音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 

土屋アンナ インタビュー


OFFICIAL SITE
http://anna-t.com/
page 1 / 2 / 3 / 4

SINGLE
rose / ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)

2006.6.28 RELEASE
【CD+DVD】 CTCR-40239/B
\1,680(tax in)
【CD】 CTCR-40240
\1,050(tax in)
avex trax

01.rose
02.Lovin' you
03.Ah Ah

<土屋アンナ 動画コメント>

土屋アンナ レビュー
『rose / ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)』
土屋アンナ ライブレポート
【アニメ「NANA」土屋アンナ&OLIVIA STREET LIVE】
土屋アンナ ニュース
【アニメ「NANA」土屋アンナ&OLIVIA STREET LIVE】
Interviewer:平賀哲雄

−−アンナさんは「ナナに似ている」とよく言われているみたいですが、今改めて話を聞かせてもらって思ったことは、やっぱりかなり似てます(笑)。

土屋アンナ:(笑)。私自身を知ってもらって「似てる」って言われるのはすごく嬉しいですね。なんか、ルックスとか表面的なモノじゃなくてね。で、私も実際に『NANA』読んで、彼女が言ってることには「あ、似たようなこと言ってんな」とか思う時もあるからね。どうなんだろう?私が『NANA』読んでてさ、ナナのファンになってさ、「ナナみたいに生きよう」ってなってたら格好悪いけど、ずーっとこうやって私は生きてきて、ナナもマンガの中で生きてて、それでキャラがかぶるっていうのは素敵なことだと思うから。

−−あと『rose』は、いわゆる『NANA』の曲ということで注目を浴びてますけど、個人的にはレコーディングのバンドメンバーに対しての方がぶったまげました(元ガンズ・アンド・ローゼス、現ヴェルヴェット・リボルバーダフがベースを、マットがドラムスを担当。)!「はぁ!?」って思って(笑)。

土屋アンナ:私も「は?」と思いましたよ!私、ガンズ大好きなの!で、ディレクターがさ、レコーディングした後で「ミックス出来たよ」とか言って、聴かせてくれたのよ。それで「あれ?」って。やっぱ二人の音が入ると絶対にガンズになっちゃうの。最後の終わり方とか絶対にガンズじゃん。でもまさかあの二人がやってるとは思わないからさ、「いいじゃん、いいじゃん、よく出来ました!」とか言ってたら、「ガンズだよ」って言われて。「うそぉ!?」みたいな(笑)。

−−ガンズ&ローゼスは、かなりよく聴いてたの?

土屋アンナ:ガッツリ聴いてましたね。大好き。ニルヴァーナが一番好きなんだけど、あの辺のハードロックの流れも大好きで聴いてた。ボン・ジョヴィハノイ・ロックスエアロスミス、あの人たちは歌うまいもん。ふたつの声を持てる人ってあんまりいないからね。キレイな声とガラガラの声。バラード歌ったら超上手いけど、ロック歌っても超イっちゃってる人ってあんまりいないから、それになりたくて。「男に生まれれば良かった」って思って(笑)。そしたら勝手に声が低くなったから「別に女でもいいや」って(笑)。

−−また、最強のバンドメンバーで構成された『rose』、実際に歌ってみていかがでした?

土屋アンナ:気持ち良い。意識してキレイに歌わなくていい曲だから。心からの叫びで歌ってカッコイイ音楽だから、すげぇ疲れるけど、本気で歌えるから気持ち良い。やっぱりバラードだったり、深い曲になると、波を見せなきゃいけなかったりするけど、これは「言いたいことをダァ〜って言って終わる」みたいな。すごいスピード感があるから、歌っててもスカッとする。

−−またこのシングル、『rose』ももちろん素晴らしいんですが、カップリングにも本来リードトラックになるべき楽曲が収録されています。『Lovin'you』。この曲も最初トラックを聴いたときはシビれたんじゃないですか?

土屋アンナ:歌入れる前のデモ音源はね、ほとんどダンスミュージックだったんですよ、この曲。本来、私はダンス系の方が良い歌をうたえるんですよ。本当のロックっぽいのは、最近やっと良くなってきて。なので初めは「メロディいいじゃん」みたいなノリで始めて、で、私が深い感じの曲が好きだから、全然違うアレンジにしてもらって。だから歌うときとかは、まだここまでカッコイイ状態ではなかったんだけど、メロディ重視で。これはもう私の伝えやすい音楽。ロックっていうのは「激しいだけじゃなくて、キレイなんだよ」っていうのが伝えられる音楽だから。ロックだけど、儚く、美しく。エヴァネッセンスみたいな感じだよね。クラシックが入っているような雰囲気のも好きだから。で、3曲目の『Ah Ah』は、好きだからもう一回入れた(笑)。このCDは「アンナはこういうロックやっていきますよ」っていうわかりやすいCDだと思う。すげぇロックやるし、だけど深いのもやるし、ちょっとイっちゃってるのもやるし、「土屋アンナはこれです」みたいな。

−−じゃあ、今回のシングルは話題も多いですけど、土屋アンナ的にやりたい音楽を詰め込めた作品でもあるわけですね。

土屋アンナ:うん。PVもそうだけど、飾ってないでしょ?作り込んでないし。「気持ちでやってます、ウチら」っていうのが出てるから、もう納得。売れるために可愛くとか、そういうのはないから、私は良いと思う。

−−さて、このシングルがリリースされると、ますますロックアーティスト、土屋アンナとしてのインパクトが世間に浸透していくと思うんですけど、今後の活動に向けての意気込みを聞かせてもらえますか?サマーソニックへの出演も決まったことですし。

土屋アンナ:止まることなく、良い音楽だけ作っていきたいよね。流されず。自分がカッコイイと思うモノだけを突き通して、やりたいだけ。あとはライブやって「これが本当のロックだよ」って言ってもらえるようになったら嬉しいよね。海外の人からも「良いね、日本のロックも」って言われたい。そのためにはもっと英語できないとね(笑)。実はあんまり英語が分かんないんだよね。

−−分かんないの!?英語(笑)。

土屋アンナ:私、分かんないよ。喋れないよ。一所懸命、辞書で調べて書いてますよ!

−−そうなんだ!結構必死こいて書いてるわけですね。

土屋アンナ:必死こいてますよ!今日も書かなきゃいけない(笑)。ただ洋楽ばっかり聴いてたから、洋楽の歌い方をよく知ってるんですよ、私は。だから日本語よりも上手く歌えちゃうから、英語ができると勘違いされる(笑)。あと英語の方が歌詞にハメやすい。日本語って強い言葉が少ないじゃん。

−−では、意外な新事実も分かったところで(笑)、最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

土屋アンナ:メッセージって何言えばいいの(笑)?・・・あ、ツアーやるし、ライブやるから、モデルの土屋アンナを見に来るんじゃなくて、私の声と音を聴きに来てください!

OFFICIAL SITE
http://anna-t.com/
page 1 / 2 / 3 / 4