音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

YOSHIKA インタビュー

前のページへ
  アルバム
『World』

2008.12.24 RELEASE
GTCA-21 \2,400(tax in.)


01.はじめに
02.World
03.Swim in the Stars
04.In My hand
05.ただそれだけのこと
06.きみのなかで
07.Trampoline
08.don't let me be free
09.Can't Be Your Friend
10.Touch(Album Version)
11.Beautiful Woman
12.I Will Always
 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:梅原直也
   
 
 
   
  −−あと、僕は活動休止前の渋谷CLUB QUATTROでのワンマンを観させてもらって、そのときにすごく楽しそうに歌う人だなっていう印象を受けたんですけど、そんなYOSHIKAが歌ってる姿をぜひ生で観たいと思ったのが『Beautiful Woman』で。これを聴いたときに「あ、これでYOSHIKAはライブで惜しみなく踊れるな」って思いました。

YOSHIKA:この曲、めちゃめちゃ好きなんですよ!周りのスタッフからも気に入ってもらえていて。ただ、これも私がイチから作った曲のひとつなんですけど、最初は全然上手くいかなくて「こんなんじゃ絶対ダメだ、ダメ曲だ」って騒いでて。プロデューサーにも「これは自信がないから消していいです」って伝えて。そしたら彼がいろいろとアレンジしてくれて、それを聴いたら「良い!すごく良い!」みたいな。

−−危機一髪だったんですね。

YOSHIKA:ヤバかったです(笑)。お蔵入りになる可能性が結構ありましたから。でもすごくお気に入りの曲になりました。歌詞の内容も女子応援歌だし。ただ応援歌と言っても、ちょっとけんか腰なんですよ。「大丈夫だよ」って言うより「ふざけんな!なめんなよ!」って奮い立たせる感じ。私の同世代の女の子たちの話を聞いたりすると、気持ちを抑えている女性が多いんです。だから「女の人には男の人にはない波があるんだ」と。「それは抑えちゃいけないんですよ」っていう気持ちを込めてるんです。で、それを抑えずに受け止めてもらえると、女性は今まで以上にいろいろやろうとするんですよ。嬉しくなって。そういう女性の裏表を含めての美しさだったりを歌った曲ですね。

−−そして今作のラストを飾る『I Will Always』。この曲に込めた想いを聴かせてもらってもいいですか?

YOSHIKA:この曲は出来たときから「ラストだ」って決めていたんですけど、私の中では三世代続く愛がテーマなんです。自分の両親、自分と旦那さん、そして自分の子供。自分から発されたものだけじゃなくて、自分の親を見て思ったこととかも歌いたかった。で、これはアルバム全体の大きなメッセージでもあるんですけど、100年、150年、聴いてほしい、続いてほしい曲。なんでそういう曲を歌いたかったって言うと、さっき話した辛いときとかに家族や周りに居てくれる人の愛情を感じて「こんなに有り難いものだったんだ」って思ったからなんです。自分の信じるモノを肯定してもらえることって、こんなに嬉しいことなんだって思ったんですよね。自分一人で「間違ってない、間違ってない」って生き続けていく中で、誰か一人でもそれに賛同して「間違ってない」って言ってくれたら、それを確信できるじゃないですか。そういう繋がりの大きさを表したかったんですよね。

あと、これは歌詞の中にあるんですけど、分かり合えない人にも守りたいものがある。これは私が一番辛い時期にとある人が言ってくれた言葉なんですけど、これを聞いたとき「え!?」って何の言葉も返せなくて。でも本当にそうだなって思えて、すごく良い言葉を知ったなと思って。これは自分の子供にも絶対伝えようと思ったんです。それでこの曲の中で歌おうと。ちなみにこの曲のメロディは洗濯物を干してるときに思い付いたんです。で、それを細長いレコーダーに録って。靴下をパって置いてね(笑)。

−−(笑)。あの、今すごく良い絵が浮かびました。というか、一本映画が出来ました。

YOSHIKA:できました(笑)!?

−−いつかYOSHIKAの娘さんが結婚して子供ができたときにね、洗濯物を干しながらこの歌を口ずさむわけですよ。エンディング。

YOSHIKA:わぁ〜!泣きそう!出来た、エンディング(笑)。

−−めっちゃ温かい映画になりましたね。誰かに作ってもらいましょう。

YOSHIKA:作ってもらいましょう。そして主題歌として使ってもらいましょう(笑)。

−−さて、そんな12曲入りのニューアルバム『World』ですが、どんな風にこの音楽がみんなのもとで響いたらいいなって思いますか?

YOSHIKA:とにかく聴いてほしいです。すべての形とか取り払って聴いてほしい。CDショップのR&BとかJ-POPとか、どこに置いていいか分かんないし、逆にどこに置いてあってもいい感じの作品なので。だからあんまりいろんなこと考えないで聴いてほしいなぁ。

−−じゃあ、全コーナーに置いてもらおう。

YOSHIKA:そうですね。いろんなところに置いてもらいましょう。何ならスーパーのレジ横とかにも(笑)。

−−ちなみに今後はどんな展開を考えていたりするんでしょう?

YOSHIKA:間隔を開けずに動いていくと思います。これ、勝手に私だけの想いで言ってますけど(笑)。ただ、プロデューサーにも「作り続けた方が良い」って言われたんですよね。だから自分で曲を作るってことにもどんどん挑戦していきたい。

−−このアルバムを引っ提げたライブは? というか、絶対やってほしいんですけど。

YOSHIKA:また素晴らしいライブレポートを書いてもらわないと。自分が弱ってるときにあれを読むとすごく元気になるんです(笑)。

−−そんな風に活用してもらっていたとは(笑)。

YOSHIKA:ライブはしたいですね〜。今のところは、このCDの発売日である12月24日にApple Store, Shibuyaでアコースティックライブをやることが決まってます。その後もやっていきたいですね。なので今は「ライブやりたい、ライブやりたい」って言い続けてます。

−−それでは、最後になるんですが、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

YOSHIKA:すごく久しぶりで、ファンの方からも「待ってました」っていうメッセージをよく頂いてるんですけど、それがすごく嬉しい。で、そういった昔から応援してくれているファンの皆さんはもちろん、私のことを今まで知らなかった人にもこのアルバムは聴いてもらいたいなって思ってます。疲れたときに、ぜひ。
PAGE1 YOSHIKAの歌を聴かせるアルバム→
PAGE2 「運命はあるな」って思ったし「奇跡もあるな」って
PAGE3 分かり合えない人にも守りたいものがある  
 
YOSHIKA OFFICIAL SITE  
 
http://www.yoshika.info/   PAGE2へ  

YOSHIKA ページトップへ戻る