音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

東京事変 ライブレポート

東京事変
【SOCIETY OF THE CITIZENS Vol.1】

2006.7.2(SUN)
日比谷野外大音楽堂

SETLIST
01.御祭騒ぎ
02.少女ロボット
03.歌舞伎
04.茎
05.
06.ミラーボール
07.サービス
08.喧嘩上等
09.秘密


東京事変 レビュー
『大人』
東京事変 ライブレポート
【DOMESTIC! Virgin LINE】
 
 
取材&テキスト:東芝EMI

 

 椎名林檎を要する5人組バンド、東京事変が主催するライブイベント【SOCIETY OF THE CITIZENS Vol.1】が2日、東京は日比谷公園野外大音楽堂で行われた。出演は東京事変、彼らと親交の深いSOIL & "PIMP" SESSIONSとZAZEN BOYSの3バンド。

 1番手の東京事変は、骨折した刄田利樹の代役でORIGINAL LOVEやAIRでお馴染みのドラマー佐野康夫が登場。オープニングの「御祭騒ぎ」をはじめ、通常よりカジュアルでいて、踊れるアレンジの9曲を披露した。途中、新曲の『ミラーボール』と『サービス』では、SOIL & "PIMP" SESSIONSからトランペット奏者のタブ・ゾンビとサックス奏者の元晴が加わり、厚みを増したバンドサウンドを展開。
  ステージ上の椎名林檎は「今日は一緒に楽しんで参りましょう」と語り、聴衆をSOIL & "PIMP" SESSIONSの扇情的な踊れるジャズ、ZAZEN BOYSの都会的なコールド・ファンクへと誘った。それぞれのステージには東京事変からギタリストの浮雲、椎名林檎が登場。浮雲がSOIL & "PIMP" SESSIONSの『SCOOP OUT』で火の出るようなギタープレイを展開すれば、椎名林檎はZAZENBOYSのアンコールで激しくもメロウな『CRAZY DAYS CRAZYFEELING』『KIMOCHI』の2曲でR&Bマナーのボーカルを披露。この2人にピアニカを手にした鍵盤奏者の伊澤一葉を加えた3人で椎名林檎の『映日紅の花』をアコースティック・アレンジで披露する一幕もあり、3バンドの形にとらわれない音楽の追究、バンド間の交流は野外ライヴの解放感も相まって会場を大いに沸かせていた。

 彼ら3組は音楽性こそ大きく異なっているが、新しい響きを追求するオルタナティヴな姿勢は相通じるものがあり、そんな3組が一同に会したステージからは雨後の夏の夜に清々しい刺激が放たれていた。


 
 

ページトップへ戻る