音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

YUI インタビュー

PAGE2へ PAGE3へ
  アルバム
『CAN'T BUY MY LOVE』


2007.04.04 RELEASE
[初回生産限定盤]
SRCL-6520/1
\3,645(tax in)




 
  [通常盤]
SRCL-6522
\3,059(tax in)



[CD]
01.How crazy
02.Rolling star
03.It's all right
04.I remember you
05.RUIDO
06.CHE.R.RY
07.Thank you My teens
08.Umbrella
09.Highway chance
10.Happy Birthday to you you
11.Winding road
12.Good-bye days
13.Why?
[DVD](初回限定盤のみ)
01.feel my soul
     (ビデオクリップ)
02.Tomorrow's way
     (ビデオクリップ)
03.LIFE(ビデオクリップ)
04.TOKYO(ビデオクリップ)


 
   
   
   
   
Interviewer:平賀哲雄
Page Design:杉岡祐樹
   
   
 
 
 

 早くも2007年の代表作になりそうな予感をさせているYUIのセカンドアルバム『CAN'T BUY MY LOVE』。その強力盤のリリースにあわせて、hotexpressは4度目になるインタビューを敢行。アルバム各収録曲に込められた想いを探りながらYUIという一人のアーティストが、そして一人の女の子が日常の中でどんな経験をして、どんな考えを巡らせているのか?実に楽しいムードの中、時に真剣に、時に笑顔で語ってもらいました!


−−先日、デビュー2周年を迎えられたそうで、おめでとうございます!本人的にはいろいろ経験したけど、ここまであっと言う間だったんじゃないですか?

YUI:あっと言う間ですね!でも振り返ると「まだ2年しか経ってないんだ」って思うぐらいたくさんのことを経験させてもらいました。

−−前回のインタビューが『I remember you』のリリースタイミングだったんで、こうしてお会いするのは約半年ぶりなんですけど、この半年でかなりのロックモードにスウィッチを切り替えましたね?

YUI『Rolling Star』『I remember you』の次にリリースしたシングルではあったんですけど、元々はファーストアルバム『FROM ME TO YOU』の収録曲の候補にも挙がっていたぐらいの曲なので、ここに来てロックモードになったという感覚ではないんですよ。

−−ちなみに『Rollong Star』は、どんな想いをぶつけたナンバーだったんでしょうか?

YUI:「エレキギターを掻き鳴らして歌うような曲が作りたい」と思って作りだして、自然と歌詞的にもかなり前のめりな内容になって、気付いたら応援ソングになっていたんです。「本気なら戦おう!そういう部分も必要だよ」っていう曲になりましたね。

−−また、今作で『Rollong Star』と共にアルバムの序盤を疾走する『How Crazy』は、どんな想いをぶつけた曲なの?

YUI:『How Crazy』は、映画『タイヨウのうた』の影響もあって「YUIってこんな人」って私の知らないところで言ってもらえる状況ができたんですけど、その状況を知ると、とても不安になってしまって。その不安を振り払うように「そんな何もかも分かった風に言わないで!」っていう想いをこの曲にぶつけて。でもこの曲で一番伝えたかったのは「夢にいつも純情じゃいられない」っていうこと。あと、シチュエーションとしては、路上で歌っているイメージを持ちながら、思い出しながら歌いました。

−−あの、僕はこの『How Crazy』と『Rollong Star』を聴いてですね、すごくYUIさんの反骨精神というか、怒りみたいなモノを感じたんですよ?「このまんまじゃダメになってしまう」「もっと強く生きていかなければいけない」っていう想いを。

YUI:確かに歌っているときには、そういう想いが明確にあったかどうかは分からないんですけど、全身に力は入ってました。

−−YUIさんはちょっと前まで学生だったわけですけど、だからこそリアルに感じる、最近のイジメやそれによる自殺のニュースなどもこうした楽曲、歌詞が生まれた背景にはあるんじゃないかと感じたんですが、実際のところはどうでしょう?

YUI:『How Crazy』も『Rollong Star』も単純に自分が感じたこと、思ってることを歌にしているだけなんですけど、例えば、一歩を踏み出せないで苦しんでいる人が「もっと強く生きていかなければいけない」とか感じてもらえるのであれば、それは良いことだと思います。やっぱり「私の曲を聴いて、励まされました」とか「明日からまた頑張れそうです」とか、そういうメッセージを頂くと、私も救われた気になりますし、「頑張ろう」と思うので、そこはすごく良い循環ができたらいいなとは思いますね。

−−「つまずいたって Way to go!! 泥だらけ Rolling Star」みたいな意識は、YUIさんの中に常にある想い?

YUI:まぁつまずいてばっかりなんですけどね。それでコテって転んだまま動けないときとかもあったりはしますけど、でも「つまずいたって Way to go!!」って気持ちで動き出す。それの繰り返しかなとは思いますし、それを繰り返すことが大事だと思いますね。葛藤と模索と試行錯誤。どんなにいろんなことに慣れていったとしてもそれは無くしたくはない。忘れたくない。持ち続けていたい。

−−あと、先程『How Crazy』の話で「そんな何もかも分かった風に言わないで!」
という想いがあったと言われていましたが、「わかったようにアタシのこと話すのやめてよ」や「純情じゃいられない」っていうフレーズから僕は、世間がYUIさんに抱いている「かわいい〜」とか「純情そう〜」っていうイメージを払拭したい想いがあるんじゃないかと感じたんですよ。

YUI:そういう風に感じてもらえる曲だとは思います。好きで音楽やってるんで、なんて言われても別に構わないんですけど。でもまぁいつもそういう気持ちでいれるわけじゃないし、ふと不安に駆られることもあるっていう。ただ「かわいい」って思われるよりも、例えば私のライブに来てくれた人が「ギターの格好良さを知って、ギターやり始めました」とか「自分もバンド始めました」とか、そういいう風に言ってもらえたりなってもらえたりする方が嬉しいです。ちょっとイメージの話からはズレましたけど(笑)。


2ページへ→
 
 
YUI OFFICIAL SITE http://www.yui-net.com/ PAGE2へ
 
 

YUI ページトップへ戻る