音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

鈴木亜美×中田ヤスタカ(capsule) インタビュー

PAGE2 9年経って初めての衝撃
PAGE3 どこまで良くなるんだろう?
PAGE4 ノリで遊びに行こうかなって
  鈴木亜美 joins 中田ヤスタカ(capsule)

シングル
『FREE FREE / SUPER MUSIC MAKER』


2007.08.22 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
AVCD-31235/B
\1,890(tax in.)

01.FREE FREE
02.SUPER MUSIC MAKER
03.FREE FREE(extended mix)
04.SUPER MUSIC MAKER
          (radio edit)


 
  [通常盤(CD)]
AVCD-31236
\1,050(tax in.)

 
 
   
   
   
   
鈴木亜美 レビュー
『FREE FREE / SUPER MUSIC MAKER』
Interviewer:平賀哲雄
Photo:齋藤卓侑
Page Design:杉岡祐樹
   
   
 
 
   ひとつの出逢いがその人の運命を劇的に変えたりすることがあるが、もしかしたら鈴木亜美の今回の中田ヤスタカ(capsule)との出逢いは、それぐらい意味深いモノになったかもしれない。極端な話、これまでの自分から脱皮し、新生・鈴木亜美がここに生まれたと言っても良いほどの、変革と衝撃が今回のjoinシングル『FREE FREE / SUPER MUSIC MAKER』にはある。で、その変革と衝撃を誰よりも感じているのが鈴木亜美本人であったことが、今回の中田ヤスタカとの対談で明確となった。



−−今回、中田ヤスタカさんと共演するまでは、中田さんだったりcapsuleにどんな印象を持っていましたか?

鈴木亜美:capsuleを知っていたんで、またちょっと違う世界の音楽をやっている人っていうのは知っていたんですよ。で、“join”シリーズではいろんなジャンルの人たちとやっているので、今回もまた新たなジャンル、capsuleそのままの世界観を歌えたらいいなと思っていました。capsuleは本当に好きで、私のジムでウォーキングするときのテーマソングみたいになってるんですよ。あの四つ打ちな感じがちょうど良くて、アルバム一枚聴き終わるまでひたすら頑張れる(笑)。

中田ヤスタカ:それ良いね。次、アルバム出すときに「エクササイズ効果あり」って書いておきます。

−−(笑)。

 
鈴木亜美:良いんですよ。ひたすら頑張れる。ファイターな感じ(笑)。

−−そして今回、実際に会ってコミュニケーションをとったり、共に曲を作っていった中でのお互いの印象はどうでした?

中田ヤスタカ:まず、彼女のことをよく分からないところで先に曲を作っちゃうと、面白くならないかなと思って、それで僕が普段DJやってるイベントとかに遊びに来てもらったんですよ。僕の中ではそこから作業が始まってる感覚なんですけどね。それも必要なことだと思っているから。で、「どういう曲を作ろうか?」っていう話をするんじゃなくて、普通にいろんな話をして、そこから「音楽に対してどうしていきたいのかな?」みたいなところをいろいろ感じていって。その後、スタジオに入ったらひたすら作業って感じ。やっぱりいきなりスタジオからだと、言いたいことが言えなかったりしちゃうから。

鈴木亜美:最初にお客さんとして初めて見たので、―――いつもだったらいきなりスタジオで会って、ちょっと畏まって「はじめまして、じゃあ曲、お願いします」みたいな固い雰囲気から始まるんですけど―――、この楽しい感じがそのまま曲になったら良いなって最初に思ったし、「やっぱり私、好きだなぁ」って思えて。あと、リアルタイムで私と同じようにフロアで楽しんでいるお客さんの姿も見れたのは、大きかったですね。

中田ヤスタカ:そこが結構重要ですよね。音はCDがあれば聴けるけど、みんながどんな風に盛り上がっているのかとか、そういうのは分からないですからね。

鈴木亜美:みんながどういう風にこの人の曲を聴いたり楽しんだりしてるのか、それってすごく重要なことで、それをビデオとかじゃなくて、ステージの脇からとかでもなく、みんなと同じフロアでリアルに感じることができたから。それで「これはすべて任せたいな」って思って。で、イベントが終わった後に初めてお話をして、まぁ終わった直後なんでもちろんすごくテンション高くって(笑)。

中田ヤスタカ:「はじめまして」を言う段階ですげぇ酔っ払ってたから(笑)。

鈴木亜美:そうそう(笑)。で、私も「この人と一緒にできるんだ」っていう嬉しさがあったから、すごくテンション高くって。お互いすごくテンションが高いまんま喋ってたから、何を話したんだかよく憶えてないんですけど(笑)、普通に音楽を好きな者同士が話をしたっていう感じでしたね。

中田ヤスタカ:なんかワクワクしましたね、あの瞬間。

鈴木亜美:すごくそれが良かった。だから私が一ファンとして見るっていうことがすごく大事なんだなと、“join”してきた中でやっとそう思えたというか。

−−あの、先日、中田さんがDJとして出演された【ROCK IN JAPAN FES.2007】に鈴木亜美もサプライズゲストとして出たという噂を聞いたんですが。

鈴木亜美:噂じゃなくて本当です(笑)。

中田ヤスタカ:僕が【ROCK IN JAPAN FES.2007】に出るっていう話をしてたら「遊びに行く」って来てくれて。

鈴木亜美:本当は後ろから覗いてるだけでも良かったんですよ。二回目に観た(中田ヤスタカ出演の)イベントでは、今回の新曲が出来上がった直後に流してくれて、それを後ろから観て喜んだりしてたんで。で、その勢いで【ROCK IN JAPAN FES.2007】も観に行ったんですけど、そしたらなんか気付いたらステージに立ってました。ちゃっかり立ってました(笑)。そういうのをノリで出来るっていうのが初めてなんですよ、今まで音楽をやってきた中で。そういう型破りな感じ、お決まりじゃない感じがすごく良いなって。

中田ヤスタカ:自分主催のライブとかだと、やっぱり知ってる曲や定番曲をやるのがあたりまえになってくるんだけど、DJイベントとかだと僕のこととかを別に知らなくても曲が盛り上がれば盛り上がるんですよ。今回の新曲も別に「こんな曲で、いついつに出ます」とか言わないで流しても盛り上がったりしていたんで。それで僕もまた安心して「作って良かったな」って思えて。そういうのが楽しいと思うんですよ。パーティーなんで。

鈴木亜美:「DJって良いなぁ」って思った(笑)。

−−(笑)。

中田ヤスタカ:やればいいのに。面白いよ、きっと。

鈴木亜美:やりたいなぁ。好きな曲流してやりたい!

中田ヤスタカ:自分の好きな曲を「好きです!」っていう感じで流して、自分と一緒にみんなも盛り上がってたら、それはものすごく楽しいんですよ、やっぱり。「良いよね!」っていう部分をすごく共有してる感じがあって。DJの場合は、出演者とお客さんという感じじゃなく、みんなで一緒の空間っていう感じなので。みんなが主役になれるから、すっごい楽しいですね。
PAGE1 ワクワクしましたね、あの瞬間
PAGE2 9年経って初めての衝撃→
PAGE3 どこまで良くなるんだろう?→  
PAGE4 ノリで遊びに行こうかなって→
 
 
鈴木亜美 OFFICIAL SITE http://www.avexnet.or.jp/ami/ PAGE2へ
中田ヤスタカ OFFICIAL SITE http://www.contemode.com/
 
 

鈴木亜美×中田ヤスタカ(capsule) ページトップへ戻る