでライブやっている時は、お客さんの目はあんまり見れないですけど、目が合っちゃうんですよね。ちょっと近すぎると困る部分はあるんですけど、そういう対人恐怖症を乗り越えて頑張って行きたいですね(笑)。

−−そして来年には大規模なツアーも控えています。

香葉村多望:予感は色々あります。『EQ』っていう12曲の武器が、もの凄く強いものが持てたと思っているので、「これ持ってライブやったらどうなっちゃうんだろう?」ってワクワクしてますね。今までライブをやって来た中で、こういう曲が欲しいよねって話してたそういう曲もいっぱい入っているし、それを爆発させた時ってもの凄いことになるんだろうな。
PAGE1 細い路地でも地球の上を歩いている→
PAGE2 自分たちがツアーを続けていく理由→
PAGE3 日常なのに“非日常”という現実がある



 
◎ライブ情報!!
【EQアコースティックツアー “AQ TOUR”】

参加方法:
対象店舗にて、イベント当日までにアルバム「EQ」をお買い上げの方に、イベントを優先的にご観覧頂ける特典引換券が配布されます。そしてイベント終了後にはシュノーケルからサイン入りポスターをプレゼント!

10.26(金) TOWER RECORDS 札幌PIVOT店 イベントスペース
START 17:00
対象店舗:タワーレコード 札幌PIVOT店
info:タワーレコード 札幌PIVOT店 011-241-3851

11.02(金) TOWER RECORDS 新宿店 イベントスペース
START 18:00
対象店舗:タワーレコード 新宿店
info:タワーレコード 新宿店 03-5360-7811

11.04(日) TOWER RECORDS 梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
START 15:00
対象店舗:タワーレコード 梅田NU茶屋町店・梅田大阪マルビル店・難波店・神戸店・京都店
info:タワーレコード 梅田NU茶屋町店 06-6373-2951

11.11(日) フタバ図書 サウンドTERA広島府中店内イベントスペース
START 15:00
対象店舗:フタバ図書全店 (中国圏内)
info:フタバ図書 サウンドTERA広島府中店 082-561-0773

注意事項:
※特典引換券はなくなり次第、配布終了となります。
※当日の集合時間など詳細は特典引換券をご覧ください。
※イベントはフリーでご覧いただけますが、実施会場によっては来場者多数の場合、入場規制がかかる場合があります。
※アーティストの都合により内容等変更・中止させて頂く場合があります。
※イベント当日の録音、録画などは一切禁止です。
※イベントに関するお問い合わせは各対象店舗へとお願いします。



【シュノーケル EQ TOUR】
2008年
01.25(金) HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
01.26(土) F.A.D YOKOHAMA
02.02(土) 京都 磔磔
02.03(日) 神戸 スタークラブ
02.06(水) 広島 ナミキジャンクション
02.08(金) 佐賀 GEILS
02.09(土) 熊本 DRUM Be-9
02.11(月) 大分 T.O.P.S
02.13(水) 長崎 DRUM Be-7
02.15(金) 宮崎 SR BOX
02.16(土) 鹿児島 SR HALL
02.19(火) 千葉 LOOK
02.22(金) 札幌 KRAPS HALL
02.24(日) HOOK SENDAI
02.26(火) 新潟 JUNK BOX mini
02.29(金) 心斎橋 CLUB QUATTRO
03.01(土) 福岡 DRUM Be-1
03.02(日) 福岡 DRUM Be-1
03.04(火) 岡山 MO:GLA
03.07(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
03.08(土) LIQUIDROOM ebisu

 
       
シュノーケル OFFICIAL SITE http://www.snowkel.com/
PAGE2へ
 
 

シュノーケル ページトップへ戻る