音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

ソウル・フラワー・ユニオン インタビュー

Album

『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』
2009.10.07 Release
XBCD-1030
\2,900(tax in.)

購入ページへ
01.Intro:レヴェラーズの入場
02.ラヴィエベル〜人生は素晴らしい!
03.月光ファンファーレ
04.ホライズン・マーチ
05.そら(この空はあの空につながっている)
06.松葉杖の男
07.うたは自由をめざす!
08.寝顔を見せて
09.パレスチナ
10.極東戦線異状なし!?
11.満月の夕
12.荒れ地にて
13.風の市
14.神頼みより安上がり
15.サヴァイヴァーズ・バンケット
16.海行かば 山行かば 踊るかばね
17.Outro:愛の総動員
*Live Recordings 2006-2009
Archive
ソウル・フラワー・ユニオン 特集 ソウル・フラワー・ユニオンアーティストページ
過去のインタビューへ


中川敬:ソウル・フラワーの本分はもちろんライヴ。3か月に1度のワンマンライヴも休むことなく11年続けてきてる。スタジオ盤を作る時は出来うる限り風通し良く ―――ゲストミュージシャンも盛大に入れて、楽しみながらまた違う「作品」を作っているようなところがあるけど、「やっぱりライヴのあの感じが好き」って人も当然いるから、そういう人たちにとって重要な作品になるかもね。

ライヴバンドとしていいメンバーが揃ってきたことを確信する逸話があって、今年のフジロックも確かに相当盛り上がったけど、終わった後に俺以外のメンバーの口々から出たのは「もっといいライヴをすれば、もっとみんなを喜ばせることができるのにな」っていうこと。ステージの上では色々なことが起こっているから、お客さんが盛り上がっているからといって、常に俺らの気分が100%な訳ではない。終演後のテンション漲るそういう時に、「もっといいライヴを」求め続ける奴らの集まったバンドになってきた、ということ。ハタからみると単純な話に聞こえるやろうけど、バンドマン的にはなかなかない話やね。

−−今後を見据えてさらなる洗練を目指していける状態にある?

中川敬:ある種20代前半のバンドみたいやね、メンバーのありようが。それぞれに仕事や別バンドなんかもやってて、しょっちゅう顔をつき合わせてるバンドではないけど、「音のありか」への向き合い方が初期ニューエスト・モデルの頃とかに近い。性格バラバラやし何考えてるのか分からないのもいるけど(笑)、快楽性と厳しさがいい感じでブレンドされてる。だから新鮮さが消えない。すぐボヤく鬼監督がいるにもかかわらず!(笑)

−−確かにこの『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』には瑞々しいまでのエネルギーが込められていますよね。

中川敬:多分、俺も含めてメンバーのありようがパッケージングされてる。凄く新鮮な気持ちでやってるよ。これはロック界の珍事。世界的に(笑)。

−−では、そのタイトルを『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』にした理由は?

中川敬:前ライヴ盤も(ローリング・)ストーンズしてたから、そこに引っかけようとはしてるんやけど、そもそも『エグザイル・オン・メイン・ストリート』は“メイン・ストリートのならず者”ではない。「エグザイル」は亡命者、国外追放者という意味。税金対策でフランスに逃げ込んだストーンズが、自己パロディでネーミングしたタイトルやから、“ならず者”なんていう風に訳したらよく分からないことになる。いやあ「エグザイル」、ソウル・フラワーの方が向いてるんちゃう?って思ったよ(笑)。

−−また、今年もソウル・フラワーは【年末ソウル・フラワー祭2009】を含め、まだまだライヴが続いていきますが、その重要性や楽しみ方も変化していく中で、ライヴのありようも変わってきましたよね。

中川敬:ライヴ会場には、能動的な人、受動的な人、いろいろいる。毎度「ありがとう、良くぞなけなしのお金を払って観に来てくれました」って思うよ。けど、正直パンク出っていう出自も関係して(笑)、「もうちょっと叫んで喚いて踊って帰っていってくれ、もっと笑顔を見せてくれ!」っていう気持ちになるライヴも、時にある。やっぱり大方の日本人は受動的でね。フジロックみたいに「解放区」があらかじめ設定されてると、「じゃあ私も、俺も、踊ろ!」となる。周囲が大人しいと自分たちも大人しくなっちゃう。

−−確かに他人の目を気にしてライヴでも盛り上がれなくなることってありますね……。

中川敬:だからギャグで良く言うけどね、「誰も見てへん、見てへん」って(笑)。人目なんて気にせずに踊ったり歌ったりした方が楽しいよ。違う自分を発見するのもいいんとちゃう? もちろん強要はしないけど。

−−では、中川さんにとってライヴは?

中川敬:ライフワーク。99%コレを中心に人生は動いてる。その世界を高レベルで貫徹するためにこそ、いいアルバムやシングルを作ろうと思うし、刺激的な毎日を送ろうとも思う。モノノケ・サミットも含めて、いつもライヴを中心に考えて生きてきてるよね。変な職種(笑)。

−−そのライフワークの集大成がこの『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』だと。

中川敬:そういうことにしておこう!(笑)

(一同笑)

Interviewer:杉岡祐樹
Page Design:梅原直也