音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

Perfume ライブレポート

   
   
Perfume
【Perfume SEVENTH HEAVEN イイ気分♪】
2007.11.08(THU)
LIQUIDROOM ebisu
   
   
   
SETLIST:
    01.ポリリズム
    02.おいしいレシピ
    03.コンピュータードライビング
    04.イミテーションワールド
    05.カウンターアトラクション
    06.彼氏募集中
    07.ジェニーはご機嫌ななめ
    08.Twinkle Snow Powdery Snow
    09.引力
    10.コンピューターシティ
     
    Perfumeの掟
     
    11.エレクトロ・ワールド
    12.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
    13.チョコレイト・ディスコ
    14.スウィートドーナッツ
    15.Perfume
     
    En1.OMAJINAI★ペロリ
    En2.SEVENTH HEAVEN
     
    En3.Wonder2
   
   
   
   
Live Report:杉岡祐樹
   
   
 パシーンッと弾けるエレクトロ・サウンド。幕に3人の影が映し出されると、バウンシーな4つ打ちが鳴り響き、煌びやかな効果音と共に幕が下ろされる。沸き起こる大歓声。「あッ!あ〜ちゃんもう泣いてる!」
 という訳で今、シーンで大きな話題を呼んでいる近未来テクノポップユニット、PerfumeのLIQUIDOROOM 初ワンマン、【Perfume SEVENTH HEAVEN イイ気分♪】である。

 涙ながらに『ポリリズム』を歌う西脇綾香(あ〜ちゃん)(※1)に何だかコッチまでもらい泣きと、実に微笑ましい滑り出しを見せた序盤。抑えきれない嬉しさが口に出たように、あ〜ちゃんが奇声(?)を上げて会場の熱気を更に煽れば、大本彩乃(のっち)はビッシビッシとメリハリの利いたダンスで観客を魅了!樫野有香(かしゆか)は独特のハイトーンを響かせながら、ふわりとした雰囲気で優しく観客を見つめる。三部作(※2)と呼ばれる一連のPVでは無機質な表情で、近未来的な世界観を強く打ち出してきた彼女たちだが、ライブでは打って変わってその感情を存分に表現。笑顔でオーディエンスを見つめ、ステージを所狭しと踊りまわる。

写真をクリック!!
  MCでは名古屋、大阪、広島と巡ってきたツアー(※3)に触れ、そのひとつひとつが「あらためまして、Perfumeです」の気持ちだったと語る3人。最初こそ「こんな眺め、ありえないよ・・・」と号泣していたあ〜ちゃんも、やがて「苦しいか? ライブはそーゆーもんじゃ!」と、その真価を広島弁で発揮し始めた。

 パフォーマンスではマイクスタンドを使ったしっとりとしたダンスが美しい『カウンターアトラクション』や演歌調のコミカルな歌い出しに寸劇的なダンス、ひとりひとりが理想の男性像を宣言する『彼氏募集中』など、フェミニンな雰囲気を全開!女性からの黄色い声援もガッツリ浴びつつ、三部作のひとつ『コンピューターシティ』で一度、ステージを後にするのだった。

 それぞれがマネキンを持って再登場すると、“Perfumeの掟”と題されたダンスタイムに。黒を基調とした衣装を身に纏い、今までにないセクシーなダンスをめくるめく披露。途中、早口で機械的にそれぞれの“Perfumeの掟”を語るなど、奇妙な雰囲気も相まったCOOLな世界観で、観客を半ば圧倒。いわゆるポップユニットとは一線を画す、卓越したダンススキルも魅力のPerfumeだが、ハイクオリティなファッションショーを思わせる艶やかな佇まいも◎。Perfumeが次なるステージに進んだことを宣言するかのようなこのインタールードは、特に女性客から大きな支持を得ていたようだ。
 Tシャツ姿に着替えた後半戦。吹き出されるスモークが幻想的な世界観を演出する中、『エレクトロ・ワールド』でまた、3人が元気な笑顔を見せると盛り上がりは最高潮へ。『チョコレイト・ディスコ』では観客を交えての振り付け練習で、のっちとあ〜ちゃんが楽しく言い合いかしゆかが笑顔で宥める。という3人の関係性が垣間見える一幕も。クライマックスに向けて一気に加速した本編は、お馴染みのかけ声(※4)と全員JUMP! で会場が揺れる程の大盛況を生んだ『Perfume』で、見事に締め括った。

 
  さらにアンコールでは何と、広島時代のデビュー曲『OMAJINAI★ペロリ』が照れ臭そうに披露され、あ〜ちゃんをして「実はコッチの方が好き」と言わしめる名曲『SEVENTH HEAVEN』では、ブラックライトにより暗闇にぽっかりと輝く純白の衣装。そして銀吹雪が煌めく感動のステージを演出。止まない歓声に応えたWアンコールでは、ライブを締め括る定番曲『Wonder2』で大団円を迎えたのだった。

 MCでも報告されたのだが、来年1月にニューシングル『Baby cruising Love』を発売し、翌2月には何と!SHIBUYA-AXでのワンマンライブも決定したPerfume。春にはファンクラブも開設されるなど、その勢いを留まることを知らないが、この日、もうひとつ印象的だったのが、全ての演目を終えたのっちがついた大きなため息だった。
  堂々としたパフォーマンスで最後まで観衆を魅了した3人だが、その素顔はまだ高校を卒業したばかりの18歳(※5)。1,000人近い観衆の期待を一身に受けるその重圧は測り知れるものではないが、彼女たちは臆した表情を見せることなく、歌って踊って笑って泣いて、その場に居合わせた全ての人に朗らかなハッピーを贈り届けてくれた。次なる予感をも感じさせてくれたこの日を越え、彼女たちがこれからどのようなアーティストへと成長していくのか。今、Perfumeの目の前には、無限の未来が広がっている。

 
 
◎Perfume最新情報!!
シングル『Baby cruising Love』
2008.01.16 RELEASE
[ 初回限定盤(CD+DVD) ]
TKCA-73310 \1,300(tax in.)
[ 通常盤(CD) ]
TKCA-73315 \1,000(tax in.)
収録曲:
01.Baby cruising Love
02.マカロニ
03.Baby cruising Love (Instrumental)
04.マカロニ (Instrumental)

[ ライブ ]
2008.02.12(火) 東京 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:\3,990(tax in. / ドリンク代別途)
info:ホットスタッフプロモーション 03-5720-9999

Perfume OFFICIAL SITE http://www.amuse.co.jp/perfume/
 

Perfume ページトップへ戻る